トップ>小説>転生貴族の異世界冒険録〜自重を知らない神々の使徒〜
8 / 104
第一章 幼少期編

第五話 ステータス隠蔽

しおりを挟む
 まずい。まずすぎる。夕方から身内でパーティだ。
 
 その時にステータスを家族に見せる必要がある。
 
「こんなステータス、家族に見せられる訳ないよっ」

 ベッドに寝転がりゴロゴロと頭を抱えながら転がる、もう一回ステータスを見てみる。

 『ステータス』
 
 【名前】カイン・フォン・シルフォード
 【種族】人間族 【性別】男性 【年齢】五歳
 【称号】辺境伯家三男 転生者 神の使徒
 【レベル】1
 【体力】180/180
 【魔力】34,560/34,560
 【能力】S+
 
 【魔法】
  創造魔法Lv.10
  火魔法Lv.10
  風魔法Lv.10
  水魔法Lv.10
  土魔法Lv.10
  光魔法Lv.10
  闇魔法Lv.10
  時空魔法Lv.10
  生活魔法
 
 【スキル】
  鑑定Lv.10
  アイテムボックスLv.10
  武術Lv.10
  体術Lv.10
  物理耐性Lv.10
  魔法耐性Lv.10

 【加護】
  創造神の加護Lv.10
  生命神の加護Lv.10
  魔法神の加護Lv.10
  大地神の加護Lv.10
  武神の加護Lv.10
  技能神の加護Lv.10
  商業神の加護Lv.10


 見れば見るほど、家族に見せられないと実感してくる。

「なんとかしてステータスごまかさないと」
 
 半透明で表示されている文字を指先でクリックしてみる。一番最初に出ている創造魔法だ。
 
 創造魔法クリエイティブLv.10
 イメージにて魔法を創造できる。実現するイメージにより魔力消費量が変わる。
 ▽魔法を創れるようにしておいたぞ。ステータスの隠蔽もこれでつくれるよ byゼノム

「これだっ!! 神様ありがとう!」

 天に向かって言ってみた。見ててくれるかもしれないし。

 さっそく魔法を試してみる。
 半透明なガラス画面をステータス改ざんをイメージして触れる。

 『創造魔法クリエイティブ:ステータス隠蔽』

 おぉ。いじくれる。

「これで見せても問題ない程度に修正しておくか」

 夕方のパーティが始まるまで部屋に篭ってひらすらステータスの改ざんを行った。

「カイン様、そろそろパーティのお時間です」

 ノックのあとメイドのシルビアが部屋に入ってきた。

「カイン様、緊張しているようですが、本日は身内だけですし、どんなステータスでも問題ありませんよ。カイン様はカイン様ですしね」

 笑顔でシルビア言ってくれるが、そんなに簡単に見せれるステータスではなかった。

「うん。そろそろ行こうか」

 部屋を出て、シルビアの先導でカインはダイニングに向かった。

「おまたせしました」

 すでに、ガルム以外は席についており、カインも自分の席に座った。
 そして最後にガルムがダイニングに現れ中央の席に座った。

「それではカインの五歳の誕生日を祝うこととする。カインおめでとう」

「「カインおめでとう」」
 
 和やかに食事が始まった。

「それにしても今日の洗礼の光はなんだったんでしょうね。私の子供の時はなかったし、レイネ時も」

 サラは不思議に思いながら食事をしている。

 さすがに神々と会ってましたなんて言えないし。
 食事が終わりに近づくにつれ、緊張する。

「カイン。ステータスは確認できたか」

 ガルムが訪ねてきた。

「部屋で確認させてもらいました」

「そうか、それでは見せてみるといい」
 
 額から汗が流れてくる。
 隠蔽したけど、ある程度は出てしまっている。
 セーフなラインがまずはわからないからだ。

「わかりました」

『ステータスオープン』

 半透明なガラス画面が浮き上がってくる。

 【名前】カイン・フォン・シルフォード
 【種族】人間族 【性別】男性 【年齢】五歳
 【称号】辺境伯家三男 (転生者 神の使徒)
 【レベル】1
 【体力】180/180
 【魔力】34,560/34,560
 【能力】C+(S+)
 
 【魔法】
  (創造魔法Lv.10)
  火魔法Lv.2(10)
  風魔法Lv.2(10)
  水魔法Lv.2(10)
  土魔法Lv.2(10)
  光魔法Lv.1(10)
  (闇魔法Lv.10)
  (時空魔法Lv.10)
  生活魔法
 
 【スキル】
  鑑定Lv.1(10)
  アイテムボックスLv.2(10)
  武術Lv.1(10)
  体術Lv.1(10)
  (物理耐性Lv.10)
  (魔法耐性Lv.10)

 【加護】
  創造神の加護Lv.2(10)
  生命神の加護Lv.2(10)
  魔法神の加護Lv.3(10)
  大地神の加護Lv.2(10)
  武神の加護Lv.2(10)
  技能神の加護Lv.2(10)
  商業神の加護Lv.2(10)


 ※( )は非表示

「これが僕のステータスです。神様たちから、たくさん加護をいただきました」
 
 五歳らしく知らない振りで通そう。


「「「……」」」


 なんでみんな止まってるんだろ。
 両親も姉も絶句してる。
 Lv.5以上のものはないから問題ないだろう。

「父上。どうかしましたか。もしかして僕のステータスは何かおかしいのでしょうか」

 固まっている父親が動き始めた。

「創造神様のご加護ももらっているぞ……。他六神の加護まで。魔法神にいたってはLv.3になっている。しかもなんだその魔力量は!」

 あ、加護を気にしてて魔力量直してなかった!!!
 
「宮廷魔術師クラスでレベル50程度で魔力は一万程度だぞ。カインのはすでに三万以上だ。しかもレベル1で五歳だ。これからまだ伸びるはずだ。今でさえ筆頭宮廷魔術師になれるステータスだぞ。しかもアイテムボックスに鑑定もだ。商人になっても成功が約束されてる」


 バタンッ

 サラがめまいを起こして倒れた。

 レイネにいたっては、じっくりと見て喜んでる。

「カイン君すごーい! 魔法も加護もいっぱいもってるね!」
 
 ガルムも頭を抱えてる。

 かなり抑えたステータスだけど、これでもまずかったのか。

「とりあえずわかった。そのステータスは絶対に家族以外には見せるな。わかったなカイン」
 
 かなり念押ししてくる。


「わかりました」

「セバスもこのことは他言無用だ」

 後ろで立っている執事にも伝えた。

「かしこまりましたご主人様。このステータスはさすがに他言できません」

「周りにステータスが知られたら、私は王に説明しないといけない。そうしたらカインは王都で国の管理下におかれるかもしれないぞ」

 それは本当に困る。せっかく自由な冒険者になるつもりなのに。

「父上、気を付けます」

 意識が戻ったサラも同じく頷いてる。

「私とガルムの子だから優秀かなって思ってたけど、想像以上すぎてびっくりしたわよ」

 いや、俺が一番びっくりしたんだよね。神様たちとも会ったし。

「来週はカインの誕生日を、グラシア領の有力者たちが祝いにくる。ステータスのことは口外禁止だぞ」

 前に説明あったけど、やっぱりお披露目会やるんだね。

 とりあえず家族へのお披露目は乗り切った。

 =================
 仕事終わってからコソコソと書いてます。公開してから数日ですがたくさんのブックマークありがとうございます。
 
しおりを挟む