1
幼少時、敵役の圧倒的な強さに憧れを抱き、目標にした。回復魔法を使いたいという目的は、徐々に手段と入れ替わる。鍛え上げた肉体、処理速度を増した頭脳。敵のキャラクターを真似するように鍛えれば鍛えるほど最初の目的は姿を消した。高校ではオカルトに手を出し、精神を分裂する術を覚えた。 悪魔と契約する方法を見つけ、分けた4分の1の精神を異世界の住人に憑依させ、4分の1を現代社会にある肉体に残し、そして半分を悪魔の対価として捧げた。 異世界の出だしから命がけだった。生きるのに必死で僕は大事なことを見失う。果して過酷な世界で生き延びることは出来るのか? そして元の自分と接合(融合)することはできるのだろうか?
24hポイント 0pt
小説 66,288 位 / 66,288件 ファンタジー 20,331 位 / 20,331件
文字数 10,367 最終更新日 2018.10.04 登録日 2018.09.22
1