MIZAWA

MIZAWA

小説を読むことと書くことがとても大好きです。SFとファンタジーが好物です。よろしくです。
41 123
 沢山の神々達から力として宣託を受け継いだ人々はそれぞれの目的の為、それぞれの道を歩んでいく。  宣託を受け継ぎし者達は殺し合いをしたり、仲間になったりする。  世の中の戦乱が彼らの出現でパワーバランスが崩壊する。  沢山の人々は待っていたのだ宣託を受け継ぎし者達の事を、彼らは希望を運ぶのか、絶望を運ぶのか、それは当事者にしか分からない。  そんな時1人の泣き虫少年が立ち上がった。彼の中には眠れるもう1人がいた。  そのおかげで少年は2人の神々から宣託を受け継いだ。  泣き虫少年とサディスト少年の2つの心を持った少年。  彼は日本という国から転移してきた。  少年は15歳で戦い方も生き方も知らず奴隷商人に捕まるのだが、そんな時、沢山の人々の元に宣託が下りたのだ。  少年を宣託したのは雷神ゼウスと監獄ハデスであった。  世界はギガントバンにより沢山の異世界が融合していった。  神々に宣託された人々がいる世界を中立世界と呼び、  悪魔、天使、英雄に宣託された人々は中立世界ではないとされる。  世界は無限世界となり幻想戦記の時代が始まったのだ。  この戦争はいったい誰が止めるのか!?  人々は世界の真実に迫る。
24hポイント 242pt
小説 3,647 位 / 68,317件 ファンタジー 978 位 / 20,686件
文字数 15,072 最終更新日 2020.04.05 登録日 2020.03.28
 村から街にやって着た1人の少年がいた。  人生始めての冒険者になったリュウケンはその1人の少年であった。  リュウケンは4人の冒険者に一緒に冒険しないかと提案される。リュウケンはその人たちを追いかけたら、身包み剥がされてゴミダンジョンと呼ばれる場所に放りだされたのだ。  仲間のふりをしてリュウケンの荷物を奪った冒険者達はいなくなり、  リュウケンは地上に戻る為に崖を登ろうとするが無理であった。  沢山のゴミの隙間に、ゴミダンジョンの地下への入り口があった。  地上からゴミダンジョンに行く事は出来るが、  汚い場所と言われていた。  だがリュウケンが入ったゴミダンジョンは綺麗だった。  レベル100の化け物ばかりで、必死で逃げ続ける。  どこかの部屋にはサタンドラゴンと呼ばれる化け物がおり、  その強さは尋常じゃないものであった。  前世の記憶が蘇り、  テイマーとなったリュウケンはそのサタンドラゴンを手懐けてしまう。  サタンドラゴンの姿から人間のそれになると、  そこには絶世の美女だった。  しかもすごいおてんば娘だったのだ。  これは7人の美女と最強の予定の冒険者の話である。
24hポイント 2,001pt
小説 653 位 / 68,317件 ファンタジー 199 位 / 20,686件
文字数 56,040 最終更新日 2020.04.05 登録日 2020.03.28
 獅子沢 博介(ししさわひろすけ)は派遣切りにあってしまい、無職となっていた。  そんな時に手稲にある実家から呼び出しを受けて帰省すると父親が亡くなっていた。  不思議と悲しくならなかった。父親と母親はリサイクルショップを経営しており、現在は母親だけでなんとか経営している。  しかし、父親の遺書には博介がリサイクルショップの店長に任命すると書かれてある。  ちょうど無職なので父親の跡を引き継ぐのだが、  リサイクルショップには開かずの扉があった。どんなに力を加えても開かないその扉は、ある振動とともに開かれた。  そこに繋がっていた場所は異世界であった。  異世界で山奥のほうにある場所だとわかり、滅びかけた村を見つけた。  そこでは栄養失調と餓死者で苦しむ人々がいた。  博介はリサイクルショップで使用されている売れ残りの家具などを持っていくことに、  間違って電気がないと動かない携帯ゲーム機などを持っていくと。  なんと起動したのだ。どうやら異世界に充満するエネルギーが電子機器を動かしていることを知り、村の村長であるネンネとともに、村開拓を始める。  リサイクルの品をもってくる博介に村人たちは薬草や鉱石などをお金のかわりに提供する。  それを博介は現実世界に戻って、薬草を使用すると、なんと傷が魔法のように消滅するではないか、  弟の林助がそういった謎のものを売るお店をやっており、  林助とタッグを組んで、ぼろ儲けを企む、沢山のお金を稼いだら、リサイクル品を沢山仕入れて、また村に持っていく、これはリサイクルショップの交易物語である。  あと交易の品を奪おうともくろむ山賊や、  なんとか交易村と交易したい王国の王様や、  山の向こうから侵略してくる魔族など。  色々な要素がまざっている物語である。 ※カクヨムにて掲載しています ※小説家になろうにて掲載しています ※エブリスタにても掲載しています
