2
“僕”が目を覚ますと、 そこは見覚えのない、寂れた神社だった。 ボロボロの大きな鳥居のふもとに寝かされていた“僕”は、 自分の名前も、ママとパパの名前も、住んでいたところも、 すっかり忘れてしまっていた。 日が沈み、暗くなっていく境内。 行く当てもなく、頼る人もいない, 迷子になった“僕”が泣きながら参道を歩いていると、 崩れかけた拝殿のほうから突然、“僕”に呼びかける声がした。 その声のほうを振り向くと…。 見知らぬ何処かに迷い込んだ、まだ小さな男の子が、 不思議な相方と一緒に協力して、小さな冒険をするお話です。 三日目が終了しました。次回更新は7月以降を予定しています。 ユウキが無事、お家に帰れますよう。 みなさま、温かい応援のほう、何卒よろしくお願い致します。
24hポイント 21pt
小説 3,593 位 / 17,634件 児童書・童話 11 位 / 370件
文字数 176,672 最終更新日 2017.06.17 登録日 2017.01.24
“僕”が目を覚ますと、 そこは見覚えのない、廃墟のようなうらぶれた神社だった。 ボロボロの大きな鳥居のふもとに寝かされていた“僕”は、 自分の名前も、ママとパパの名前も、住んでいたところも、 すっかり忘れてしまっていた。 日が沈み、暗くなっていく境内。 行く当てもなく、頼る人もいない, 迷子になった“僕”が泣きながら参道を歩いていると、 崩れかけた拝殿のほうから突然、“僕”に呼びかける声がした。 その声のほうを振り向くと…。 見知らぬ何処かに迷い込んだ、まだ小さな男の子が、 途中で出会った不思議な相方と一緒に協力して、 この状況から脱出するため、小さな冒険をする御話です。 木曜日と日曜日の午前0時、週2回くらいでゆるりと更新連載していく予定です。 イメージイラスト 追加しました→http://20142.mitemin.net/i226617/
24hポイント 0pt
小説 18,306 位 / 18,306件 児童書・童話 370 位 / 512件
2