トップ>小説>とあるおっさんのVRMMO活動記
13 / 384
5巻試し読み

5-1

しおりを挟む
プロローグ

「この辺まで来たら、そろそろいいかな」
ここはVRMMO「ワンモア・フリーライフ・オンライン」の中にある「龍の国」。
その「龍の国」の三番目の街、さんたけを出てしばらく歩き、人の目が少なくなったところで、アースこと自分はあえて同行者にも聞こえるように呟いた。確認しておきたいことがあったからだ。
「アースよ、何がよいのかえ?」
首をかしげる同行者――「双龍の試練」を通じて知り合った龍の雨龍うりゅうさんに、質問をぶつけてみる。
「三が武を出るときに貴女あなたおっしゃった『旅にはついていくが自分は戦わない』という言葉の意味を考えていました」
雨龍さんが「ほう?」と声を上げるので、話を続ける。
「結論から言うと、『戦わない』のではなく、『戦えない』なのではないかと」
そう言うと、雨龍さんは驚いた表情を僅かに浮かべた。
「どうしてそう思うのじゃ?」
この切り返しは予想できていたので、そんな考えに至った理由を告げる。
「実は少々、ドラゴンと妖精の両方に知り合いがいましてね。彼らから、『ドラゴンは力の制御を諦めて他種族との関わりを極力減らし、龍族は力の制御に成功した』という話を聞いたことがあるのです」
明らかに、雨龍さんの表情に焦りが浮かんできた。が、無視して続ける。
「そういう情報があれば色々想像ができます。今回の件に一番繋がりやすいのは、龍族がなぜ力を制御するのか、ですね」
ここで一旦話を区切り、雨龍さんをチラッと見る。
「答えは、無用な破壊、殺戮さつりくなどをしないため……でしょう」
力に溺れやすい人間も見習わなきゃいけないな、と内心で考えてしまう。
「雨龍さんは言うまでもなく『龍』です。今の姿はあくまで人型に変身しているにすぎない。そんな方がもし、本来の力を振るって戦闘をしてしまったら……」
そこまで仮説を積み上げると、雨龍さんは「降参じゃ」と言ってきた。
「アース、お主の予想は当たっておる。我々龍族とドラゴン族は、特に物理的な力に優れておった……優れ過ぎておった、と言うほうが正しいのう。我らが挨拶のつもりで軽く触れるだけでも、他種族にとってはそれが致命傷となってしまう」
やっぱりか、と、自分は呟く。
「頂いたこの指輪は、召喚、送還の力は恐らく大したことはないのでしょう。一番肝心なのは、貴女の力を振るっても周りが大きく破壊されないようにする結界能力なのではないかと」
ゲームで強力な魔法を使用したときにどんなに凄まじいエフェクトがあっても、戦いが終われば世界が元に戻っているのと同じ感じなのだろう。
「そこまで読まれておるか……」
雨龍さんはもはや呆れ顔だ。
「ただのサボりとは思えなかったから、貴女の言動を疑った。それだけですよ」
「わらわもまだまだ甘いのかのう?」などと言いながら雨龍さんが手を顔に当てる。ま、事情が分かればそれでいい。関所が見えてきたので、このお話はそれまでとなった。