24hポイント 342pt
小説 2,696 位 / 68,317件 ファンタジー 694 位 / 20,686件
文字数 244,968 最終更新日 2020.04.05 登録日 2020.02.09
 異世界に召喚されたのは俺と最強な姉ちゃんこと梨子と、賢すぎる妹奈々子だった。  姉ちゃんは最強な戦乙女になり、  妹は賢すぎる賢者になった。  だが2人に挟まれて俺は普通の創造師となってしまったのだが、  創造師ができることは、いろいろなものを創造することで、   スキルアップは地味すぎることで有名、  ただひたすらいろいろなものを作るということだった。  異世界で姉ちゃんと妹はみんなから一目おかれ、  俺はというと、残念な中間のノーマルなイサオと呼ばれるようになる。  俺の名前は功とよび、  この物語は、2人の異常な姉と妹に囲まれた悲しすぎる俺の話である。 ※小説家になろう、エブリスタ、カクヨムにも掲載しております※
24hポイント 7pt
小説 18,686 位 / 68,317件 ファンタジー 4,530 位 / 20,686件
文字数 172,695 最終更新日 2020.03.29 登録日 2019.04.11
 最弱で貴族の勇者ユウゾウは沢山の人々に馬鹿にされて魔王を倒す旅に出かける。  勇者には額にツノが出現すると言われてきた。ユウゾウの額には青いツノが出現したのだ。  旅をして行く中で戦士と魔法使いと僧侶と騎士を仲間にした。  みんなユウゾウを家族のように扱ってくれる。  彼らは沢山の試練を乗り越え魔王城に到達した。  魔王の間には信じられない事に30名の魔王がいたのだ。  勇者達は逃げる事を選択するも仲間が1人また1人と倒れていく中。  魔王達がゲラゲラ笑った。仲間に突き飛ばされ崖から落ちた勇者であったが、  何とそこには未知の異空間があり、勇者ユウゾウは異空間へと飛ばされた。    そこでは神々と英雄達が殺し合いを続けていた。  殺されても蘇るその場所には白い翼を生やした神様がいたのだから!    神様は告げる「ようこそヴァルハラへ、あなたはここで強くなるのです」  それから勇者ユウゾウはヴァルハラにて最強を目指し馬鹿にしてきた人々と魔王達を見返す為に殺し合いに混ざる事となった。  数千回死んで最強の力を手に入れた勇者ユウゾウは立ち上がる。  異空間の出口はユウゾウの村であった。  魔王との戦争から1か月が経とうとしていた。  最弱から最強の勇者の成り上がり物語! ※カクヨムにても掲載しています
24hポイント 14pt
小説 15,891 位 / 68,317件 ファンタジー 3,536 位 / 20,686件
文字数 69,154 最終更新日 2020.03.22 登録日 2020.03.15
 おっさんはゴリラパンチにより死んでしまった。  彼には動物と話せる訳ではなく、動物が何を求めているのかを理解する力があった。  ゴリラパンチを食らったのはおっさんが知らない通りすがりの人を守ったからだった。   おっさんを殺したのは動物園から逃げ出したゴリラだった。  おっさんは異世界の草原で目を覚ました。  近くには風の精霊シルフがいた。  草原の近くには誰も住まなくなった街があった。    おっさんは町長の家を借りる事にした。なぜか尻ポケットには分厚い日記とペンがあった。  その日から日記をつけ始める。それはモンスターの精霊のシルフについてだった。  今日1日で理解した事を書いていく。  その日から出会うモンスターの観察日記をつけ始めた。  次から次へとモンスター達が集まってきて、彼らの悩みを解決させ、モンスタータウンの一員にしていくというもの、  そして彼らはモンスタータウンと成り果てた街に住むようになる。  果たしてこの世界にはおっさん以外の人間はいるのだろうか?  そしてここはどこなのか? 謎が謎を呼ぶ。おっさんのモンスター日記物語の始まりだ。
