トップ>小説>転生貴族の異世界冒険録〜自重を知らない神々の使徒〜
3 / 99

プロローグ

しおりを挟む
「何で誘いに乗らなかったんだろ。失敗したよな〜、せっかく沙織が誘ってくれたのにな」

 和也は自宅のベッドで横になりゴロゴロとしていた。手に持った携帯の画面には、女の子三人の浴衣姿の写真が映し出されていた。
 『浴衣姿かわいいでしょ?見られなくて残念!』とメッセージ付きで。
 写真の中央に写っているのは、高校のクラスメイトであり、小学生からの幼馴染でもある眞鍋沙織まなべさおりだ。誘われた花火大会を女の子三人と男一人では、なんとなく恥ずかしいからって断ってしまった。
 椎名和也しいなかずや(高校二年生 十六歳)は遠くから聞こえる花火の音を部屋で聞きながら、ベッドで転がっていた。

 この家には和也一人しかいない。両親は小さいころに事故で亡くし、祖父に育てられた。そしてその祖父も去年亡くなってしまった。兄弟もおらず、両親と祖父の残してくれた遺産で、働かなくても大学卒業まで問題なく生活できるほど余裕があったこともあり、アルバイトなどはせず学校と家の往復の毎日を送っていた。通っている高校でも中の上くらいの成績で顔立ちも普通だ。
 
 網戸になっている窓の外からは、花火大会の最後を知らせる盛大な音が連続して聞こえてきた。

「今年の花火はこれで終わりか。まぁ今更考えても仕方ないし、アイスでも食べるかな」

 和也は部屋を出て階段を下りキッチンに向かう。

「今日はどのアイス食べようかな。気分的にはかき氷系でしょ」
 
 冷凍庫を開けて中を見ると、アイスが一つも入っていなかった。

「まじかよっ。アイスなんもないじゃん。仕方ないか、散歩がてらにコンビニに行くかな」

 階段を一気に駆け上がり、部屋に戻り財布と携帯をもってコンビニに向かった。
 空を見上げると、雲ひとつない綺麗な夜空となっていた。花火大会側から流れてくる煙が唯一星達を遮っていた。
 花火大会が終わったこともあり、浴衣姿の家族連れや、数人のグループが帰ってきていた。
 一同に笑顔で、先ほどまでの花火について話し合いながら歩いている。
 
 

「何か新しいアイス発売されていたりするかな?」

 和也はすれ違う浴衣姿の人達に目をくれず、コンビニでどのアイスを買おうか、悩みながら歩いていた。
 コンビニがもうそこまで見えるところになったとこで、いきなりコンビニの入り口から人が叫びながら出てくる。


「きゃあぁぁぁぁぁぁぁ!!」

「逃げろぉぉぉぉぉ!!」

 逃げ惑う浴衣姿のカップルや、家族連れがいた。
 その後には、包丁を持っている男が、手を振り回しながらコンビニから出てきた。


「みんなしねぇぇぇぇぇぇ!!!!」

 包丁を右手に持ち、目は血走っており、逃げる人たちを首を振りながら目で追っている。
 叫びながら包丁を振り回す男は、一直線にこちらの方向へ向かってきた。

「うわっ。まじかよっ。逃げなきゃ」

 振り返り逃げようとすると、浴衣姿の中学生くらいの女の子二人組が腰を抜かして尻餅をついていた。


「そこの二人とも早く逃げろ!!」

 和也は座り込んでいる女の子たちに向かって叫ぶが、こんな緊急事態に腰砕けになっている女の子は、すぐに逃げることが出来る状態ではなかった。

「根性決めるか」

 フゥーー、と一息ついた和也は包丁を持っている男に向き直った。
 中段に腰を落とし、全身に力を入れ、タイミングを見計らった。


「いけぇぇぇぇ!!!」

 
 思いっきり包丁を持っている男の腰にタックルを決めた。
 二人とももつれて歩道を転がっていく。

「誰かこいつの刃物を取り上げてくれ!!」

 言った途端、お腹のあたりから熱い感触が全身に渡っていった。


「てめぇぇぇぇぇぇ」

 和也は男を殴りつける。
 包丁を持っていた男は殴られた勢いで包丁を手放した。
 誰も持つことのない包丁が勢いで転がっていく。
 近くにいた数人が包丁を手放したこともあり、集まってきて男を抑えつけた。

 アドレナリンが出まくっていたおかげで、腹部の熱さを気にしなかったが、ふと見ると、包丁が刺さった傷からTシャツに赤い血が流れ続けている。

 
 力が入らず立つことも出来ない状態で和也は仰向けに転がった。
 そのまま夜空を眺める。
 首を傾けると近くからは救急車を呼ぶために電話をしている人たちがいる。
 通行人がコンビニから大量のタオルを持ち出してきて、和也の腹部からとめどなく出てくる血を押さえつけてくれた。

 そして先ほどまで尻餅をついていた浴衣姿の中学生くらいの二人組の女の子たちが近くに寄ってきた。

「か、かずや兄さんですよね!?」

 うっすら化粧をした女の子は見覚えがある顔だ。
 
「あ、沙織の妹の愛美まなみちゃんか……久しぶり・・・・・・」
 
「はいっ! そうです。愛美です。助けてくれてありがとうございました。和也兄さんがかばってくれなかったらと思うと……」

 愛美は涙を流しながらお礼を言ってくれる。
 押さえつけている腹部からの血はまったく止まっていなかった。
 段々と意識が遠のいていき、全身が凍ったような寒さを感じてきた。
 
「ーーそれにしても二人とも無事でよかった。なんか意識がもうろうとしてきたよ・・・・・・」

「和也兄さん! 目を瞑ったらだめですよ!」

 愛美が和也の肩をゆすってくる。だが、すでに全身に力が入らない状態だった。

「・・・・・・ちょっと無理っぽい」
 
「和也にいさぁぁぁぁぁん!!」
 



 その一言を最後にそのまま和也は意識を失った。


 =================
 見る専門だったのが勢いで書いてしまいました。
 文章力も想像力まったくないですが、頑張ります。
 最初だけ数話アップします。

 11/24 加筆しています。
しおりを挟む