創造執筆者

創造執筆者

皆さん初めまして,創造執筆者です.私の目標は実は私,あの小説の作者なんですよね.なんていう会話を家族や友人とすることです.今はまだ秘密ですが.ですので,皆さん応援のほどよろしくお願いいたします!
9
恋愛 連載中 長編 R15
あらすじ 「お前は今日をもってシルドラ家から追放する。今後。シルドラの名を名乗ることは許さん」 「ようやくお前の顔を見なくて済みそうですね。まったく、さっさと出ていきなさい」 「そうですねお母さま、ようやくお姉さまの顔を見なくて済みそうです。あら、もうお姉さまなんていないんでした。下民は早く出ていきなさい」 父と義母、妹がそう言い渡す。 クレハ・シルドラはライスオット帝国のシルドラ伯爵の長女であったが今日、家を追放された。家を追放された彼女は絶望の淵に立たされなかった。 「ようやく追放してくれましたか。まったく手を回すのに苦労しましたわ」 そう、彼女は自分から追放されたのだ。彼女は生まれながらにして前世の記憶があったのだが自分の家での扱いがひどかったため家族にはそのことは黙っており、前世の知識を生かして追放されるように手を回していた。 「追放されたのは良かったけど今までのことが許されるなんて思わないことですわね」 自ら家を追放されたクレハだが、今までの仕打ちを忘れたわけではない。 クレハの盛大な仕返し計画が今、始まる。 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 作者からのコメント -------------------------------------------------------------------------------------------------------------- まずは本作品を読んでいただき誠にありがとうございます。もし、このお話が気に入っていただければお気に入り登録や感想等を頂ければ幸いです。 よろしくお願いいたします。 新作小説「一年後、僕は君に愛していると伝えたい」、「婚約破棄をされてしまったので国を守る契約も当然破棄ですよね?」、「守ってあげたい系の腹黒令嬢の策略で婚約者を冤罪によって婚約破棄する王子達に物申したい!いや、自分の婚約者ならそっちの言うことを信じろよ!」のほうもよろしくお願いいたします。 すこ~しだけ覗くだけでも大丈夫ですのでどうぞよろしくお願いいたします。
24hポイント 19,009pt
小説 164 位 / 120,744件 恋愛 94 位 / 35,537件
文字数 233,128 最終更新日 2021.09.23 登録日 2021.05.11
恋愛 連載中 短編
「悪いな、やっぱりお前との婚約はなしにするわ。だって、おまえ、女として魅力がないんだもん。今日からリズが俺の婚約者な。」 「本当ですか!嬉しいです、ニコラ様!さっ、こんな子なんて放っておいてデートでもしましょう!」 私こと、チアはそう言われてしまいある日、突然、婚約破棄を告げられた。二人はすでに私のことなど眼中にないように去っていってしまったのだ。 彼女は男みたいな私よりもよっぽど女らしく、街を歩けば誰もが振り向くような容姿をしているのだ。だからこそ、私から彼女に乗り換えたいという気持ちはよく分かる。 そして、彼女は昔から男に取り入るのがうまかった。いや、取り入るというよりは誰かから奪い取るのが好きだったというのが正確だろうか。 そんな彼女だから私はいつも彼女と関わり合いを持ちたくなかった。しかし、彼女は私の婚約者の存在に気が付いてしまったのだ。正直、婚約者との関係は冷え切っていたので婚約破棄をされても今更だ。 しかし、こんな誰もが歩いているような往来で婚約破棄などする必要はないではないか。あまりにも屈辱的すぎる。 だから、今はとある秘密を黙っておいてあげる。彼女、自称私の姉がオスであることを。生物学上では立派なオスであるということを。 公衆の面前でキスでも何でもすればいい。そのイチャイチャぶりをみんなにさらすんだ!でも、彼女がオスと知った時、あなたは正気でいられるのでしょうか? -------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 皆様、創造執筆者です! まずはこの作品に目を向けていただきありがとうございます。 作者は自身の作品を皆様に読んで頂けることで日夜やる気を高めています!そのため、お願いとなってしまい申し訳ないのですが、もしもこのお話が面白いと思われた方はお気に入り登録などをしていただけないでしょうか?そうしていただければやる気がアップします! また、作者の作品はほかにも沢山ありますのでよろしければそちらもご覧になっていただければ光栄でございます!よろしくお願いいたします。
24hポイント 8,970pt
小説 286 位 / 120,744件 恋愛 141 位 / 35,537件
