トップ>小説>とあるおっさんのVRMMO活動記
164 / 357
連載

掲示板回

しおりを挟む

 獣人連合関連の雑談掲示板 No.51

322:名もなき冒険者 ID:Bc57fDecv

いよいよ闘技大会、そして獣人連合北街のお祭りも終盤をむかえたかー

323:名もなき冒険者 ID:d5e4rtd4w

闘技大会も決勝を残すばかりとなったからね。いろいよオーラスって訳だわな

324:名もなき冒険者 ID:d5f7tWwe2

今回の決勝進出者はブルーカラーのレイジとシルバーの爺さんか。グラッドは今回シルバーの爺さんに敗れちまったんだよなぁ。掛けてたのに

325:名もなき冒険者 ID:D5r7rwreq

つか、シルバーの爺さんが進化してたからそれに対応しきれなかったのかもな。斧で相手を投げる? あんなアーツ有ったのか? あれでグラッドの防御を揺さぶってたよな

326:名もなき冒険者 ID:bf37gRrwE

揺さぶられたのは間違いないだろうな。基本的に斧は大ぶりの重い一発をいかに当てるかと言う事を重視するんだが、そこに投げが加わった事で読みにくくなってる

327:名もなき冒険者 ID:Cd68fErqw

あれは、確か両手斧系統のスキル、相手を掴む投げ系統のスキル、そして何らかの肉体強化スキルを高レベルまで上げると発現するスキルだったかな? まだはっきりとした確認が取れてないからWikiとかにはまだ乗っかってなかったけど……今回闘技場でその存在がはっきりしたな

328:名もなき冒険者 ID:Fd5if7Hew

そんな条件で進化? するスキルあるんか。相変わらずワンモアは裏でそう言う物作るよな……ずーっと前に出た魔法と武器スキルを融合できるスキルってのもあったが、それが一種のヒントにもなってたのか?

329:名もなき冒険者 ID:clkfKf2ew

おそらくシルバーのおじいちゃんが身に付けたのは偶然だと思うけどねえ。あのお爺ちゃんの中身は知らないけど、すごく戦い続けてるのよね。そして大体リアルの夜九時ごろには居ない。

330:名もなき冒険者 ID:f5eW34rR2

その代わり朝早くにはときどきいる? みたいな。いや、本当にいるかどうかは分からんけど、ご年配の人っては朝早くて夜も早いとかいうし

331:名もなき冒険者 ID:Cg57rWrew

俺んちのばーちゃんも早寝早起きだな。まあボケずに毎日元気だから別にいいけどさ

332:名もなき冒険者 ID:v35ghRttc

元気なのは良いこった。んで、明日の決勝戦だけどさ、みんな掛けたか? 俺はシルバーの爺さんに十万ほど

333:名もなき冒険者 ID:C25kG41re

俺はレイジに五万かな。そう言えば今回は重量級VS重量級なんだな。方向性は違うけど

334:名もなき冒険者 ID:CV2h5jIte

レイジは、グラッドのPTに属しているあの魔法使い、ガルを落としての決勝進出だろ? 個人的には期待してる

335:名もなき冒険者 ID:v32jIf2dr

だな、ブルーカラーも強い強いと言われてたけど、今回ブルーカラーの初期面子? の一人がこういう公式の場で勝ち上がってきたから決勝が楽しみだ

336:名もなき冒険者 ID:c5b7gTg41

プレイヤーもそうだが、決勝に進出して来たこっちの人達も強かったよな。ハッキリ言って、だれにも勝てる気がしなかった

337:名もなき冒険者 ID:V5h7geTwe

ダークエルフの人と戦うストーリーじゃなくて良かったって今は思ってる。弓も近接も魔法も使いこなしてくるんだねえ

338:名もなき冒険者 ID:Cg5g8erww

俺達とは基礎からして違うんだろうけど、かなりのスピードでやってくるから恐ろしいよな

339:名もなき冒険者 ID:JKg2g7gHr

メイド萌えやってた時のほのぼのさは全くなかったからなぁ……戦いになれば一流の戦士なんだよね

340:名もなき冒険者 ID:c2g74jhEr

ダークエルフのメイド店、二号店が出来上がってたな……居座る奴が増加中とか

341:名もなき冒険者 ID:Vvc52gf5w

それは後で詳しく。んで明日の決勝だが、大勢だとレイジが三.五。シルバーのおじいちゃんが六.五でほぼ固まったみたいだね。こればっかりは表舞台に上がった数の違いなんだろうな

342:名もなき冒険者 ID:cvgf52h5T

それだけじゃなく、タンカーであるグラッドを今日の準決勝でやぶったというのは大きい。明日の結晶の相手であるレイジも役割的にはタンカーだろ? そんな重量級の相手ですら、斧の先に引っ掛けて投げ飛ばすアーツを手に入れちゃったシルバーのおじいちゃんの方が優位だって判断されたんだろ

