トップ>小説>転生貴族の異世界冒険録〜自重を知らない神々の使徒〜
37 / 94
第二章 学園・冒険者編

第一話 冒険者登録

しおりを挟む
 カインは十歳になった。身長は百五十センチ程度まで伸び、銀髪を綺麗に揃え母親のサラに似てなかなかの美少年になっていた。
 
「やっと冒険者登録ができる」

 カインは一番の笑顔で呟いた。

「さっそく冒険者登録するんですね?」
 
 カインに声を掛けてきたのはシルビアだ。シルビアはかなり大人びてきた。
 産まれたときからついててくれて、十二歳からメイドとして働いてもう十年になる。
 
「うん。そうだねっ!楽しみにしてたんだ」

 革鎧を着て、剣を腰から下げる。

「気を付けてくださいね。誰にも負けるとは思いませんけど」

 シルビアは家の庭につくった訓練場で練習しているところを良くみていたので、カインの強さをよくわかっていた。最初のときは腰を抜かして驚いていたが。

「頑張ってくるよ!」

 カインはシルビアに手を振り敷地の門を潜って街中へ向かう。
 冒険者ギルドがあるのは外壁近くとなっている。
 倒した魔物の素材を王都の奥まで運ばれても困るので、どこの街でも外壁付近に設置されているのだ。
 街中を歩いていると、店や屋台が並んでおり賑やかな通りを抜けていく。
 途中で串焼きを一本買って食べながら歩いていった。
 冒険者ギルドは盾に剣をクロスさせた看板が目印となっており、どこの街でも共通になっている。
 メイン通りにギルドはあるので早々に見つけ、扉を開き中に入る。さすが王都のギルドなだけあり、グラシア領よりも大きな建物になっていた。
 受付が正面に十ほど並んでおりグラシア領より多く、左側の飲み処も賑やかになっていた。
 空いている受付の前に立ち順番を待つ。やはり並んでいる冒険者達は大人が多く、身体もしっかりとしている。

「お、坊主は冒険者登録に来たのかい? 頑張れよ」

 前に並んでいる赤髪の剣士らしき人が声を掛けてきた。

「はい! 十歳になったのでやっと冒険者登録できるようになったのできました」

 感じの良い人なので正直に答えた。

「そうかそうか、だからって無理はしないようにな、命は一つしかないんだからな」

 カインの頭を撫でて笑顔をむけたあとに、すぐに名前を呼ばれたみたいでカウンターへ向かっていってしまった。

「どこかで見たことあるような感じだなぁ」

 記憶のどこかで似た人を見た気がしたけど、順番が来たことでそのまま忘れ去った。
 受付の前に行くと、二十歳位の綺麗な人族女性が座っていた。冒険者ギルドの受付嬢は綺麗処が多いので有名だ。但し、デートに誘ってもほとんど乗ってこないと聞いていた。

「初めましてですね、冒険者ギルド王都本部です。今日はどのようなご要件で?」

 受付嬢は丁寧に対応してくれる。

「はい! 十歳になったので冒険者登録しにきました」

「では、この用紙に必要事項を記入してください。代筆はいりますか」

「文字は書けるので大丈夫です。ありがとう」

 そう言って、記入用紙を受け取った。
 子供に対しても、きちんとした対応をしてくれる受付嬢だ。

 名前はっと、カインでいっか。冒険者で貴族の名前名乗っても仕方ないし。
 名前のところにカインと書き、特技は剣技と魔法と書く。年齢はもちろん十歳だ。最低限しかかく必要がないみたいだ。

「出来ました。お願いします」

「はい、大丈夫です。それでは血を一滴この水晶につけてもらえますか。そうすることによって魔力がカードに登録されますので」

 カインは言われた通りに渡された針で指先を刺し血を水晶につける。水晶は一瞬光ったあとその下の装置からカードが一枚でてきた。鉄っぽい色をしたカードだ。

「これがギルドカードになります。魔力を込めると名前とランクが浮き上がります。ランクが上がることによって素材も変わってきますから頑張ってくださいね。最初はGからのスタートとなります。それでは冒険者についての説明は必要ですか」