 ――ツヴァイSIDE――

「いよいよむつたけに到着だな!」
俺ことツヴァイがギルマスを務める『ブルーカラー』も、ようやく中堅ギルドとして名が売れてきた。ま、大型のギルドにするつもりはないけどな! あまり大人数になってしまうと、今のような和気藹々わき あい あいとした空気を保つのは難しいのだ。
「ツヴァイ、アンタはまた調子に乗りすぎないでよ〜?」
ノーラは相変わらず厳しいぜ……最近は、騒いでいると容赦なくハリセンが飛んできやがる。ダメージはゼロだが、精神的に痛みを感じるんだよな、アレ。アースの奴、本当にノーラに渡してくれちゃって。ドツキ役は俺がやりたいってのに。
「まあまあ、ノーラさん」
カザミネがノーラを押さえてくれる。こいつも大太刀おおた ちを手に入れてから、強くなるスピードがマジで上がった。前から「刀系の武器が欲しいんですよね」といつも言っていたが、大太刀を手に入れた途端に廃人レベルと言っていいぐらいに没頭しやがって……今ではギルドナンバー1の物理アタッカーになっている。
「だがツヴァイが盛り上がる気持ちも分かる。ようやく最後の街だから、気合も入るよな」
「うんうん、そーだねー」
俺をフォローしてくれたのは、レイジとその彼女のコーンポタージュ。アタッカーがカザミネなら、タンカーはコイツだ、ってぐらい活躍しているのがレイジだ。魔法使いのコーンポタージュは他のギルドに居たんだが、そこのギルドが解散してしまったらしく、レイジを頼って『ブルーカラー』に入った。しかし、リア充を地で行く二人は、毎日周りにハートマークを振りまいていて……仲間だから、「爆発しろ」とはさすがに思っていないが……
「さあ、さっさと街に入ってしまいましょう、ね、ツヴァイ……」
「そだね〜、ほら、いこうか〜」
油断していたら、エリザとミリーが俺の左右から腕組みしてきて、がっしりホールドしやがった! 何だか最近、この二人がやたらとくっついてくるんだよなぁ。
「二人とも離れてくれよ! この格好で六が武に入るのは恥ずかしいぞ!?」
こう言った途端、エリザが泣きそうになる。
「ツヴァイ……私の体では不満ですか……?」
ミリーはいつものように、ぽえぽえ〜っ、としていやがる。
「いいじゃない〜、両手に花、しあわせでしょ〜」
だからやめてくれっての! 最近は掲示板で、エロゲ主人公とか言われ出してる始末だってのに! 他の女性メンバーも含めて五人同時にくっつかれてるところを見られた日は、マジで針のむしろ状態で、すぐにウィンドウを閉じたぐらいだ。
助けを求めて必死で横を見るが、ノーラは呆れ顔だし、カザミネは笑ってるし、レイジとコーンポタージュの二人は微笑ましそうにこちらを見ているだけだし、マジで助けがねえ!
「ツヴァイ〜」
「ツヴァイく〜ん!」
「ツヴァイちゃ〜ん」
んげ!? 噂をすれば、ミザ、ミザリー、ミザーナの三姉妹まで!
「おい、エリザ、ミリー、マジで離してくれ! あの三人から逃げたい!」
「「却下」」
「おおお〜い!!」
結局この後、五人に周りをがっちりと固められつつ、六が武に入ることに……
掲示板のしっとスレが更に延びそうだぜ……


 ―─グラッドSIDE――

【そうか、例のレイドの一八人は、一回目の挑戦を失敗したか】
【間違いねえ。ここまでは、タンカーを立ててアタッカーと魔法で削るというオーソドックス戦法をとって、数の暴力で押してきた連中だ。崩れればむしろもろいのだろうな】
【そうか、じゃあこちらにも、もう少しスキル上げをする時間の余裕があるな?】
【ああ、あると思うぜグラッド。がんばれよ】
【期待に応えられるように努力するさ……情報、感謝する】
【気にするな、じゃあ切るぜ】
ウィスパーが切れ、情報屋の声も聞こえなくなる。
この世界で強くなろうとつっ走りすぎた結果、俺は一度パーティPTから追放され、トーナメントイベントではフェアリークィーンに敗北し、屈辱にまみれた。そんな俺も心を入れ替えて新しいPTを結成し、PvP対人戦大会を通して元リーダーのシルバーに挑んだが……そこでも接戦の末、敗れることになった。
だが三度みたび大きなチャンスは巡ってきた。
「グラッド、どうだったんだい? 例の一八人は?」
「失敗したようだ。俺達にも、一番乗りのチャンスは十分に残っている」
「そうか、それはいい情報だ」
「さすが情報屋、耳が早いですね」
新しい五人の仲間と共に話し合い、「龍の儀式」攻略のためにお互いの知恵を絞る。
今度こそ俺が……ではなく俺が、大きなことを成し遂げるのだ。シルバーのじじいを見返す、なんてちんけな目的のためではなく、このでかいクエストを一番乗りで達成する喜びを仲間と一緒に分かち合うために。

【世界の伝言板】
これは「こちら」の世界の人のみが閲覧できる掲示板です。
「あちら」の人達に対する不満などをお互い書いてみましょう。

1:伝言者
なにこれ?