24hポイント 0pt
小説 68,317 位 / 68,317件 ファンタジー 20,686 位 / 20,686件
文字数 24,169 最終更新日 2020.03.22 登録日 2020.03.17
 2030年の日本である高校生がいた。  彼はごく普通のがり勉少年であった。大学の試験も受かり、  時間ができたので発売したてのVRMMOをプレイする事に、  そのゲームの名前はユニバーサル・コスモ・スペースオンラインであった。  このゲームは壮大な宇宙で冒険していくゲームであった。  パーティーを組んだり、クランに所属したり、またはクランを創設したりすることが出来るゲームで、無限大の可能性を秘めている。  宇宙船はアカウントを製作すると貰えるシステムになっており、惑星は沢山あり、そこには沢山の素材があったりする。もちろんNPCが住んでいる惑星や衛星、または宇宙ステーションがある。  時には宇宙船同士での戦いや惑星内での戦争、惑星によっては文明レベルが違うので、剣が発達した場所、または銃が発達した場所など、クエストなどが沢山存在している。  その世界にがり勉の少年は入ったのだ。  彼のゲームプレイ名をザランクと呼んだ。  ザランクは惑星を開拓して、未来の海賊団の基地を作ろうとしていた。  このゲームは惑星を購入して開拓することも出来る。    ザランクは宇宙船を海賊船に改造して宇宙一な海賊団を夢見て冒険しようと準備を始める前にログアウトするつもりが、  なんとログアウト不能になってしまった。  そんな時ネルネルと呼ばれるエルフ美女と出会ってしまったのだ。  この世界では種族を選ぶことが出来る。しかしネカマとかネナベとかはすることはできず、  VRギアによってDNAを探知され、顔や性別が強制的に決まる。  この物語はザランクのスローライフ冒険物語である。 ※カクヨムにても掲載しています
24hポイント 0pt
小説 68,317 位 / 68,317件 ファンタジー 20,686 位 / 20,686件
文字数 55,297 最終更新日 2020.03.13 登録日 2020.02.21
図書館長のおっさんはいつも通り本を整理していた。突如地震により押し潰されて死ぬはずが、異世界に転移していた。巨大移動図書館(ライブラリ)のコア精霊としての生活が始まる。  先代のコア精霊は知力が枯渇して死亡した。  コアの中にいる時は一冊でも多く本を集めたり読んだり、色々と経験をしたりしないと死ぬのだ。  ここは巨大移動図書館、出会いも別れも沢山ある。  ここは魔王の力で文明が滅びかけている世界なのだ。  ここでの巨大移動図書館とはシェルターの代わりだ。    現在のライブラリ人口は1人とされている。  精霊コアが死ぬ事で沢山の住民がいなくなったのだ。  人々は貴重な本を片っ端から盗んでいった。  ほぼすべての本が盗まれ、残った本は数冊。転移してきたおっさんの知力は桁はずれであり、知力枯渇でライブラリが滅ぶ事はないが、本不足でライブラリが滅ぶ事はある。  図書館にとって本とは餌そのものである。  本に宿る何かを図書館そのものが食べているのだ。  精霊コアがなくなると、畑や加工物の工場などが動かなくなる。  ナーシアと呼ばれる館長がいる。サディストの主との出会いは、沢山の運命を引き寄せた。  果てしなく魔王が滅ぼした文明をライブラリが歩き続け沢山の人々を助ける。そして彼らに本の良さを分かってもらう。  文明が滅ぶという事は知識も滅ぶ事なので、本離れしてしまった人々に本を好きになってもらう為、  ライブラリの知力をあげ本を集めて、みんなをハッピーにする為のおっさん精霊が奮闘する物語。
24hポイント 7pt
小説 18,686 位 / 68,317件 ファンタジー 4,530 位 / 20,686件
文字数 24,964 最終更新日 2020.03.01 登録日 2020.02.24
