トップ>小説>勇者のその後〜地球に帰れなくなったので自分の為に異世界を住み良くしました〜
1 / 98

第1話 勇者、魔王を退治する

しおりを挟む
「これで終わりだ魔王ガルバラァァァァァァァーッ!!」

  俺は魔王の胸に聖剣を深々と突き刺す。

 「ゴフッ……まさか、この我が倒されるとは……見事だ勇者よ。貴様の偉業……王の名において称えようぞ」

  魔王が口から緑色の血を吐きながら俺を見つめる。

 「だが、その力が故に貴様はこれから絶望に襲われるであろう……」

  魔王はいかにもファンタジー物のラスボスみたいな台詞を吐く。
  あれだろ? 神話みたいに平和になったら王様達が英雄を恐れて毒殺とかするパターンだろ?

 「言われなくても、この戦いが終わったら俺は元の世界に帰るだけだ。お前の考えているような事にはならないさ」

  そう、俺は異世界人だ。
  この世界サフィールを襲う魔王を倒す為に召喚された勇者。
  只の日本人だった俺は、ある日突然この世界に召喚された。
  普通に考えれば一般人に魔王を退治する事なんて不可能だ。
  俺も最初はそう思った。
  けど違った。
  俺には力があった。
  正しくは、勇者として召喚された異世界人には力が与えられた、だ。
  勇者として召喚された者は神より超常の力を授かる。
  その言い伝え通り、俺はとんでもない力に目覚めた。
  ソレこそ漫画や神話に出てくるようなヒーロー同然の力だ。
  けど、俺はこの力に未練はない。
  いや、全く無いかと言われたら多少はあるさ。
  けどな……

「この世界にはさ、コンビニも水洗トイレもアフゾンもないんだよ」

 「……よく分からん」

  その言葉を遺言に、魔王ガルバラは崩れ落ちた。
  世界を破滅の危機に追いやった魔王とは思えないあっさりとした最後だ。

  これで世界は救われた訳だ。
  正直あっさりしすぎて拍子抜けだな。
  魔王の死と共に城が崩壊したりしないし、自分の命と引き換えに世界を破滅させる儀式を完成させたりもしなかった。
  それどころか勝利した俺を褒め称えたくらいだ。
  ここまで正々堂々としつつ、敵に敬意を表したヤツは人間魔族合わせてこの男くらいではなかっただろうか?

 「トウヤーッ!」

  などと考えていたら、決戦場となった玉座の間に誰かがやってくる。
  誰かというのは正しくないな。
  彼女達は俺の仲間だ。

 「よう、無事だったかエアリア、ミューラ、バルザック」

  ハーフエルフで魔法使いのエアリア、大地母神の神官ミューラ、最後に騎士バルザック、全員が世界有数の実力者であり俺をこれまで支えてくれた仲間。

 「これは……ここですさまじい戦いが繰り広げられたのですね」

  ミューラが綺麗な金髪を揺らしながら、もっと目立つ胸を揺らして、俺と魔王の戦いでボロボロになった玉座の間を驚きと共に眺める。
  むしろ俺としてはミューラの胸のほうがすさまじいです。
  俺を魔王の元に送る為に敵の足止めをしていた彼女はその聖なる衣装をボロボロにしており、パンツは半分見えているし、胸など今にも飛び出しそうな程布が破けていた。

 「どこ見てるのよ!!」

  エアリアが目ざとく俺の視線を察知してほっぺたを引っ張ってくる。

 「ひへへへへっ!!!」

  コイツは可愛いんだが、どうにも嫉妬深いみたいで他の女の子を見ているとすぐに機嫌を悪くするんだよな。
 あと本人の胸がささやかなのも理由のひとつだと思う。
 この世界エルフ系は胸がペッタンなのがデフォルトっぽい。

 「ははははっ、それだけスケベ心が出せるなら大丈夫そうだな」

  などと豪快に笑うのはチームのまとめ役バルザックだ。
  彼は俺達と比べて一回り年齢が上で美人の奥さんと子供までいる。
  バルザックとはこの世界に来てから一番長い付き合いだ。
  彼は俺を勇者として召喚した国の副騎士団長であり、俺の戦いの師匠でもあった。
  いくら俺がすごい力を持っていても戦い方が分からなければその力を発揮できない。
  けどその頃の世界は悠長に訓練をしている時間もなかった。
  だからバルザックが俺の護衛兼師匠として旅に同行してくれる事になったのだ。
  正直言ってバルザックには感謝してもし足りないほどだ。