2:伝言者
「あちら」の人って……数ヶ月前から現れ出した人族の冒険者のこと?

3:伝言者
多分そうじゃない?

4:伝言者
それだったら不満はいっぱいあるわよ

5:伝言者
同感だな……商売だから面と向かっては言わないが、文句は山ほどあるぜ

6:伝言者
おにーさん、どこの人?

7:伝言者
ファストっていう街だが、
その「あちら」の人達が最初に転移してくる街といえばいいか?
そこで食材店をやってる

8:伝言者
あ、あの人か、私はお隣さんよ

9:伝言者
なんだよ、料理店の人か

10:伝言者
そうよ、お互い同じことを感じてると思う

11:伝言者
それはつまり、どんなの?

12:伝言者
そうだな、一番言いたいのは「人の話をきちんと聞け」ってことかな

13:伝言者
そうそう、それになんというか、金は出すからさっさと物よこせ、
って態度よね

14:伝言者
わたしは妖精国の南に住んでるけど、そういう人ってやっぱりいるねー

15:伝言者
何度「テメエに売るものはねえ!」と言いたくなったか
商売だから我慢してるけどよ……

16:伝言者
商売も大変かもしれんが、最初は訓練場のほうも大変だったぞ

17:伝言者
もしかしてあなた教官? それってどんな風に?

18:伝言者
やり方をきちんと指導しようとしてたんだが……
「俺のやり方がある」とか言って耳を貸さない奴が多かったな
そのくせ武器の扱い方が間違っているから、身につくのが遅い

19:伝言者
馬鹿だよねー、専門の人の指導を受けたほうがよっぽど早いのに

20:伝言者
まあたまに、ちゃんと礼儀を持って接する見所がある奴もいたがな……
本当にたまに、だが

21:伝言者
そういう人にはつい、ちょっといいおまけとかしちゃうね

22:伝言者
他の無愛想な連中から少しずつ巻き上げてればいいからな

23:伝言者
そうとも知らず……ばっかだよねえ

24:伝言者
まあ、ほどほどにな……

25:伝言者
大丈夫だ、あからさまにやってるわけじゃない

26:伝言者
そういえば、念入りに弓の練習をしていたあいつは頑張ってるだろうか

27:伝言者
ええと、私はファストで「あちら」の人族にクエストを
割り振っていた者ですが……

28:伝言者
苦労人が来てしまったぞ……

29:伝言者
やつれてたよね……体、大丈夫?

30:伝言者
ええ、何とか持ち直しました

31:伝言者
クエストをあの人達に割り振るのは、本当に大変だよね

32:伝言者
そんな報告を受けて、妖精国では宿屋が一括管理する方法にした、
という実情があったりします

33:伝言者
こちらはそういうわけにもいかないのですよ
こちらの世界を理解してもらうために丁寧にやらないと……

34:伝言者
だけど、ろくすっぽ話を聞かないよね、あの人達

35:伝言者
ひどい人になると、前ふりはいいからさっさと始めろ、と
面と向かって言われましたよ。あのときは本気で殴りたかったです

36:伝言者
それは……

37:伝言者
よく我慢したな……

38:伝言者
ひどい……

39:伝言者
お陰で精神的に疲れましたね……

40:伝言者
ファストは本当に地獄だったんだな

41:伝言者
ええ、ファストは辛かったです

42:伝言者
商売だから、仕事だから、って割り切るしかなかったよね

43:伝言者
全くですよ……

44:伝言者
だからこそたまにいるいい奴に出会うと反動がな……

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

371:伝言者
ふう、まあ大体の不満は出たかな

372:伝言者
でもあいつらは直さねーだろ、期待もしてない

373:伝言者
だね、はっきり言って一部のいい人達にだけ、
いいサービスをしていればいいんじゃない?