 子供の頃からピエロトはピエロになりたかった。  沢山の子供たちがカードゲームやテレビゲームに嵌っていた時、ピエロトだけはサーカス団の中に入ってピエロについて勉強してきた。  両親はそんなピエロトがピエロ好きでとても嬉しそうだった。  両親はサーカスで出会った。  だから自分の名前にはピエロと付けた。  最後にトをつけたのは、  ピエロトと誰かが付き合ってくれないかという願いだった。  そしてそんな子供は青年になるとザ・ピエロと呼ばれるくらいに有名になった。    18歳のピエロトは観客にキャーキャー言われながら、面白い行動をして見せる。  赤い鼻と緑と青のまざったパーマのような髪の毛、これは桂ではない、  沢山の歓声、  思いっきりジャンプしたのだが、  肝心な事を忘れていた。  そこには安全道具であるネットがなく、  ピエロトはそのまま落下して頭をぐしゃりとつぶすはずだった。  そのままどこかに飛ばされたのだから。  これはピエロトが異世界サーカス団と仕事をする話だ。
24hポイント 0pt
小説 68,317 位 / 68,317件 ファンタジー 20,686 位 / 20,686件
文字数 47,759 最終更新日 2020.02.23 登録日 2020.02.08
 父親と母親に捨てられたジェイボックスは人間と魔族のハーフであった。  孤児院では彼は差別を受けて生きてきた。しかしジェイボックスはネガティブにはならず、いつもポンコツのような考え方をしてポジティブに生きてきた。  そんなジェイボックスは孤児院長に本を読んだらどうかと勧められる。  本を読むようになってから世界が変わる。そして召喚契約の本を見つけると、   その呪文を唱えた。  そして召喚されたのは!  一方そのころ勇者軍と魔王軍が戦争をしていた。  どちらかの勝利によって全ての生き物たちの運命が決まる時だった。  その時だ勇者と魔王の頭上に魔法陣が出現した。  そして勇者と魔王は突如戦場から消滅したのだ。  ポンコツのジェイボックスは召喚契約に成功する。   それはミニチュアサイズの勇者と魔王だった。  そう、勇者と魔王はポンコツ少年に召喚させられてしまい、  召喚獣として扱われることとなるのだ。  これはジェイボックスと召喚獣の勇者と魔王の話である。 ※カクヨムにても掲載しています
24hポイント 0pt
小説 68,317 位 / 68,317件 ファンタジー 20,686 位 / 20,686件
文字数 18,852 最終更新日 2020.02.20 登録日 2020.02.19
恋愛 連載中 長編 R15
 蝙蝠頭 夕夜(こうもりがしら ゆうや)は北海道の宮の沢にて普通に暮らしていた。  両親が吸血鬼の王族であり、両親は旅にでることを許してくれて、  ユウヤは北海道のゲートを見に行くために旅行を始めた。  ゲートは洞爺湖の島にあり、  それは1000年前に出現したとされる。  そこから沢山の異種族が現れて戦争になったと、祖父に教えてもらった。    ゲートの近くまでやってくる。  すると突如作動する。鼓動のような音を聞き、  後ろからは沢山の宇宙船がやってきていた。     ゲートから出てきたのは1人の人間、  ユウヤはその美女を見て一瞬で恋に落ちる。  沢山の船が彼女を攻撃しようとする  ユウヤはそれを止めないとと考えた  吸血鬼が恋をした女性は水の魔法を使う魔法使いだった。  その魔法で船を撃退してしまった。  これは吸血鬼と最強姫との恋愛物語である。
24hポイント 0pt
小説 68,317 位 / 68,317件 恋愛 17,548 位 / 17,548件
文字数 20,243 最終更新日 2020.02.18 登録日 2020.02.12
 あらゆる武術を制覇した。少林寺拳法、太極拳、狼拳、空手、柔道、剣道、弓道、カポエラー、暗殺拳、カンフー、そのほかにも世に知られていない無数の武術を制覇した男の名をミニーと呼んだ。  人類最強のミニーさんと言えば人々はモーゼの滝のように道を作ってくれる。  ミニーさんは神様の目の前でこの学んだ武術を応用できる最高な世界に転生させてくれと頼んだ。  すると神様は笑いを堪えながら、ある場所に転生させてくれる。その世界の名前はヴィレニアムワールドと呼ばれる世界で、  その中でも108個の国が戦争をしている場所に転生させてくれたのだ。  ミニーさんはあまりのうれしさに神様にお礼をして蘇る。  まさか神様がミニーさんを赤ちゃんに転生させるとは、  普通に考えたら、赤ちゃんから転生するのは当たり前だった。    しかしミニーさんは川をどんぶらこーどんぶらこーと流され、  お爺さんとお婆さんが拾って世話してくれると思ったら。  みんなミニーさんをスルーして、ミニーさんは怒りの慟哭をあげながら、  到達した岸で戦争が始まっていた。    ミニーさんは立ち上がり、誕生して流されて、立ち上がってとめちゃくちゃな成長ぶりを見せるミニーさんは、赤ちゃんなのに兵士を平気で殺すと、赤ちゃんが戦場に立ち上がる。    そして赤子無双が始まったのであった。 ※ノベルバ、カクヨムにても掲載しています。