「はい! お願いします」

 グラシア領にいた時にミリィとニーナに少し聞いたけど、細かくは聞いてないし。そういえば二人は元気にしているかな、今度、転移魔法で行ってみよう。

「冒険者にはランクがあり、Gからスタートになります。そこから最後はSSSまでがランクになります。SSSに関しては、今までで一人しかおりません。三百年前にこの国の初代国王であるユウヤ国王がなっただけになります。カードはGからFランクはアイアンカード、EからDランクはブロンズカード、CからBランクはシルバーカード、Aランクはゴールドカード、Sからは白金ミスリルカードになります。初代国王のSSSランクはブラックカードと言われています。昇格についてはギルド独自で判断しておりますので公表はしておりません」

 やっぱり勇者だと言われるだけ強いってことなんだなとカインは納得する。

「依頼については、通常依頼、指名依頼、緊急依頼の三種類があり一般的には通常依頼となります。但し、依頼者の指名がある場合ギルドで審査したあとに指名依頼としてだすこともあります。緊急依頼については、過去にあるのは魔物の氾濫などがあります。他国との戦争についてはギルドは中立になりますので各自の判断でお願いしています」
 
 受付嬢は丁寧に教えてくれる。

「通常依頼については入口右手の掲示板にランク毎に張り出されておりますので、剥がして受付までお持ちください。但し、常時依頼と書かれているものについては、依頼を受注せずとも納品してもらえれば達成とみなします。ゴブリンの討伐とかが主になってますね。あとはソロで受けられる場合とパーティで受けられる方がおります。パーティを組む場合はギルドにて登録してください。そうすることにより、ギルドポイントの査定が両者に加算されることになります。なお、冒険者同士の争いに関しては、基本的にギルドは感知いたしません。重大な犯罪等が関わる場合は関与いたしますが。説明は以上ですね、わからないことがありましたらいつでもお聞きください」

「お姉さん、ご丁寧にありがとうございます!」

 カインも丁寧に頭を下げてお礼を言った。
 まだ受付嬢の名前も知らなかったのでお姉さんになった。

「あ、失礼しました。王都本部で受付嬢をしているレティアといいます。よろしくお願いしますねカイン様」

「様付けなんてそんな・・・・・・まだ十歳ですし「くん」でお願いします」

「そうですか、ではカインくんこれからがんばってくださいね。命は大事にしてください」

 受付嬢のレティアさんは微笑んでくれる。

「はい!がんばります」

 カインは素直に笑顔で答えた。
 お互い笑顔でいたら、急に後ろから声がかかった。

「おいおいおい、いつから年下趣味になったんだ、レティア? こんなガキ相手にしてないで俺達の相手しろよ夜までたっぷり付き合ってやっから。それにしてもほんとガキだな。家の手伝いでもしてろよ。ここに来るのははえーよガキが」 

 レティアさんが急に嫌そうな顔に変わった。

 後ろを振り向くと、三人組のガラの悪い冒険者がいた。そのうちの一人がいきなり蹴りをカインに入れる。それを半歩ずれてそのままかわす。
 まさかいきなりテンプレ的なことに出くわすとは思ってなかった。さっきの赤髪の冒険者もいい人だったし。