 「それで、魔王を……倒した、のよね?」

  と、そこでエアリアが不安そうに聞いてくる。

 「ああ、魔王ガルバラは死んだよ。最後まで誇り高い戦士だった」

 「魔王がですか!?」

  ミューラが驚きの表情で俺に聞いてくる。
  確かに魔王といったら邪悪な存在ってのが相場だもんな。

 「ああ、戦いは正々堂々としてたし、卑怯な手段は一切使わなかった。それに最後は自分を倒した俺を褒め称えて息を引き取ったくらいだよ」

 「そう……ですか」

  腑に落ちないといった感じのミューラだが、実際に戦った俺の言葉ならと受け入れた。

  正直最後の不吉な発言が気になるが、ソレは言わなくて良いだろう。
  俺は地球に帰るのだから。

 「じゃあ、帰ろうか!」

  俺は不安をかき消すように、大きな声で宣言した。

  ◆

「良くぞ帰ってきた! 勇者トウヤよ!!」

 俺を迎えてくれたのは、豪奢な服を着た壮年の男性。
 つまりはこの国の王様だ。
 魔王を倒した俺達は転移魔法を使って俺を召喚した国へと帰ってきた。
 そして魔王の亡骸を門番の兵士に見せると大騒ぎになって謁見の間まで連れてこられた。
 魔王の軍勢との戦いで心労が溜まっていたのか、初めて出会った時よりも王様は痩せていた。
 だがその目には絶望はない、むしろあるのは希望の輝きだ。

 「……」

 「……」

  妙に静かだと思ったら、エアリアとミューラが緊張でガチガチに固まっていた。
  まぁ無理もないか。
  二人共途中からパーティに参加したから貴族とは無縁の生活だったからな。
  俺の時は召喚されてソレどころじゃなかったから気にならなかったけど。 

 「家臣からの報告で聞いたぞ。遂に憎き魔王を打ち倒したそうだな」

 「仲間の助けがあったればこそです」

  俺は膝を突いて陛下の言葉に返答する。
  この辺りの礼儀は旅の間にバルザックが教えてくれた。
  と言うより仕込まれた。
  旅の間に貴族達と関わる事もあるだろうから、連中に舐められないように最低限のマナーを覚えろって言われて。

 「ふははは! 謙虚じゃのう。だが今は誇ってよいのだぞ。何しろ魔王を倒したのだからな!」

  王様は大喜びだ。王様だけじゃない、大臣や護衛の騎士達も笑顔を見せている。
 疲れ果ててはいるものの、その表情は心から安らぎに満ちていた。
  この笑顔を見ればこれまでの苦しい戦いの日々も報われるってもんだ。

 「さぁ、今日は宴じゃ!! 備蓄の食糧も出して民にも振舞うが良い!!」

 「「「「おおぉぉぉぉぉぉぉ!!!!」」」」

  こうして、魔王を倒した事を国民に知らせる為の大宴会が行われた。

  ◆ 

 「がっはっはぁぁぁぁ!!」

 「ぐはははははっ!!」

  町のあちこちで酔っ払った男達がぐでんぐでんになってる。
  いや、男だけじゃない。女や子供も酒を飲んで道端で寝ていた。
 城下町は巨大な宴会場となっており、あちこちで飲めや歌えの大騒ぎになっていた。

 「うふふふぅ、私酔っ払っちゃったぁ」

 「じゃ、じゃあ俺が家まで送ってやるよ」

 「そんな事言って、私にイタズラする気なんでしょー」

  酔った女を介抱する名目で近づいた男をあっさりとかわす女。

 「でも良いわ! イタズラしても良いわよー! だって魔王が死んだんだもの! 死んだ夫も許してくれるわよー!」

 「イザベラ! 俺本気だぜ! 本気でお前が好きなんだよ! トムの分も俺が幸せにするからよ!」

  なんか良い感じに開放的になってるっぽい。
  俺も可愛い女の子をナンパしたらイケるかな? だって勇者だよ俺?
  うん、ちょっとナンパしに行こっと。

 「ちょっとー、どーこ行くのよぉぉぉ!」

  と、後ろから誰かが抱きついてきた。
  いや、誰かは分かるけどさ。

 「酔ってるなー」

  そう、エアリアだ。

 「ねぇトーヤァ、せっかく魔王を倒したんだからぁ、もっと楽しみましょうよ!」

  うん、だから今から楽しみに行こうとしたんだが。

 「だ・か・ら・私と楽しみましょぉぉぉぉ!!!」

  あ、うん、こりゃ駄目だ。
  俺はエアリアに引きずられてどことも知れない宿へと連れ込まれたのだった。
  あ、ちゃんと楽しい事は出来ましたよ。
  最後はゲロ臭い事になったけど。 

