柏雅れもん

柏雅れもん

1
BL 連載中 短編
蝶は種類によって冬の越し方が異なります。サナギとなって過ごすもの、幼虫で過ごすもの、成虫で過ごすもの、渡り鳥のように移動するもの、そして、卵で過ごすもの。この、卵で過ごす蝶は、夏になるとキラキラとした緑や青の美しい羽を持つことから、「森の宝石」と呼ばれています。 少年は、その奇怪な眼をもつことから周りの人間に気味悪がられていた。そのせいで、一人で過ごすことも多く、家の裏にある森で絵を描くことが唯一の趣味となっていた。いつものように絵を描いていた少年は、そこで見覚えの無い青年と出会う…… 奇怪な眼をもつ少年と森に突如現れた不思議な青年の夏の話。 (微BLなので、苦手な方は気をつけてください)
24hポイント 0pt
小説 60,881 位 / 60,881件 BL 5,229 位 / 5,229件
文字数 1,975 最終更新日 2019.09.17 登録日 2019.09.16
1