24hポイント 7pt
小説 18,686 位 / 68,317件 ファンタジー 4,530 位 / 20,686件
文字数 52,443 最終更新日 2020.02.08 登録日 2020.01.18
 マジックキャッスルに住んで1300年が経過した。来る日も来る日も修行と研究の毎日  いつかアモス大賢者となるまでに上り詰めていく。  アモス大賢者はある時にある事に気づいてしまう。  自分自身が強くなりすぎて死ぬことが出来なくなってしまったことに、  周りの友達が次から次へと死んでいく中、  アモス大賢者は自殺をし始める。  ありとあらゆる自殺を試みるも死ぬことが出来ない。  アモス大賢者は最終手段をとることとする。  趣味でマジックキャッスルを育て続けていたので、  ありとあらゆる地区にて、マジックキャッスルを攻略してアモス大賢者を殺すことを世界地区にお願いすることになった。  これは死にたがりの大賢者が自分を殺してくれる冒険者を待つ話である。  そして【マジックキャッスル】は【アモスの大迷宮】という名前に変え、  アモス大賢者は若かりし頃の分身をつくり女勇者のパーティーメンバーを鍛え、  最終的には自分自身を倒させるつもりであった。 ※カクヨムにても掲載しております ※エブリスタにても掲載しています
24hポイント 0pt
小説 68,317 位 / 68,317件 ファンタジー 20,686 位 / 20,686件
文字数 84,488 最終更新日 2020.02.04 登録日 2020.01.03
 日本の手稲山にて遺跡が発見された。  それと同時期に世界各地で存在していない遺跡が次から次へと発見されていく、  その遺跡には巨大な古代兵器が見つかった。      遺跡が発見されると同時に、宇宙からの侵略者がやってくる。  ある考古学者が遺跡の言葉について解読を開始する。  それでわかったこと、  それは地球が他の惑星を食べ始めるという驚愕の真実だった。  惑星は宇宙の法則をねじまげて、  まるで巨大な金魚のように、  宇宙という海を渡りだすのだ。  それはなんのためか?  他の惑星を食らうためだ。  そして1つの大惑星が動きだす。  それが闇の惑星と呼ばれているもので、   闇の惑星とは?  謎が謎を生み出す惑星たちの戦いが開始される。  始まりは地球だ。  それに巻き込まれるたくさんの未知なる惑星たち、  惑星が惑星を侵略し、惑星が惑星と同盟を結び、惑星が惑星を裏切る。  たくさんの人々が死んでいく。  これこそが、宇宙大戦となるわけだ。 ※ この小説は、もともとTEN WORLD WARという名前で書こうとしていましたが、また作り直すことにしました。本当に読者のかたには申し訳ありません、まえの作品の登場人物たちもしっかりあとのほうで出てきます。どうかよろしくお願いします※ ※この作品は小説家になろう、エブリスタ、カクヨムにも掲載しております!※
24hポイント 0pt
小説 68,317 位 / 68,317件 ファンタジー 20,686 位 / 20,686件
文字数 78,177 最終更新日 2020.01.27 登録日 2019.05.12
 どこにでもいる普通の高校生【澤島アギト】は、その日もいつも通りに高校に通おうとしていた。アギトはどこにでもいる高校生に見えるが、実はそうではない、    彼はすべての人間と仲良くなることを夢見ているし実行に移している。  優等生、不良、先生、悪人、詐欺師、などなど多種多様な人と接触して、多種多様な人を救ってあげたい。  それが自分の不幸になろうとしていても、  アギトには被害者と加害者が同じに見える。  アギトはすべてを平等に見ているわけではなくて、  ただいろいろな人のために生きると、父親に誓ったのだ。  父親はお人よしで沢山騙されようと、にこにこしている変わり物だった。  母親はとてつもなく怒りっぽかった。  そんな父親を目標に、  すべての話を聞くというスタイルで、  澤島アギトは無人島国家に転移したのであった。  それは唐突に、  その日の空は皆既日食が表れていた。  アギトは善と悪の国家を作れるのだろうか?  これは平和な国を作ろうとしたら、なぜか最強たちが集まる武装国家になってしまったという話である。 ※カクヨムにて掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 68,317 位 / 68,317件 ファンタジー 20,686 位 / 20,686件