 ◆

 翌朝、目が覚めた俺は、隣で眠っているエアリアを起こさない様にベッドから出て服を着替える。
 着替えたのはどこか気取った仕立ての良い衣装。
 そう、地球の服だ。
 俺はこれから地球に帰る。
 だからこの世界で纏っていた戦う為の服はもう必要ない。
 準備が整った俺は音を立てずにドアを開け、宿を後にした。

 ◆

 やってきたのは懐かしい場所。
 石の床に石の壁、床には大きな魔法陣が描かれ、壁には銀の燭台がかけられていた。 
 そして燭台には独特の臭いがする蝋燭が灯っている。
 魔術効果を増幅する特殊な粉末が練りこまれた蝋燭だ。

「早かったな」

 声をかけてきたのはバルザックだ。
 今日は鎧を着ておらず、いかにも貴族然とした格好である。

「目が覚めちまったんでね」

「魔法使い達の準備は出来ている。いつでも元の世界に帰れるぞ」

「じゃあ早速頼むよ」

 俺は魔法陣の中央に入っていく。

「別れの挨拶は良いのか?」

「必要ない」

 そうだ、挨拶なんていらない。
 そんな事をしたら未練が残るからな。

「始めてくれ」

 魔法使い達が呪文を唱え始める。
 蝋燭の放つ独特の匂いが強まり、火の勢いが増す。
 床の魔法陣が淡く光を放ち、次第にその輝きを強める。
 儀式の間の中で高密度の魔力が満ち、俺の真上、部屋のちょうど中心に点が生まれた。
 点は少しずつ大きくなりやがて穴となる。
 穴はゆっくりと室内の魔力を飲み込み始め、その動きはまるで巨大な鯨が食事をしているかの様だ。
 初めてこの世界に召喚された日の事を思い出す。
 あの時も目の前にこの穴が現れたんだ。
 そしてとんでもない力で俺を吸い込んでこの世界へと飛ばした。
 あの時と比べて吸い込む力が薄いみたいだけど、まぁ自分で飛び込めば問題ないか。
 穴がだんだんと大きくなり、もう少しで俺がすっぽり入る大きさになる。
 その時飛び込めば俺は元の世界に帰れる。
 その時だった。

「トーヤ!!」

 儀式の間の扉を空けて誰かが入ってきた。
 エアリアだ。

「エアリア」

「馬鹿! 何で黙って行っちゃうのよ!!!」

 よほどあわてて着替えたのだろう。エアリアの服は裾がはみ出ていたりボタンを掛け違えていたりと少々はしたない事になっていた。

「わりぃ、未練が残らない様にと思ってさ」

「自分勝手な事言わないでよ馬鹿!」

 あー、うん、これは甘んじて受けよう。

「すまん」

「もっと、もっと居れば良いじゃない! 魔王は倒せたんだし、いつでも帰れるんでしょ!」

 まぁそれはそうなんだけどね。

「そうも行かないさ、俺はこの世界の人間じゃないんだ。魔王を倒した後、余計な混乱を招かない為にも帰らないといけないんだ」

 これは魔王とも話した内容だ。
 魔王を倒せる力を持った俺がこの世界に残れば、平和になった世界で人々は俺が第二の魔王になると考えるかもしれない。
 地球ですらそうだったんだ。
 ならこの世界でも同じにならない保障はない。

「馬鹿ぁ、何で自分ばっかり貧乏くじを引こうとするのよ。もっと良い目にあったっていいじゃない……」

 ははは、まぁ確かにな。
 魔王との会話がなければ、俺ももう少しだけこの世界に滞在していたかもしれない。

「そうだな、でも長居したら未練が残るしさ」

 平和になったこの世界、俺は英雄として多くの人にもてはやされるだろう。
 地球では絶対に得られない賞賛だ。
 けど、それを知ったら帰る気がなくなりそうだ。
 それはイカン。魔王の言葉通りになってしまう。

