お月見サイダー

お月見サイダー

1
幼い時に母と父を亡くした少女。 ある日、彼女に降りかかった時間。 見慣れた場所が違う場所に居るような感覚に襲われる。 気付けば、彼女は桜が咲いた真下にいた。 自分の知らない場所に異世界召喚された彼女は 困惑。 そこに通りかかる深い群青色をした藍髪に黄色い眼をした女の子。 その女の子の正体は魔女だった。 事情を知った魔女は、彼女を弟子にすると決める。 「お前の名前ってなんて言うんだよ?」 魔女は彼女に聞く。 「私は火鳥。有明 火鳥」 彼女は、魔女に訴える。 春風が彼女らを柔らかく包む。 異世界生活のスタートを匂わせる、 甘い匂いがした。
24hポイント 7pt
小説 11,381 位 / 41,121件 ファンタジー 3,481 位 / 14,288件
文字数 6,383 最終更新日 2019.02.12 登録日 2019.02.11
1