文字数 23,847 最終更新日 2021.09.23 登録日 2021.09.03
恋愛 連載中 長編
貴族が絶対の国、メロロ王国。ミラナリアは国防のために国一体に結界を張る仕事を行っており、日夜メロロ王国を魔物の被害から守っていた。 いや、正確には無理やりさせられていたのだ。もともと平民であった彼女の能力に目をつけたメロロ国王が無理やり彼女にこの仕事を任せていたのだ。貴族が絶対であったこの国で彼女が誘いを断る選択肢はなかった。そんな中、国王は考えついてしまったのだ。自身の息子と彼女の間に生まれた子供であれば同じ能力を引き継ぐのではないかと。 そこからは国王命令で王子の婚約者となったミラナリアであったが当然のこと平民の彼女を良く思う王子ではない。彼女は婚約者であるにも関わらず、いないものとして扱われたりと散々なものであった。 いないものとして扱われるだけなら直接の被害はないはずであったが、王子のことを狙っていた貴族の令嬢たちからしてみれば平民であるミラナリアが自分たちを出し抜き、婚約者となったのだ。彼女たちがそんなことを許せるわけがなく、ミラナリアは理不尽な扱いを受けることになる。 そんな日々に耐えている中、病気のせいで国王があっけなく崩御してしまったのだ。そのため、ミラナリアの婚約者であった王子が国王として即位することとなる。彼が国王となり、初めに行った仕事はミラナリアの追放だった。 「平民風情が、私の婚約者など片腹痛い。今すぐに我が国から出ていけ!次にお前を見つけたら粛清してやる。」 国王の命令で仕方なく婚約していた王子であったが、王子である自分の婚約者が平民のミラナリアというのが気に入らなかったのだ。 その日のうちに着の身、着のままでミラナリアは国を追放されてしまう。わずかばかりの財産もなく、追い出されてしまった彼女が生きていくのは絶望的だった。しかし、その瞬間に彼女は思い出したのだ、日本という国で暮らしていた前世の自分を。 「思い出したわ!ていうか、国から逃げ出せないなんてどれだけヤバい国なのよ!追い出されて正解だわ。頼まれてもあんな国に残らないわよ!さっさと別のまともな国に行きましょう!」 ミラナリアを追い出し、自分を慕う貴族令嬢たちと甘い夜を過ごす新たな国王、彼の気分は非常に良かった。しかし、彼は理解していなかったのだ。なぜ、自分の父であった国王がミラナリアと婚約させたのかを。 平民の彼女のことなど誰も気に留めようとしなかったため彼女が結界を国中に張っていたのは亡くなった国王しか知らないことだった。次第に、ミラナリアの結界が無くなったメロロ王国では今まで現れることのなかった魔物たちが出現し被害が出始める。 一方そのころ、ようやくメロロ王国から解放されたミラナリアは平民が暮らしやすいサクラ王国で自らの力を活かし、活躍していくのだった。 詳細は近況ボードをご確認ください。
24hポイント 23,143pt
小説 138 位 / 120,744件 恋愛 80 位 / 35,537件
文字数 54,750 最終更新日 2021.09.23 登録日 2021.08.20
恋愛 完結 短編
「ナディア、僕は君を愛すことが出来ない!君よりもミナミのことを守ってあげたいんだ!」 私の婚約者であった殿下はよりにもよって私に婚約破棄を言い渡したのだ。しかも、私を捨てた理由は私の実の妹であるミナミが原因だった。 「おねぇちゃん、私も殿下のことが好きになってしまったの。譲ってくれるよね?」 この子は昔からこれだ。自分が望めばなんだって叶うと思っている。 「そうか、そうか、ミナミがそういうのならナディアは諦めなさい。」 「そうよナディア、ミナミは体が弱いんだからあなたが譲ってあげなさい。」 その原因はこの両親だろう。ミナミは昔から体が弱く病気がちだ、そのため両親はいつもミナミのことを一番に考え、彼女の要求には何だって答えてきた、私のことを犠牲にして。彼らの言い分では私は病気がちではないから妹のために我慢しなければならないのだ。 「もう我慢できない!あなた達とは縁を切らしていただきます!」 しかし、彼らは知らない。ミナミは病気がちなのではなく、呪いに侵されていたのだ。私には物心がついたときから聖女の力があった。この力でミナミの呪いの存在に気づいたのだ。 そして、その呪いがうつることも知った。だから私は今まで誰にも打ち明けず、彼女の呪いの症状を聖女の力で抑え込んでいた。 だけど、もうそんなことはしてあげない。私が陰でどれだけ苦労しているかも知らないで!殿下、気を付けてくださいね。私はミナミのために聖女の力を使いませんからその呪い、うつりますよ! 作者からのお願いです! このお話が面白いと思う方はぜひ、お気に入り登録やご感想をください! 感想にはできるだけ返信したいと思います! また、作者の他の作品も複数ありますのでそちらもご覧いただければとても嬉しいです!