343:名もなき冒険者 ID:75DGWw2xw

格闘ゲームならガードを固めた相手を投げてダメージを与えるってのは基本となる選択肢の一つだけどさ、こっちはそうじゃないからなあ。基本的にタンカーは盾でいかに自分と仲間を護るかが大事であって、その守りを投げで崩されるって事はまずないから……

344:名もなき冒険者 ID:c5f4fHweW

あーうん。やっぱり対人戦といえど、その辺の間隔は大きく違うからなあ。だけど、シルバーおじいちゃんはその腕力で重量級の装備を纏っているはずのグラッドをぶん投げてたからなあ。レイジはかなりやりにくくなってるはず

345:名もなき冒険者 ID:MNv554jFe

逆にレイジも、今日の勝負は見ているはずだろうから対策は練ってるだろうね。少なくとも、盾を崩す方法が増えているっていう事前情報を得ているかどうかだけでもでかいよ

346:名もなき冒険者 ID:bv6gh85KU

そういう所から考えると、グラッドは不憫だよな。ずーーっと以前のフェアリークィーンの一戦だって、事前情報なしで戦う事になってたんだし

347:名もなき冒険者 ID:Ng54rd45f

そういう運命でも背負ってるんじゃね? グラッドからしてみればふざけんな! って言ってくるだろうけど

348:名もなき冒険者 ID:c6c8hF1ew

一方レイジの手の内もある程度見られているけどね……片手斧をぶん投げる《スローイングミーティア》だっけ? あのガルの魔法による相殺狙いの一撃すら押しのけて突き刺さる威力があるって事で、距離があってもシルバーのおじいちゃんは油断できないな

349:名もなき冒険者 ID:fv2gJf2re

片手武器なのに破壊力が高い片手斧ならではの重い一発だよな。しかもガルに止めを刺したのは短剣だろ? 距離を詰めても超接近戦で威力を振う短剣を持っているってのは厄介だよな。短剣のアーツも厄介なのがいくつもあるし。

350:名もなき冒険者 ID:Fd5d87eRw

両手斧を振って攻撃を外したら簡単にサイドとられるもんねえ。そこに短剣の攻撃を食らったら、重鎧装備と言えどかなりやばい。どうしても首回りとかは隙間ができるから……

351:名もなき冒険者 ID:VBf2g5few

個人的に短剣って暗殺御用達と思ってたけど、今回のレイジVSガル戦を見て間違ってたって思いなおしたよ

352:名もなき冒険者 ID:Bv5f4gerU

あの戦いみたいに、メインウェポンを投げた後にさらに攻撃に移れるサブウェポンとしての役割も十分にありだからね。ゲームだと二種類の武器スキル上げないといけないから難しいんだけど……十枠のうち二つが武器スキルで埋まっちゃう事になるんだしね

353:名もなき冒険者 ID:Vd527g4hF

でも、やるだけの価値はあるっていう事も見せつけられたな。俺も短剣か鞭あたりを入れようか悩む

354:名もなき冒険者 ID:Bvf5hg4ge

そう言う複数の武器やアイテムを使いこなすのはアースがうまいんだけどな……あいつ、大会に参加してねえ

355:名もなき冒険者 ID:Vfc32f5fE

あーあー、居たねえアースが。でもあの人、街中でカレー売ってるよ

356:名もなき冒険者 ID:h25jREerw

カレーwカレーも良いけど戦いの舞台に上がって来いよw

367:名もなき冒険者 ID:F2g54wRqw

無理じゃね? あいつあんまり対人戦とか好きじゃないっぽいし

368:名もなき冒険者 ID:cJi2Ie1fd

だな、俺も以前一回やらねえか? って言ってみたけど丁寧に断られちまったよ。その後殺人シリーズ狩りが流行った時に一緒のPTを組んだことがあったんだが、なかなか強かったぞ

369:名もなき冒険者 ID:VCb2sdSfw

まあ無理強いはできないよ、特に対人関連は。こういう大会は戦いたい人が自主的に参加しないとね

370:名もなき冒険者 ID:Hg5j7rtrw

強制したってろくなことにならねえもんな。さて、それよりは明日だろ明日。くぅー、待ちきれねえぜ!

371:名もなき冒険者 ID:Kg2g8LteC

自分が戦う訳じゃないんだが、それでもやっぱりこう熱くなって来る部分はあるよな。わくわくするぜ

372:名もなき冒険者 ID:C2d744gER

街の人もソワソワしてるぜ……話をすればやっぱり明日の決勝戦の話がメインだな

373:名もなき冒険者 ID:VC2h4jfde

ああー、明日の学校がめんどくさいぜ……サボって寝てたい。そして開始一時間前に起きて飯を済ませた後にじっくりと見たい。まあ、そんなことできるわけがないんですけどねー
************************************************
さあ、この後は六巻用の原稿の再校作業が待っている!
負けない、コミカライズまで進んでいるのだから!
しおりを挟む