「それに、色々良い物も貰ってるからな。金銀財宝とかさ」

 そういって俺は懐のポケットから袋を出した。
 魔法の袋だ。
 説明する必要もないと思うが、ファンタジーゲームでお約束のいくらでもアイテムの入る袋である。
 ただこの世界ではめちゃくちゃ貴重な品らしく、俺も冒険の途中でようやく手に入れた物だ。
 で、この中にはこれまでの旅で手に入れた品と、ここに来る前に王様の使いに貰った財宝の数々が入っていた。
 世界を救った英雄には安い報酬かもしれないがと言われて渡された財宝だ。
 けど見た感じかなり価値がありそうなのでマジ一財産である。
 手に入れた理由を考えないとなぁ。
 
「私は未練にならないの!?」

 と、そこでエアリアから爆弾発言が飛んだ。
 周囲の魔法使い達が動揺して魔法の制御が一瞬不安定になったが、すぐに安定する。
 マジ制御に集中してください。

「ねぇ、私は貴方にとって只の仲間でしかなかったの!?」

 このタイミングで答えにくい事を……
 ほら、バルザックがニヤニヤしながらこっちを見てやがるじゃないか。

「あー、ソレはだな……」

「教えて! 未練を残したくないのなら私の未練も残さないで!」

 ぐっ、そう言われるとな。

「……俺は」

 仕方ない、未練になりそうだったから言わなかったけどこれで最後だ。
 言ってしまおう。

「俺はお前の事好きだぜ! 旅の間一緒にいて楽しかったからな!」

「っ!」

 瞬間、エアリアの顔が喜びで満ち、頬を朱に染める。
 そして感極まったのか、口元を手で覆い、目じりには涙が溢れる。

「俺は帰らなくちゃいけない……けど、お前と一緒にいた事は忘れない!」

「私も! 私も貴方の事忘れない! 絶対! 絶対忘れない! 貴方との思い出を一生大事にする!!」

 そう言って反射的に自分のお腹をさするエアリア。
 待て、その動作は何だ?

「貴方が最高の勇者様だった事をずっとずっと伝えていくわ! 貴方への思いを忘れない為に!」

 待って、誰に伝えるの?
 アレな関係になったのは昨夜が初めてでしてよ。

「あ、うん。宜しく」

 なんだこの返事。
 と、そこで遂に穴が広がりきった

「ともあれ、旅は苦しく辛かったけど、皆がいてくれたから諦める事はなかった。ありがとう」

「私もよ」

「バルザックも奥さんによろしく」

「ああ、本当は家内の作った料理を食べさせてやりたかったんだがな」

「ミューラにもよろしく。今度あったらオッパイ揉ませてくれって伝えておいてくれ」

 ここには居ない神官のミューラへの伝言を残す。

「ば! 馬鹿! エッチ! いやらしい事言ってないでさっさと帰りなさいよ!」

 エアリアが嫉妬と怒りで顔を真っ赤にして叫ぶ。

「ははは、じゃあな」

 俺は広がりきった穴に足を踏み入れた。

「さようなら! 絶対忘れないから!」

「向こうでも達者でな!」

 二人の声を聞きながら俺は穴の中へと入っていく。

「トーヤさぁーん!」

 穴に入りきる直前、聞きなれた声が耳に入ってきた。
 ちょうど今話をしていたミューラの声だ。
 だが残念。俺はもう穴に入ってしまった。
 言葉を交わす事はもう出来ない。
 全身が穴に浸る。
 まるで体中が掃除機に吸い込まれているような錯覚に陥る。
 どこまでも落ちていく感覚。
 次元をわたる感覚。

 ……が、突然消えた。

 目を開ければそこはさっきまで居た儀式の間だ。
 目に映るのはエアリア、バルザック、ミューラ、そして儀式を執り行っていた魔法使い達だ。

「あれ?」

 俺は困惑しつつも儀式を行っていた魔法使い達を見る。
 だが困惑しているのは彼らも同じだったらしく、仲間の魔法使い達となにやら慌てた様子で会話を始めた。

「えーと……」

 すごい居心地が悪い。
 だって別れの挨拶をした直後だよ。
 感動的な別れのシーンの後でバスに乗る時間を間違えたような気まずさだ。

「間に合わなかったみたいですね」

 そう言ってきたのはギリギリで儀式の間に飛び込んできたミューラだ。

「何か知っているのか?」

 ミューラはうなずく。
 そして魔法使い達も話が終わったのか俺の元へとやってきた。

「申し訳ありません勇者様」

「トーヤさんには申し訳ないんですが」

 彼女達は異口同音にこう言った。

「貴方は元の世界に帰る事はできなくなりました」
しおりを挟む