文字数 28,487 最終更新日 2020.01.24 登録日 2020.01.17
 現実世界日本にて、危険なヒーローがいた。彼は悪人を見つけると殺してしまう、しかも生命の命が大事だと言って食べてしまう、日本中を震撼させた最悪ヒーローの誕生であった。しかしそんな彼も死んでしまうこととなった。彼は異世界に転生することとなった。    しかも神様により記憶を封印されてしまい、  10歳まで異世界にて普通に暮らしていた。  しかし両親を強盗団に殺されてしまう。  運よく生き延びた彼は、長老に弟子入りすることに、  そのころからこの国の状態に疑問を抱き始める。  差別、奴隷、服従、強制、ウェルノーマ王国では当たり前なことだった。  長老は実は高貴な身分であり、  裏切られたと思った主人公は狼人間になってしまう、    それにより現世の記憶も狼としての記憶もよみがえる。  すべてを悟る。両親は狼人間で、実は強盗団は長老の差し金のようだと。  怒りに怒りをぶちまけるも、人間たちは狼人間を毛皮の材料としか見ておらず、  主人公は鉱山に送られる。  一週間に一度毛皮を剥ぎ取られて、また再生する。  そういう暮らしの中、絶望の中、  主人公は出会ってしまうウルフキングに!!
24hポイント 0pt
小説 68,317 位 / 68,317件 ファンタジー 20,686 位 / 20,686件
文字数 27,872 最終更新日 2020.01.23 登録日 2020.01.12
 異世界イルスベンサーはごく普通の沢山ある異世界の1つであった。  そこでは沢山の人々が色々な世界から召喚されたり、逆に召喚させられたりしていた。  これは異世界の中のベンサム王国にいる1人の少年のレベルオーバーの物語である。  その少年の名前はアスガ、彼はレベルを認識することのできないレベルオーバーとして認められていた。彼のレベルオーバーとしての力はデュラハンとしての力に目覚めていることでもあった。  アスガは自分がレベルオーバーだと知ってから、モンスターを殺すことをしなくなり、  ボスにしか眼をつけなくなる。  いつしか【冠破壊】と呼ばれるようになり、  彼はいつもニコニコ笑っており、  緑色の髪の毛から【喜悦に微笑む緑のデュラハン】と呼ばれるようになっていく。    彼はデュラハンで唯一の首との結合を果たしているため、  普通とは違うが一応分離することもできる。  よくドジなことをしてしまい首と体をばらすこともある。  そんな彼に1人の幼女の奴隷がやってくる。  その幼女の奴隷は実は!?  さらに幼馴染が勇者に目覚めてしまったり、  どたばたラブコメディーみたいなそんでもって色々と詰め込んだ物語になっております。 ※毎日は投稿できないかもしれないですが、よろしくお願いします。 ※エブリスタにても掲載しております。
24hポイント 0pt
小説 68,317 位 / 68,317件 ファンタジー 20,686 位 / 20,686件
文字数 24,550 最終更新日 2019.11.14 登録日 2019.11.01
 2年A組には31名の生徒たちがいた。  しかし2学期の始まりの時、そこには30名しかおらず、  最後の1名は10名の生徒たちにいじめられて、行方不明となっている。  10名以外のクラスメイトたちもいじめられている1名のクラスメイトのことを無視していた。  2学期が始まった時、生徒たちはげらげら笑って、この日も先生をからかおうと思っていた。しかしその先生はピエロの姿でやってくると、生徒たちに向かってげらげら笑いだし。 「君たちは今日から賞金がかけられられました。日本中の賞金稼ぎから逃げてください、詳しいことは1人1人に箱を配るので、ちゃんとルールを見るように、アディオス」  そういって先生の体が吹き飛び、まるで紙風船のようだった。  生徒たちは悲鳴をあげて、何が起きているか理解不能となり、  生徒会長は先生が持ってきた箱、自分の名前がついている箱をもってきて、開けると、  そこにはルールが書かれてあった。  