374:伝言者
そうだな、これは「差別」じゃなくて「区別」だ

375:伝言者
じゃあ今後、あちらの世界の人達に対してはそんな感じで?

376:伝言者
いいかと

377:伝言者
それでいこう

378:伝言者
異議な〜し

379:伝言者
じゃあ、具体的にいいサービスって何? ってことになるんだが

380:伝言者
そうだね、ひいきがばれると色々面倒なことになる未熟な人が、
あちらには多いし

381:伝言者
さりげなく、ばれないように、が前提だよな

382:伝言者
5%ぐらい代金安くするとか、多少量を増やす程度?

383:伝言者
まずはその辺で様子見だな

384:伝言者
だね、ひいきで孤立させちゃったら申し訳ないし

385:伝言者
じゃあ、それでいってみましょう

386:伝言者
むしろ、いい意味で気になるあっちの世界の人っている?

387:伝言者
名前を出さないとダメ?

388:伝言者
逆、出しちゃダメ。大体の外見でいい

389:伝言者


390:伝言者
あの人ねw

391:伝言者
実に簡潔w

392:伝言者
妖精達が一斉に反応するでしょw

393:伝言者
ガタッ

394:伝言者
ガタッ

395:伝言者
ガタタッ

396:伝言者
ガラガラガッシャン

397:伝言者
落ち着け妖精軍団w

398:伝言者
>>396は特に落ち着けw フェアリークィーンじゃあるまいに

399:伝言者
……

400:伝言者
当たりかよ! 本人かよ!

401:伝言者
フラれたって噂が

402:伝言者
マジ!?

403:伝言者
それ以上言ったら

404:伝言者
やべえ、この話は終わったほうがいい

405:伝言者
なんとも情けないのう

406:伝言者
ピキッ

407:伝言者
擬音をわざわざ書かなくても
あと、405も煽るな

408:伝言者
ほ、他にいないか?

409:伝言者
炎の槍使いの女性

410:伝言者
あの人か、あの人可愛いよ

411:伝言者
最近女性に囲まれてる両手剣使い君かな〜

412:伝言者
爆発しろ

413:伝言者
爆発しなさい

414:伝言者
あんな風に引っ付いてくれる彼女が欲しい

415:伝言者
いいよなー……アレ……

416:伝言者
自分からいかなきゃ見つからないと思うよ?

417:伝言者
仕事が忙しくてそんな時間は……

418:伝言者
人によっては、夜中までお店開けてないといけないもんねえ

419:伝言者
そうなんだよ、変な時間に客が来ることが多くてさ……

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

788:伝言者
結局ドコもそれなりにきついってことか

789:伝言者
楽な仕事なんてないって

790:伝言者
宿屋が一番きついと思う

791:伝言者
龍の国の宿屋は、もろにあちらの人を区別してるって話だが

792:伝言者
あたしゃ、宿屋をやってる女将だけど

793:伝言者
え!?

794:伝言者
本当ですか?

795:伝言者
まあいい人1割、マシなの4割、ろくでもないの5割かね

796:伝言者
それはまた……

797:伝言者
だから区別もつけたくなるよ……

798:伝言者
それは仕方ない

799:伝言者
参考までに、区別はどうやってます?

800:伝言者
いい人には、次の街でいい宿屋に泊まれるように手配してるさね

801:伝言者
そういう手段もあったか

802:伝言者
街がいくつも続く龍の国ならではだな

803:伝言者
あちらの人族は、龍の国に行ってる人、今多いもんねえ

804:伝言者
お陰で忙しいったらありゃしない

805:伝言者
妖精国は今はゆったりと過ごしてます

806:伝言者
次はエルフ達だって話だけど

807:伝言者
そのエルフの森にいる一人ですが……ここを見ているだけで疲れますね

808:伝言者
予行演習だと思いなさい

809:伝言者
ファストの人達はそれすらなかったんだしねー

810:伝言者
そうですね……確かに

811:伝言者
私はダークエルフなんだけど……ちょっと女の人に質問

812:伝言者
なに?