24hポイント 59,194pt
小説 52 位 / 120,744件 恋愛 39 位 / 35,537件
文字数 36,595 最終更新日 2021.09.22 登録日 2021.08.26
恋愛 完結 短編
「シーラ!私はアルフレイ様と幸せに暮らすの!あなたのような引きこもりは私たちの幸せには必要ないわ! 今までは我慢してあげたけど、流石に堪忍袋の緒が切れたわ!今すぐ出ていきなさい!あっ、でもここにあるものはすべてお父様の遺産なんだから養子のあなたには渡さないわ!」 私に向かってこう言ったのは私の義姉であるタニラだ。彼女がこの家に帰ってきたのは何年ぶりだろうか?先日、お父様が亡くなったという知らせを受け、帰ってきたのだ。 しかし、私は彼女が嫌いだ。なぜなら、彼女はお父様を弔いに来たのではなく、遺産だけ奪いに来たのだから。この国の法では養子の私に相続権はない。つまり、お父様の遺産はすべて彼女のものだ。 だから、私は彼女をはめてやることにした。そのためには3か月の時が過ぎる必要がある。この3カ月は彼女の破滅までのカウントダウンだ。 何故かって?彼女は知らないのだ、この豪勢な屋敷、立派な庭園、莫大な収入。これらがすべて私のものであるということを。そして、彼女が欲しがっているお父様の遺産、これが実は莫大な借金のみだということを。 借金を無しにする遺産放棄ができなくなるまで3か月。せいぜい、この暮らしを満喫してくださいね。もちろん、ここで過ごされた生活費は後から回収させてもらいますから。 --------------------------------------------------------------------------------------------------------------- まずはこの作品をお読みいただきありがとうございます。 もし、この作品が面白いと思われた方はお気に入り登録をお願いいたします! また、作者の他の作品もありますので、そちらの方もご覧になっていただければ光栄です!
24hポイント 13,135pt
小説 214 位 / 120,744件 恋愛 112 位 / 35,537件
文字数 21,474 最終更新日 2021.09.16 登録日 2021.08.31
恋愛 完結 長編
婚約破棄系の小説が大好きな俺は気づけばとある国の王子に転生していた。そんな俺にも、例のイベントが訪れることになる。そう、婚約破棄イベントだ。 いま、俺の腕にはなぜかわからないが、いわゆる守ってあげたい系の小柄な男爵令嬢がしがみついて俺の婚約者にされた仕打ちを大勢の貴族達がいる前で叫んでいる。 俺の婚約者も弁解をしようとするが周囲の貴族達は誰も信用しない。前世で散々見てきた小説では俺はこの後、彼女に婚約破棄を言い渡し、男爵令嬢と結ばれるだろう。 しかし、こんな場面は前世でたくさん見てきたからこそ言いたい! 「いや、普通に自分の婚約者を信じるでしょ!」 俺の言葉に婚約者を含む全員が固まってしまうのであった。いや、なんでやねん! まずは、この作品をお読みいただきありがとうございます。 この作品は婚約破棄系の小説を見るたびに作者が思っていたことを小説にしたものです。 こういう作品は大体、婚約破棄される令嬢に前世の記憶が持った人間が転生しますよね? でも、どうして婚約破棄をする側の王子に転生しないのかと考えていたんです。 そんな疑問をこのお話にぶつけてみました。 この作品の続きが気になるという方はぜひ、お気に入り登録で応援をお願いいたします。 また、作者の他の作品「自分から追放された元貴族令嬢ですが許せないので見返します」、「婚約破棄をされてしまったので国を守る契約も当然破棄ですよね?」、「一年後、僕は君に愛していると伝えたい」、「カクレユメ~かくれんぼは夢の中で~」の方もよろしくお願いいたします!
