トップ>小説>攻略なんてしませんから!
7 / 24
紹介をしましょう。

新しいモフモフ?

しおりを挟む

 あまり王子様方をこの席に留め置く事も出来ないので、クッキーはちゃんと持ち歩けるようにラッピングしているものをお渡しした。でも、結局ケーキと、この席用に置いていたのは、しっかりとリモナイト殿下の頬袋に詰め込まれていた。

(伸びるなぁと思ってたけど、そうか、リモナイト殿下はリスか。なら可愛いのも仕方無い、今日から心の中ではリス王子だ)

 一人そんな事を考えていると、アイクお兄様が珍しく周りを見渡して首を傾げている。そんな、落ち着きの無いお兄様は初めて見る。

「アイクお兄様、どうなさったの?」
「ああ、友人が来て無くてね。今日は参加するって言ってたから、アリアにも紹介したかったんだけど」
「ご友人ですか…」
「こういった場が嫌いだって言ってるから、やっぱり逃げちゃったのかもね」

 友人を思い出しているのか口元に微笑みを浮かべて、優雅に紅茶を口にする。私と言えば、普段は仲良くしている令嬢友達は、今日は親の指令も入っているだろう、皇子様へのアピールに忙しそうなのを見かけたばかり。

(折角だから、中庭でも散策させて貰いましょうか)

「アイクお兄様、少し花を見てまいります」
「うん、気をつけてね」

 沢山の庭師が整備している王宮自慢の中庭に咲き誇る花々、温かい春の月には色取り取りの花が咲き乱れ、今日の令嬢達のドレスのように綺麗。だけど、私の目的はそれではなくて、お茶に使えそうな新しいハーブが入っていないかのチェックだ。
 背が低いので埋まってしまわないようにドレスの裾を持ち上げ、花を不要に踏まないようにと歩いていたら、目の前をちらつく白と黒の長いもの

(…尻尾?)

「なんで、こんな所に尻尾が生えてますの?」

 右へ左へとゆらゆら揺れている白黒の尻尾に合わせて、私の首も同じ様に揺れる。音をなるべく立てないようにと進んで行くと、其処に居たのは前世でも見た事のある、ホワイトタイガーの子供(大きさだけ言えばデカイ猫)が転がっていた。

 その時の衝撃は、まさに雷が落ちたよう。

 ゴロンゴロンと芝生の上に転がり、たまに口に自然と入ってくる草をあぐあぐと噛み締め、目の前を横切る小さな虫にじゃれて飛びつく。もふもふの手足にちらりと見えるピンク色の肉球まで確認出来たところで、私のリミットは切れました。

「か、かかかああわいい〜〜〜〜!!!」
「!?」

 私の声に尻尾がビクッっと驚きを表し、瞳の瞳孔が全開でまん丸の可愛い目がじっと私を見つめてくる。耳は警戒を示しているのか、ぺたんと寝ていてどうしようと戸惑っているのが目に見えて解る。

「え、ええ、何で中庭に?聖獣?でも違うよね、なんにしても可愛いもふもふー!」
「にゃああー!?」

 まさかホワイトタイガーも、女の子が飛び込んでくるなんて思わなかったのだろう。前世の私だって、肉食獣に飛び込んでいくような無謀な事はした事無いです。でもでも、この世界に来てからずっとモフモフ不足だったんだもん!お母様の身体が弱いのとラーヴァがまだ小さいので、屋敷で動物を飼う事が出来なかったんです。
 素早く捕まえて喉の下とか、撫で撫でしながらふわふわの毛並みに顔を埋めて、お日様のいい匂いのする毛皮を堪能しつつ、いつの間にかゴロゴロ聞こえて来る声に笑みを浮かべた。


「可愛い、何処から来たの?お名前なにかなー?瞳が綺麗なエメラルドグリーン!」
「うにゃああ〜ん」
「そっかそっか、これが気持ちいいのねー」
「ふみゃぁあん」

 膝に乗せて喉を擽りながら背を撫でて、擦り付けてくる額をまた撫でてと、しばし時を忘れて、私はその子をモフった。ええ、もう。モフりまくりましたとも!!猫科万歳!もうもう、大好きだ!勿論犬科も好きよ!!





 散々モフってモフってモフり捲くって、正気に返ったのは、戻りの遅い私を捜しに来たアイクお兄様から名前を呼ばれた時だった。

しおりを挟む