トップ>小説>転生貴族の異世界冒険録〜自重を知らない神々の使徒〜
21 / 96
第一章 幼少期編

第十七話 説明

しおりを挟む
 謁見が終わり、ガルムとカインは王都にあるガルムの別宅へ戻ってきた。
 屋敷にはサラやレイネが待っていた。

「待たせたな二人共。これから話しておきたいことがある」

 一緒に歩いているカインは疲れた表情だった。

 応接室に家族が揃う。今は執事のセバスもメイドのシルビアもいない。
 部屋にいるのは、ガルム、サラ、レイネ、カインの四人だけだ。

「まずはカインが叙爵された。本日の謁見にて男爵となった。あと屋敷と金が褒美としてとらされた」

「まぁすごい!王女様を助けたのがそこまで評価されたのねっ!」

「カインくんすごーい!これで成人しても安心だねっ」

 喜ぶサラとレイネであったが、ガルムの次の言葉で凍りついた。

「これが問題だ。まだ極秘だが、カインがテレスティア王女殿下とサンタナ公爵令嬢のシルク嬢の婚約者となることが決定した」

 カインが下を向きながらピクっとした。

「どういうことかしらカインくん」

 レイネから冷たい声がかかる。

「どうやら二人とも、カインが助けた武勇を見ておりそのまま惚れてしまったらしい。これは陛下もエリック公爵もすでに認めている。変えられることではない」

「いつかは結婚するんだから、早く決まったってことだけよね。それにしてもあの二人とはねぇ」

 レイネとは別にサラはご機嫌だ。自分の腹を痛めて産んだカインが叙爵され独立したのだ。しかも王家と公爵家からの婚約者が決定しているという。母親としては嬉しいらしい。

「馬車で何かあったのかしら」

 サラの何気ない一言で、カインはピクっとした。

「宿の部屋が一緒だったのは知っているとは思うが、馬車でカインは両手に花状態でいたらしい。二人と腕を組みながら王都まできたそうだ。それを陛下と公爵より指摘されてな、未婚の女性がそこまでしたのだ、他にはもう嫁にだせないから引き取るようにとのことだ」

 ガルムは続けて言う。

「そこでカインは了承してしまったものでな、当分は公表することはないと思うが一応婚約者として決まったということだ。私はその前に陛下に呼ばれて「お前の息子はスケコマシか!?」とか責められたぞ」

 レイネは相変わらず不貞腐れている。

「ただ、お披露目会が終わってから、領地に戻る予定だったがカインは屋敷を受領されたことで、落ち着いたらそこに移ることとなる。王都にいることになるからレイネはいつでも会えるぞ」

 その一言でレイネはご機嫌となる。

「いつでもカインくんに会えるってことなのね!それならご機嫌直してあげる」

「それでだ、カイン、その強さはなんだ?家庭教師をつけたといっても最初はレベル1だったろ?オーク三十体も倒すとは信じられないのだが」

 カインが冷や汗を流す。

「カインのステータスを見せることはできるか?どれくらいレベルを上げたんだ?」

 さすがの家族でも今のステータスをそのまま出すわけにもいかない。

「すいません父上、今はステータスを見せることができません。ただ、加護の影響で人より大幅な上昇率だと思います。たしかに一人でこっそり狩りをしたこともあります」

 ガルムに向かって頭を下げる。

「まぁ良い。今日は色々とありすぎたからの。夕飯時にはマリアやジン、アレクを紹介しよう。まだカインはみんなと会ったことがないだろう?」

「そうですね。ジン兄様やアレク兄様はずっと王都にいらっしゃったので初めてです」

「そうよね〜。私だって小さい時に会った記憶しかないもの」

「夕飯までゆっくりするといい。部屋に案内させる」

 王都のシルフォード家のメイドに連れられて、部屋に案内される。
 ベッドに飛び込み天井を見上げる。

「さすがにこのステータス見せるわけにもいかないよなー」

『ステータス』

 【名前】カイン・フォン・シルフォード
 【種族】人間族 【性別】男性 【年齢】五歳
 【称号】辺境伯家三男 転生者 神の使徒 魔物の森の天敵 自然破壊者
 【レベル】248
 【体力】3,692,240/3,692,240
 【魔力】82,639,240/82,639,240
 【能力】SSS
  ー筋力 SSS
  ー体力 SSS
  ー知力 SSS
  ー敏速 SSS
  ー器用 SSS
  ー魔法行使力 SSS