24hポイント 3,351pt
小説 600 位 / 120,744件 恋愛 294 位 / 35,537件
文字数 33,379 最終更新日 2021.09.10 登録日 2021.08.22
恋愛 連載中 長編
誰もが知る、世界で最も大きな財閥、峰鷹家の一人息子、峰鷹 灯火(みねたか とうか)は3年生を送り出した卒業式の帰りに自動車事故にあい、病院で目が覚める。 自らに仕えている執事の話によれば家に帰り次第、婚約者とデートをする予定だったらしい。しかし、婚約者なんて身に覚えがない!どうやら、彼は事故によって大切な婚約者の存在を忘れてしまったようだ。 婚約者のことをメイドや執事に尋ねるも、不思議なことに誰も知らないという。ならば、携帯の写真やSNSはどうかと確認するも、なぜか、そこに婚約者の存在は一切見られなかった。 混乱する灯火であったが、どうやっても思い出すことはできない。婚約者の存在を思い出せないまま病院を退院し、気づけばあの日から1カ月がたち、灯火は高校三年生となっていた。 新学期が始まり、灯火が高校に登校すると、目の前に自分が婚約者だという女子が3人現れる。どこから漏れてしまったのか、灯火が記憶喪失だということが学校中に広がってしまったのだ。 だが、婚約者が3人もいるなんてありえないだろう!きっとこの中の1人が本当の婚約者に違いない!あの日できなかったデートをやり直して本当の婚約者に愛していると伝えたい。 この物語は高校最後の1年間で本当の婚約者を探し出し、あの日、言えなかった“愛している”という言葉を伝えるための物語である。 はたして、本物の婚約者は誰なのか?そして、偽物の婚約者たちの目的は? あなたは謎を解き、本物の婚約者を突き止めることができるだろか? 皆様、まずはこの作品を読んでいただきありがとうございます。 この作品は謎解き要素もありますので、皆様の考察等を感想でお聞かせいただければ作者も楽しく執筆作業を進めることができます。 また、お気に入り登録をしていただければ皆様の応援が目に見えてわかるため作者のやる気につながります。ぜひ、ご検討ください。 初めのほうは連続投稿をいたしますが、ストックが無くなれば不定期とさせていただきます。 その際に皆様の応援が頂ければがんばれ得ると思いますのでよろしくお願いいたします。
24hポイント 284pt
小説 4,812 位 / 120,744件 恋愛 2,312 位 / 35,537件
文字数 28,004 最終更新日 2021.09.03 登録日 2021.08.18
カクレユメそれは子供たちの間で知られている遊びの方法。こっくりさん、ひとりかくれんぼなど興味本位で一度はやったことがあるのではないでしょうか。実はこれらに共通していることがあります。 正しい手順を踏んでルールを守ればこれらの遊びは利益をもたらしてくれるでしょう。では、そのルールを破ってしまった時は?言わずともわかりますよね、今回はかくれんぼにまつわる都市伝説のお話です。 カクレユメのルール 1、紙にかくれんぼを行う全員の名前を記入する 2、全員の髪の毛を1本、紙で包み込む 3、紙と髪を燃やしその灰を布の中に入れる 4、枕元に布を入れて眠りにつく 5、夢の世界でかくれんぼを行う 注意:この儀式は15歳未満の人間にしか効果がない 禁忌:cyhう#dq? 全てのことを必ず守ること。もしも、守らなければあなたは$(&#によってd&$@にされてしまう。 ---------------------------------------------------------------------------------------- このお話は作者が一から考えた都市伝説のお話です。実は、この作品を書いている途中に鳥肌が止まらないことがありました。まぁ、エアコンが強かったことが原因ですが(笑)。 このお話は短編となりますので短いものとなっております。もしも、皆様の面白いというご意見が多ければ長編版も考えております。すべてのお話が終わった時、感想等でご感想を聞かせていただければ幸いです。 この作品が面白ければお気に入り登録で応援をお願いいたします。 作者の他の作品、「自分から追放された元貴族令嬢ですが許せないので見返します」のほうもどうぞよろしくお願いいたします。
24hポイント 42pt
小説 14,470 位 / 120,744件 ホラー 166 位 / 4,203件
文字数 12,668 最終更新日 2021.08.08 登録日 2021.08.07
面倒ごとが嫌いな大学2年生の黄昏 暮斗(たそがれ くれと)は日課であるランニングをしていた。ある夜、河川敷で王級精霊であるナンシーと出会う。彼女曰く、直に精霊たちがこちらの世界に侵攻してくるらしい。彼女に気に入られた暮斗は彼女の力を受け継ぎ、自らのためにその力を使うと誓う。ナンシーから受け継いだ力、霊術を用いて自らのために戦う。 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 投稿予約を覚えました。毎日20:00に投稿する予定です。 よろしくお願いいたします。 「,」と「.」を「、」と「。」に変更いたしました。 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 作者からのご挨拶 初めまして、創造執筆者です。まずはこの作品を開いていただき誠にありがとうございます。私は小説を読むのが日々の日課というくらい読んでいます。しかしながら、この度、自分でも書いてみたいという気持ちが強くなってしまいついに投稿してしまいました。趣味程度にやっていきたいと思います!自分が投稿していることは誰にもしゃべっていません。ちょっと恥ずかしいですからね。でも、もしいずれこの作品が誰にでも知っているような作品になることができたら友達くらいにはしゃべってもいいかもしれませんね。 さて、私の話はここまでにいたしましょう。 どうぞ皆さん”精霊協会のフリーランス霊術師”を楽しんでください。 ご意見、ご感想等はどしどし送っていただければ幸いです。誤字報告だけでもうれしいです。 できるだけ返信したいと思います。 よろしくお願いいたします。
24hポイント 56pt
小説 12,463 位 / 120,744件 ファンタジー 2,585 位 / 31,441件
文字数 16,370 最終更新日 2021.05.27 登録日 2021.05.08
9