トップ>小説>攻略なんてしませんから!
10 / 39
紹介をしましょう。

素直が一番

しおりを挟む

「そんな所で何をしているんですか?王子殿下にご挨拶は、当然しているんでしょうね?」

 高めの可愛らしい、けれど厳しさを含んだ声が私達に投げかけられる。聞き覚えのある声に、アイクお兄様と私は眉を顰めて困ったように微笑みを浮かべ、ジャスパー様は憮然とした顔をする。一人キョトンとしているのは、未だにお菓子を頬一杯に頬張っているアズライト様だけ。

「久し振りだね、マウシット」
「お久し振りです、アイドクレーズ。このような場所で何を?」
「偶然友人と出会って話をしていただけだよ、ラズーラ殿下とリモナイト殿下にはご挨拶済みだしね」

 アイクお兄様の言葉に納得したのか、マウシット=カルシリカ様は銀フレームの細い眼鏡を軽く上げ、視線を私へと向けてくる。この凍えそうな視線、昔から目の敵にされているようで落ち着かない。ご本人は眼鏡キャラで結構好みなんですけどね、この方本当に厳しいんです。頭も良くて綺麗な顔をしてるし、笑ったら可愛いのになぁ…マウシット様

「アメーリア嬢、貴女は特にリモナイト殿下の近くに居るべきではないのですか?」
「お久し振りですわ、カルシリカ侯爵子息様。リモナイト殿下にはご挨拶を済ませておりますし、今日はラズーラ殿下もリモナイト殿下もお忙しいので、少し席を外させて頂いてますの」

(アイクお兄様がそう仰ってましたでしょう?)

 にっこりと微笑みを浮かべつつも、心の中では強調させて頂きます。普段は『まぁ、小さい子の言う事だし』と広い心で受け入れるけど、マウシット様は私をリス王子の餌係とでも思っているんだろうか?幾ら野菜を使ったお菓子だとしても、虫歯にだってなるしね。食べ過ぎ注意です。
 マウシット=カルシリカ侯爵子息は私と同じ歳の7歳で、この方も攻略対象です。青味のかかった銀髪に薄い青の瞳で、銀フレームの眼鏡をかけている。氷の貴公子と一部では言われているようですけど、本人は魔法適正は無く貴族科の首席になってました。

(もう一人のヒロインにしか笑った事無かったんじゃないか?アメーリアでの攻略スチルでは笑ったの少なかったもんなぁ)

 何気に一番攻略難しかったんじゃなかろうか?年上にも見えるけど、同じ歳。アイクお兄様を呼び捨てだけれど、同じ侯爵家の子息同士だもんね。今も腕に抱えているのは難しそうな本で、重くないのかな?と思ってしまうけど、それ持って殿下の傍には居れないと思うの。

「アメーリア嬢いつものアトランティ侯爵家のお菓子は?」
「先にリモナイト殿下にお渡ししましたわ」

 聞かれたことに答えたら、何故か哀しそうな顔をされてしまったのですが。私の所為?あれ?
 マウシット様が気にしていたのはお菓子、リモナイト殿下の傍使えというか、遊び相手として王城に上がっているマウシット様なら、きっと食べているでしょうね。

(なんだ、可愛いとこあるんじゃない)

「此方を、殿下にお願いしてもよろしいかしら?」
「はい?もう渡したのでは?」
「きっと一つでは少ないかと思いますので、宜しければマウシット様もご一緒に召し上がって下さいませ」

 クッキーの包みを二つ渡すと、無表情が張り付いていたマウシット様の顔に嬉しそうな笑みが浮かぶ。うんうん、子供は素直が一番ですよ。カルシリカ侯爵家に訪問するアイクお兄様が、手土産にはいつも私が作るおやつを選ぶのは、マウシット様の為だったんですね。
 ちらりとアイクお兄様を見ると、私の視線に気がついたのか微笑みを返してくれました。

(もしかして、私を見てたのって『お菓子寄越せ』だったりするのかも?)

「此方は、殿下へとお渡しさせて頂きます。ですが、アメーリア嬢も一度中庭に戻られた方がいいですよ」
「え?」
「聖獣を連れた貴族の娘が居ると、何やら騒ぎになっているそうです」
「聖獣?獣人の獣化ではなく?」
「はい、アイドクレーズなら知っているかもしれませんが、聖獣を連れている者は魔法の才に長けると言われています。今日は婚約者候補を見定める日ですから…」

 『聖獣』

 其の言葉を聞いた私は、アイクお兄様が止めるのを振り切って走り出していた。ゲームの公式では、私は学園に入学する前に聖獣と出会っていた。それなら、もう一人のヒロインにもその可能性はあるから。

(でも、もう一人のヒロインは、男爵家の令嬢だったはず。このお茶会には招待されてないと思ってた)


物語の登場人物に逢うのは驚かない、だけど、有り得ない事が起こるのはおかしい。ゲームを知っている私からすれば、ここは決められた世界かも知れないけど、現実でもあるんだから。


しおりを挟む