遠藤雅也

遠藤雅也

小説を書いております。 よかったら楽しんでいってください。
4
 関ヶ原の戦いで徳川家康に敗れた石田三成。  京都六条河原にて処刑された次の瞬間、彼は21世紀の日本に住む若い夫婦の子供になっていた。  しかし、三成の第二の人生は波乱の幕開けである。 「是非に及ばず」  転生して現代に生まれ出でた瞬間に、混乱極まって信長公の決め台詞をついつい口走ってしまった三成。  結果、母親や助産師など分娩室にいた全員が悲鳴を上げ、挙句は世間すらも騒がせることとなった。  そして、そんな事件から早5年――  石田三成こと『石家光成』も無事に幼稚園児となっていた。  右を見ても左を見ても、摩訶不思議なからくり道具がひしめく現代。  それらに心ときめかせながら、また、現世における新しい家族や幼稚園で知り合った幼い友人らと親交を深めながら、光成は現代社会を必死に生きる。  しかし、戦国の世とは違う現代の風習や人間関係の軋轢も甘くはない。  現代社会における光成の平和な生活は次第に脅かされ、幼稚園の仲間も苦しい状況へと追い込まれる。  大切な仲間を助けるため、そして大切な仲間との平和な生活を守るため。  光成は戦国の世の忌むべき力と共に、闘うことを決意した。
24hポイント 14pt
小説 14,432 位 / 59,000件 ファンタジー 3,575 位 / 19,065件
文字数 593,978 最終更新日 2018.05.25 登録日 2015.10.28
 せめて――転生するなら、せめて人間に生まれ変わりたかった。  勇者じゃなくてもいい。王族とか貴族じゃなくても全然構わない。  まさか魔族の国に住むヴァンパイアって。  毎月人間の生き血を補充しないといけないし、街に出れば他の魔族が人間を食らうおぞましい光景もしょっちゅう目に入ってくるし。  俺の価値観は東京に住んでいたサラリーマンのままだから、流石にきつすぎるわ。  でも、俺が新たに生まれ変わった国は人間の多くが奴隷だから、そういう食文化も公然と存在しているんだ。  と思ったら、隣の国では立場が逆になり、人間が支配者で魔族が奴隷らしい。  どういうこっちゃ?  もうさぁ……逃げろ逃げろ。  人間は全部隣の国に逃げちゃえよ。あと、隣の国にいる魔族もこっち逃げて来いよ。  それでなんとか解決できるんじゃねぇの?  だけど問題はなかなか複雑らしい。  隣国から我が国に渡り、自発的に奴隷になろうとする人間。その逆を行おうとする魔族。  奴隷っていっても富豪の執事とかになって優雅な暮らしの恩恵を受けている奴とか、有力大臣の秘書になったりした奴もいるらしい。  つまり、貧困から抜け出ようとするやつらが他国に渡り、一発逆転を狙えるのが『奴隷』だ。  奴隷っていうか、一種の『職業』だな。  挙句はヴァンパイアに血を吸われながらあの世に旅立ちたいという人間たち。  俺の住む屋敷にもそういう人間たちが定期的に補充されているけど、本人たち曰く、そういう死に方をすると天国に行けるんだと……。  宗教概念って怖ぇな。  とはいえ、俺の体は人間の血を欲するヴァンパイアだから、月一で行われるこの儀式だけは決して避けられねぇんだよなぁ。  うーん。ここは覚悟を決めるか……?  でも、そんなことに悩んでいる間に、その隣国と戦争だとさ。  ……って、俺も行くの?  まだ生まれて数週間だし、体も小学生ぐらいまでしか成長してないのに、俺行くの?
24hポイント 14pt
小説 14,432 位 / 59,000件 ファンタジー 3,575 位 / 19,065件
文字数 485,593 最終更新日 2017.06.13 登録日 2015.10.29
 関ヶ原の戦いで徳川家康に敗れた石田三成。  京都六条河原にて処刑された次の瞬間、彼は21世紀の日本に住む若い夫婦の子供になっていた。  しかし、三成の第二の人生は波乱の幕開けである。 「是非に及ばず」  転生して現代に生まれ出でた瞬間に、混乱極まって信長公の決め台詞をついつい口走ってしまった三成。  結果、母親や助産師など分娩室にいた全員が悲鳴を上げ、挙句は世間すらも騒がせることとなった。  そして、そんな事件から早5年――  石田三成こと『石家光成』も無事に幼稚園児となっていた。  右を見ても左を見ても、摩訶不思議なからくり道具がひしめく現代。  それらに心ときめかせながら、また、現世における新しい家族や幼稚園で知り合った幼い友人らと親交を深めながら、光成は現代社会を必死に生きる。  しかし、戦国の世とは違う現代の風習や人間関係の軋轢も甘くはない。  現代社会における光成の平和な生活は次第に脅かされ、幼稚園の仲間も苦しい状況へと追い込まれる。  大切な仲間を助けるため、そして大切な仲間との平和な生活を守るため。  光成は戦国の世の忌むべき力と共に、闘うことを決意した。
24hポイント 5pt
小説 2,340 位 / 19,513件 ファンタジー 838 位 / 7,568件
登録日 2017.08.11
 せめて――転生するなら、せめて人間に生まれ変わりたかった。  勇者じゃなくてもいい。王族とか貴族じゃなくても全然構わない。  まさか魔族の国に住むヴァンパイアって。  毎月人間の生き血を補充しないといけないし、街に出れば他の魔族が人間を食らうおぞましい光景もしょっちゅう目に入ってくるし。  俺の価値観は東京に住んでいたサラリーマンのままだから、流石にきつすぎるわ。  でも、俺が新たに生まれ変わった国は人間の多くが奴隷だから、そういう食文化も公然と存在しているんだ。  と思ったら、隣の国では立場が逆になり、人間が支配者で魔族が奴隷らしい。  どういうこっちゃ?  もうさぁ……逃げろ逃げろ。  人間は全部隣の国に逃げちゃえよ。あと、隣の国にいる魔族もこっち逃げて来いよ。  それでなんとか解決できるんじゃねぇの?  だけど問題はなかなか複雑らしい。  隣国から我が国に渡り、自発的に奴隷になろうとする人間。その逆を行おうとする魔族。  奴隷っていっても富豪の執事とかになって優雅な暮らしの恩恵を受けている奴とか、有力大臣の秘書になったりした奴もいるらしい。  つまり、貧困から抜け出ようとするやつらが他国に渡り、一発逆転を狙えるのが『奴隷』だ。  奴隷っていうか、一種の『職業』だな。  挙句はヴァンパイアに血を吸われながらあの世に旅立ちたいという人間たち。  俺の住む屋敷にもそういう人間たちが定期的に補充されているけど、本人たち曰く、そういう死に方をすると天国に行けるんだと……。  宗教概念って怖ぇな。  とはいえ、俺の体は人間の血を欲するヴァンパイアだから、月一で行われるこの儀式だけは決して避けられねぇんだよなぁ。  うーん。ここは覚悟を決めるか……?  でも、そんなことに悩んでいる間に、その隣国と戦争だとさ。  ……って、俺も行くの?  まだ生まれて数週間だし、体も小学生ぐらいまでしか成長してないのに、俺行くの?
24hポイント 2pt
小説 3,463 位 / 19,513件 ファンタジー 1,220 位 / 7,568件
登録日 2017.08.11
4