 【魔法】
  創造魔法Lv.10
  ー『ステータス隠蔽』
  ー『世界地図ワールドマップ
  ー『世界辞書ワールドディクショナリー
  ー『長距離瞬間移動ロングワープ
  ー『短距離瞬間移動ショートワープ
  ー『創造制作クリエイティブメイク
  火魔法Lv.10
  ー初級『火球ファイアーボール』『火弾ファイアーパレット』『火矢ファイアーアロー
  ー中級『火壁ファイアーウォール
  ー上級『円形火柱サークルフレーム
  ー超級『獄炎地獄インフェルノ
  風魔法Lv.10
  ー初級『風球エアボール』『風弾エアパレット』『風矢エアアロー』『探査サーチ
  ー中級『真空刃エアカッター
  ー上級『消音空間サイレントフィールド』『暴風ストーム
  ー超級『???』
  水魔法Lv.10
  ー初級『水球ウォーターボール』『水弾ウォーターパレット』『水矢ウォーターアロー
  ー中級『水壁ウォーターウォール
  ー上級『???』
  ー超級『???』
  土魔法Lv.10
  ー初級『岩球ロックボール』『岩弾ロックパレット』『岩矢ロックアロー
  ー中級『土壁アースウォール
  ー上級『???』
  ー超級『???』
  光魔法Lv.10
  ー初級『回復ヒール』『解毒キュア』『光球ライト
  ー中級『上回復ハイヒール』『範囲回復エリアヒール』『聖域サンクチュアリ』『解呪ディスペル
  ー上級『最上回復エクストラヒール』『範囲上回復エリアハイヒール
  ー超級『???』
  闇魔法Lv.10
  ー初級『重力球グラビディボール
  ー中級『重力場グラビディエリア』『重力穴グラビディホール
  ー上級『???』
  ー超級『???』
  時空魔法Lv.10
  ー『空間付与』
  生活魔法
  複合魔法

 ※『???』はネタバレ回避のため。魔法が決まってないわけでは・・・(;´Д`)
 
 【スキル】
  鑑定Lv.10
  アイテムボックスLv.10
  武術Lv.10
  体術Lv.10
  物理耐性Lv.10
  魔法耐性Lv.10

 【加護】
  創造神の加護Lv.10
  生命神の加護Lv.10
  魔法神の加護Lv.10
  大地神の加護Lv.10
  武神の加護Lv.10
  技能神の加護Lv.10
  商業神の加護Lv.10


 どこから見てもやりすぎた感じだ。
 隠蔽で隠しているが、父上含め疑われてる。そのうち誤魔化すのも難しくなるだろう。
 成人まで隠しておけばいいと思ってたけど無理そうだな。
 今度、教会に行って神様たちと相談してみよう。

 部屋がノックされる。

「そろそろ夕飯の時間になります。マリア様、ジン様、アレク様もおかえりになってます」

 シルビアが呼びにきてくれた。

「うん。わかった。行くよ」

 起き上がり部屋を出て食堂へ向かう。
 食堂にはまだサラとレイネしかいなかった。
 少し時間が経ち、ガルム、第一夫人のマリア、長男のジン、次男のアレクが入ってきた。

「カインは初めてだな。長男のジンと次男のアレクだ」

 ガルムが紹介してくれる。

「ジンだ。学校では四年になるよ。赤ちゃんの時に会ったのが最後だったから大きくなったね」
 
「アレクだよ。学校では二年になる。カインのことは色々と聴いてるよ。これからよろしくね」

 二人とも笑顔で答えてくれる。

「カインです。少しの間ですがこちらでお世話になります」

 食事をしながら、今回叙勲されたこと、屋敷が与えられたことが伝えられた。五歳で叙爵されるなんてありえないことなのでみんな驚いていた。さすがに婚約のことは黙っていた。王家、公爵家が関係することなのでまだ言えない。

「じゃぁカインは屋敷が与えられたらそちらに住むのかな?」

「その予定です。人の手配も王家からしてもらえるとのことで」

「近くだったらすぐ会えるから安心だね」

 こうして初めて家族全員が集まって食事をしたのだった。 
 


しおりを挟む