2
片親で孤独だが、親友がいる小学生の女の子。 不思議な小人と二人の物語。二人が大人になった事を確かめる様に、消えていく小人の、最後の言葉は「僕は何時でも君達の心の中にいるよ」 ラストは、成人した主人公の結婚式、親友が思わず呟いた一言「あのポロが見ていたらな」、と、純白のウエディングドレスが七色に輝いていた。
24hポイント 0pt
小説 64,278 位 / 64,278件 現代文学 2,802 位 / 2,802件
文字数 2,573 最終更新日 2019.07.13 登録日 2019.07.13
単身、社内役員全員の不正に挑む。
24hポイント 0pt
小説 64,278 位 / 64,278件 現代文学 2,802 位 / 2,802件
文字数 4,837 最終更新日 2019.07.13 登録日 2019.07.13
2