トップ>小説>転生王子はダラけたい
63 / 113
ブレイクタイムのキャラ紹介2と番外編

ステア王立学校の先生たち

しおりを挟む
【ステア王立学校の先生たち】

[シーバル・ゼイノス]
ステア王立学校の学校長。優しそうで茶目っ気のあるおじいさん。
白髪に長い白いあご髭。魔法使いのおじいさんのような見た目。

[マット・スイフ]
一般科目である語学の先生。1年生の担任。30代半ば。
天然ボケをよくやる先生。どこか挙動不審。
クルクルがきつめの天然パーマ。金髪なので鳥の巣のよう。

[メリダ・ディナス]
薬学の先生。1年生の担任。20代。
ロボットのように無表情。テキパキとマット先生をサポートする。
赤毛でストレートのボブヘアー。

[シエナ・マイルズ]
鉱石学の先生。
いつもミントの葉巻を咥えている。色気の美女。30代前半。
アッシュグレーのウェーブがかった長い髪。ハスキーな声。
紺のロングワンピース白衣のようなコートを着ている。
ひきこもりで鉱石学の教務室を自分の家のように暮らしている。
いつも気だるげだが、鉱石のことになると興味深々。

[スティーブ・ゲッテンバー]
調理の先生。2年生の担任。
体はマッチョだが、心は乙女。話し方も女性っぽい。
ボディビルダー並みのマッスルボディ。短髪赤毛。
どんなに寒くてもピチピチTシャツ。
調理の授業の時はピンク色のフリル付きエプロンをつけている。

[セイム・ルーバル]
召喚学の先生。
60代後半のおじいちゃん先生。
つるりとした輝く頭。メガネをかけている。
召喚獣を5匹所持している。
召喚学では有名な先生で、授業でも最新情報を教えてくれるので人気。
召喚獣のこととなると夢中になりがち。

[リーグ・ワルズ]
剣術の先生。
緑がかった黒髪。短髪。20代。
筋肉質でスレンダーな肢体。スピード重視の剣さばき。
ボソボソと話す。猫背。ネガティブ思考。


※9章も途中ですし、できれば10章を終えてからキャラ設定入れたかったのですが、
これからの会話の中で先生の名前がたくさん出てきて混乱すると思うので入れてみました。これからの先生もいます。
しおりを挟む