三角重雄

三角重雄

本の虫です。
13
定年が見えてきた私は、福岡藩家老、加藤司書の小説を書こうと思い立った。その加藤司書を、かつて私に教えてくれたのは、義父だった。
24hポイント 299pt
小説 3,230 位 / 79,552件 現代文学 48 位 / 3,672件
文字数 18,419 最終更新日 2020.08.05 登録日 2020.07.31
現代文学 完結 ショートショート
雨のない空に二人で見た虹。あれから、遠くまで来た。 詩としてあるいは連作短歌として、とにかく韻文として読んでください。
24hポイント 0pt
小説 79,552 位 / 79,552件 現代文学 3,672 位 / 3,672件
文字数 261 最終更新日 2020.08.01 登録日 2020.08.01
大震災に悲劇に咲いた愛の花。各段落の見出しがオリスティックになっています。
24hポイント 28pt
小説 12,258 位 / 79,552件 恋愛 4,967 位 / 21,128件
文字数 1,746 最終更新日 2020.08.01 登録日 2020.08.01
トリオンファント号艦長ジュリアンの若き日の恋の回想。翻って、輝かしき明治。
24hポイント 0pt
小説 79,552 位 / 79,552件 恋愛 21,128 位 / 21,128件
文字数 3,416 最終更新日 2020.08.01 登録日 2020.08.01
祖父を亡くした失意の浪音(なみね)は、思いがけない人に出会う。その人は、死んだと聞かされていた蝶子、祖母であった。
24hポイント 0pt
小説 79,552 位 / 79,552件 児童書・童話 1,426 位 / 1,426件
文字数 22,209 最終更新日 2020.07.31 登録日 2020.07.28
和泉式部日記へのオマージュです。双子の兄弟に愛された和泉は?
24hポイント 7pt
小説 19,181 位 / 79,552件 恋愛 7,643 位 / 21,128件
文字数 12,819 最終更新日 2020.07.28 登録日 2020.07.28
SF 完結 短編
高木若葉はSと名乗る三センチの存在と出会う。若葉は宍道湖の湖畔に住む中学二年生だ。ある嵐の夜、Sは円盤に乗って飛来する。美保神社の彼方の海あたりからやって来たSの船は、近づくにつれて小さくなり…。
24hポイント 0pt
小説 79,552 位 / 79,552件 SF 2,545 位 / 2,545件
文字数 23,669 最終更新日 2020.07.26 登録日 2019.05.02
児童書・童話 連載中 ショートショート
 初投稿です。書き下ろし童話。  「ぼく」はマハマハの木に出会いました。マハマハの木にのぼった「ぼく」でしたが…
24hポイント 0pt
小説 79,552 位 / 79,552件 児童書・童話 1,426 位 / 1,426件
文字数 3,474 最終更新日 2020.07.26 登録日 2019.04.23
恋愛 完結 ショートショート
パラレルワールドと時間旅行
24hポイント 0pt
小説 79,552 位 / 79,552件 恋愛 21,128 位 / 21,128件
文字数 1,724 最終更新日 2020.07.26 登録日 2020.07.26
児童書・童話 完結 ショートショート
ある雨の日の童話です。
24hポイント 0pt
小説 79,552 位 / 79,552件 児童書・童話 1,426 位 / 1,426件
文字数 176 最終更新日 2020.07.26 登録日 2020.07.26
日が昇る島の王子はひとりぼっち。母の女王が病弱だったので、弟や妹が生まれることはなさそうだ。でも彼には友達がいた。海鳥、さざ波、夜空の星。ある日王子は病気になる。女王は星に祈りを捧げた。
24hポイント 0pt
小説 79,552 位 / 79,552件 児童書・童話 1,426 位 / 1,426件
文字数 2,247 最終更新日 2019.05.01 登録日 2019.04.27
 日本をこよなく愛したロシア人がいた。その男は、友情と礼節でもって日本を開国させようとした、エフィム・プチャーチンである。不幸にも幕府との交渉中に東海地震に見舞われ、彼の船ディアナ号は破損、その後沈没。けれども、川路左衛門尉や江川太郎左衛門の協力によって、日露共同プロジェクトとしてヘダ号が造船された。初老のプチャーチンは、あの日々を懐かしく回想するのであった。
24hポイント 0pt
小説 79,552 位 / 79,552件 歴史・時代 1,096 位 / 1,096件
文字数 12,394 最終更新日 2019.04.28 登録日 2019.04.23
豊本和人は社会的にも家庭的にも心を閉ざして生きてきた。若い頃に抱いた夢を心の奥底に封印して生きるうちに、人生の歯車が狂い、とうとう出勤不能の状態になった。だが、ある雷が鳴る日、突然、すべてのものの声が聞こえるようになった。わけても薔薇のことばが和人を導いた。新しい人生が始まった。
24hポイント 0pt
小説 79,552 位 / 79,552件 現代文学 3,672 位 / 3,672件
文字数 9,759 最終更新日 2019.04.28 登録日 2019.04.23
13