813:伝言者
なんでしょう?

814:伝言者
先に答えとくわ、おっぱい大きかったら見られまくるわよ

815:伝言者
おっぱ……えええええ! やっぱりいい!?

816:伝言者
遠慮ないわよ……

817:伝言者
さすがに触られることはないと思うけど……

818:伝言者
私、触られかかった……ついビンタしちゃったわよ
そうしたら「私どもにはご褒美です!」とか叫び出すし

819:伝言者
ナニソレ怖い!?

820:伝言者
仲間のダークエルフ達が脅えちゃってる……

821:伝言者
見られるのは我慢するにしても、触られそうになったら反撃するべきよ

822:伝言者
そうね、そういうやらしい行為から身を守るための攻撃なら、
問題はないみたいだし

823:伝言者
ダークエルフさんなら、矢で股間や心臓をザクッとやっても、
いいんじゃないかしら?

824:伝言者
そ、そうね、みんなにもそういって励ますわ! ありがと!

825:伝言者
スタイルがいいってのも困るわね

826:伝言者
ダークエルフの皆さんは胸がね……

827:伝言者
くやしくなんかないもん

828:伝言者
ゴメン……

829:伝言者
一部の人にとっては問題ね

830:伝言者
こればかりは個人差が

831:伝言者
持つ者のよゆうかあー!?

832:伝言者
いけない、変なスイッチ押しちゃったかも

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

954:伝言者
そろそろ夜明けが近いわね

955:伝言者
あーまた商売か、もっと休みたいんだがなぁ

956:伝言者
仕方ないわよ、切り替えましょう

957:伝言者
ここで色々言えた分、気は軽くなったな

958:伝言者
それは言えていますね

959:伝言者
というか、もっと早くこういうのを設置してほしかったよな

960:伝言者
まあまあ、これからも多分使えるんですから

961:伝言者
要注意なあちらの人の情報はここで提供してね

962:伝言者
さて、仕事に戻りますか

963:伝言者
またコロシアムであちらの戦士を返り討ちにする仕事が始まる

964:伝言者
え、もしかしてネクシアのコロシアムのチャンプって貴方!?

965:伝言者
そうだぞ、まだまだあいつらには負けん

966:伝言者
後でサインください!

967:伝言者
私にも!

968:伝言者
ここでの約束は無理!

969:伝言者
そんなぁ

970:伝言者
と言うか、そろそろ行かないと本当にまずい

971:伝言者
あ、ほんとだ、あと30秒

972:伝言者
今日は自分はお休みさ

973:伝言者
いいなぁ

974:伝言者
というか、急げよー

975:伝言者
残ってるのはもう今日の仕事がない人だけかな

976:伝言者
だけど、掲示板って1000までらしいよ

977:伝言者
こっちも終わりか

978:伝言者
管理者にお願いできない?

979:伝言者
もうやってる

980:伝言者
返答きた
「延長はダメ」だって

981:伝言者
次の長い夜までお預けか

982:伝言者
仕方ない

983:伝言者
ここに残り続けて話をしていたら、残れない人の恨み買うかも

984:伝言者
そうかもね

985:伝言者
それは避けたい

986:伝言者
だから終わっていいんだよ

987:伝言者
1週間後に話すネタを集めとこう

988:伝言者
うん

989:伝言者
そうしようか、でもここに書けるチャンスを誰が取るかでもめそう

990:伝言者
じゃんけんかな

991:伝言者
ポーカーで

992:伝言者
うちらはチェスで決める

993:伝言者
大富豪

994:伝言者
ルーレット

995:伝言者
ルーレットあるの!?

996:伝言者
魔王城の遊戯室に……

997:伝言者
魔王さんなにしてはるんですか

998:伝言者
退屈だから作った。後悔はしてないぞ?

999:伝言者
魔王本人来た!?

1000:伝言者
そして時間切れ

1001:伝言者
これ以上書き込めません
しおりを挟む