「おい、こいつ一丁前にかわしやがったぜ。生意気だな、ちょっと教育が必要だよな」

 もう一人がいきなり殴りかかってくる。それも顔をずらしてかわす。ここまでやられたのだから
反撃を試みようと、拳を握り締める。

「おいっ!てめーら!何やってるんだ?? こんな子供相手に! そんなに相手して欲しいなら俺がやってやるよ?」

 振り向いた先には、さっき声をかけてくれた赤髪のお兄さんだ。

「げっ。氷炎ひょうえんのクロードだ」

 一人がそう呟いた。

「けっ、気分が削がれたぜ、もういいや、お前らいくぞ。クソガキも覚えておけ」

 そう言って、三人組がギルドから出て行った。
 カインは握り締めた拳を解いた。

「クロード様、ありがとうございます」

 受付嬢のレティアさんが赤髪のお兄さんにお礼を言った。

「クロードさん?ありがとうございます」

 カインも続けてお礼を言う。

「止めたのは、あいつらのためだよ。坊主、相当強いだろ?さっきの身のこなしを見てればわかる。名前はなんていうんだ?」

 さっき躱していたのを見られていたらしい。

「僕、カインっていいます。さっき言ってた『氷炎』って?」

「そうかそうか、俺はクロードだ、氷炎ってのはな、うちのパーティ名だ。嫁と二人で冒険者をしてるのよ。もう少ししたら嫁も来るから一杯付き合えや、あ、まだ子供だからジュースな!」

 そのままクロードはカインの肩を抱き、奥の飲み処に連れて行った。飲み物を頼んだあと、クロードが話しかけてくる。

「カイン、さっきも言ったけど、かなり鍛えてるだろ?動きに無駄がなかった。あれは相当やらねーとできない芸当だぞ」

 クロードが突っ込んでくる。

「小さい頃から訓練してましたし、冒険者の方の家庭教師もついてもらったことあるので」

 カインも素直に答える。

「そうかそうか、カインなら大きくなったら、かなりのランクまで上がれると思うから頑張れよ」

 そう言いながら、先ほどきた飲み物のジョッキをぶつけてくる。

「いい出会いに乾杯!」

 そう言って、ジョッキをあおった。
 もちろんカインに出てきたのはフルーツジュースだったが。
 クロードに冒険者の話を聞いてみたが、とても参考になることが多かった。パーティは二人組でクロードは炎を使う剣士で、奥さんが氷の魔術師ということらしい。それで氷炎と呼ばれるようになったこともあり、そのままパーティ名にしたとのことだ。しかもゴールドランクというのには驚いた。
 二人で話していると、急に後ろから声がかかった。

「いないと思ったらこんなところで、何してるの!!!しかもこんな子供捕まえて!!!」

 クロードの後ろに立っていたのは、胸あたりまで伸びた水色の髪を、後ろで結び白いローブを着た女性だった。

「おっ。リナ、やっときたな。カイン、嫁のリナだ!よろしくな」

 アルコールが入っているので、クロードは陽気だ。

「やっときたな!じゃないわよ。依頼見に来たのに何飲んでるのよっ!」

 それに比べて、リナは怒っている。
 カインは一度立ち、頭を下げる。

「カインです。さっき冒険者登録に来た時に、絡まれたところをクロードさんに助けてもらったんです。そして今まで冒険者話を聞かせてもらってました。すいません」

 カインはもう一度頭を下げる。

「ふーん。そんなことがあったのね。カインくんだっけ、どっかで聞いたことあったような……」

 リナは首を傾げて考えている。

「まぁいっか。ほれ、クロード!そろそろ行くわよ」

 そう言って、持っていた杖でクロードの頭を叩く。

「いてててっ。リナ勘弁してくれよー。それじゃー行くみたいだからカインまたなっ!」

 持っていたジョッキの中身を飲み尽くして、立ち上がった。

「ありがとうございました!」

 カインも元気よくクロードに声を掛ける。
 クロードは歩きながら後ろ姿のまま手を上げて依頼ボードのほうに歩いて行った。

「あ、僕も依頼見る予定だった」

 カインも残ったジュースを飲み尽くしてから依頼ボードに駆けていった。


 
◇===========================◇
 いつもご愛読ありがとうございます。
 いよいよ第二章が始まりました。第一章は序章なので書きたいことが書けないこともありましたが、これからは筆が進みそうです。(やっと冒険ができる!)
 これからも転生貴族の異世界冒険録をよろしくお願いします。

 




 


しおりを挟む