ルール1 クラスメイト以外の人を殺すと腕輪が爆発する。  ルール2 腕輪をつけてもつけなくてもいいが、つけたほうが逃げるのに便利な特殊能力をつけられる。つけると死なないと外せない、それが腕を切断するか。  ルール3 君たちがいじめてきたあの子を見つけて殺すと、このゲームが終了する。そして君たちが全滅したら、あの子の勝利となる。  ルール4 賞金の値段は日本中のネットユーザーに流されているので、色々な暗殺者、が狙ってくる。すべてを信用するな。以上、先生からの呟き。  彼らに与えられたのは一個の腕輪、それはまるで魔法の力のようであり、  かくして2年A組の命がけのサバイバルゲームが始まった。 ※エブリスタにても掲載しております
24hポイント 0pt
小説 68,317 位 / 68,317件 ファンタジー 20,686 位 / 20,686件
文字数 21,876 最終更新日 2019.11.09 登録日 2019.11.01
源忠博(みなもと ただひろ)は動物が大好き、動物を見るだけで調子が良いか悪いかを判断できる。 彼は高校生でありながら動物園でアルバイトをしている。 そんな時、動物園の崖から鶏が落下しそうになっているのを助けようとして、忠博も落下する。 目が覚めるとぼろぼろの神殿の中で、 周りには老若男女それぞれがいた。 彼らの目は輝き、神父が「お主は村人じゃ」 その神父の発言で老若男女の態度が最悪の方向へと変更され、 実は彼らは勇者が来ることを願っていた。 忠博は村から入れさせてもらえず 森の中で自分の力を知る。それはモンスターの言葉を理解することだった。 ゴブリン達と友達になる。 そんななか村は飢えて苦しみ、 忠博は虐められていたことを忘れてしまったかのように、 村人にとって救世主のような働きをするのだ。 いつかモンスターと暮らせるマイハウスを作るのを夢見て。 救世主としての働きがモンスター図鑑とモンスターキングになる夢を開花させることとなる。 ※小説家になろうでも掲載しております ※エブリスタでも掲載しております ※ノベルバ、カクヨムにても掲載しています
24hポイント 14pt
小説 15,891 位 / 68,317件 ファンタジー 3,536 位 / 20,686件
文字数 91,263 最終更新日 2019.09.22 登録日 2019.08.20
 12個の星座の国がある1つの惑星にダイブすることができる。  その惑星は人口AIアースが娯楽用として作り上げた仮想の惑星だ。    プレイヤーはVRMMOの世界で冒険、商売、コレクション、戦争、殺人、農家、ありとあらゆるplayが可能とされているのが、カラフルコンストレイションオンラインの楽しむべきポイントでもあるが、  この仮想世界では12個の国が存在している。  それを黄道十二星座と呼ばれ  牡羊座=眠りの国  牡牛座=暴れる国  双子座=探求の国  蟹座=剣士の国  獅子座=超人の国  乙女座=魅力と魔法の国  天秤座=賭博の国  蠍座=忍の国  射手座=狙撃の国  山羊座=傭兵の国  水瓶座=運搬の国  魚座=泳ぎの国 12個の国があり、プレイヤーは自分のやりたいようにプレイすることができる。  やりたいようにプレイすると、プレイヤーネームにカラフルな色がつくようになる。  その色は無数にあるとされるが、大まかな色は、  ブループレイヤー=信頼  レッドプレイヤー=殺人  イエロープレイヤー=魔術  グリーンプレイヤー=酪農  オレンジプレイヤー=商売 インディゴプレイヤー=死  パープルプレイヤー=絶望  このような色がプレイヤーの行動次第で名前に表示され、沢山のプレイヤーの目につくことになる。それは色によってどのようなプレイをしてきたかを示すものとなる。  そしてたくさんのNPCが人口AIアースにより予想もつかない行動をするだろう。 ※この作品はレインボーカラフルプレイヤーを大きく書き直したものです。            ※小説家になろう、カクヨム、エブリスタにも掲載しております             
24hポイント 0pt
小説 68,317 位 / 68,317件 ファンタジー 20,686 位 / 20,686件
文字数 44,733 最終更新日 2019.09.07 登録日 2019.07.14
41 123