17
現代文学 完結 ショートショート
高校の卒業式の日、女の子が先生に告白しに行く話です。
24hポイント 0pt
小説 19,402 位 / 19,402件 現代文学 577 位 / 577件
登録日 2013.02.18
現代文学 完結 ショートショート
男が突然、妻を失う話です。
24hポイント 0pt
小説 19,402 位 / 19,402件 現代文学 577 位 / 577件
登録日 2013.02.18
現代文学 完結 ショートショート
伝えられない気持ちを抱えた主人公が偏執的な行動に走る話です。
24hポイント 0pt
小説 19,402 位 / 19,402件 現代文学 577 位 / 577件
登録日 2013.02.19
現代文学 完結 ショートショート
言いかけてやめたまま去ってしまった恋人の話の続きのひとつの可能性について気づいた女の子の独白みたいなものですー。
24hポイント 0pt
小説 19,402 位 / 19,402件 現代文学 577 位 / 577件
登録日 2015.01.02
11歳のとき誘拐に遭い、犯人の死に立ち会って以来、その記憶に縛られてきた女の子が20歳になって再びその現場に赴き、ある異国の少年に出会ってゆっくりと解放されていくおはなしです。
24hポイント 0pt
小説 19,402 位 / 19,402件 現代文学 577 位 / 577件
登録日 2015.01.12
現代文学 完結 ショートショート
一日の終わりにネットに接続することを楽しみにしていた僕に、突然一通のダイレクトメッセージが送られてきた。それは、これまで人の言葉に揺れたことのなかった僕を激しく揺るがすものだった。
24hポイント 0pt
小説 19,402 位 / 19,402件 現代文学 577 位 / 577件
登録日 2015.06.15
現代文学 完結 ショートショート
「彼は、とても巧妙に、わたしに復讐していたのだ」 見ている方向は同じだと思っていた。この穏やかな日常は互いの望みの先にあるものだと思ってきた。でもあなたのボタンはどうしてひとつも緩んでいないんだろう。 (TO-BE小説工房第28回課題「ボタン」で書いてまんまと落ちたものです)
24hポイント 0pt
小説 19,402 位 / 19,402件 現代文学 577 位 / 577件
登録日 2017.07.19
現代文学 完結 ショートショート

向かいの家に越してきた、いつも子供用の傘を抱いている女。それはぼくだけの不思議だった。 しかしそれが崩れ、女を勝手に語られ始めたとき、ぼくはひどい苛立ちに苛まれる。 そのとき、ぼくは自分の奥底に隠れていた下卑た欲望と、ひとつの可能性を知ることになる。 (TO-BE小説工房 第29回お題「かさ」にてまんまと落ちたものです)
24hポイント 0pt
小説 19,402 位 / 19,402件 現代文学 577 位 / 577件
登録日 2017.08.09
現代文学 完結 ショートショート
あの夏、わたしたちは幼馴染の家の犬を殴り殺した。ふたりでしたその罪深い悪行で、わたしは、彼のもっとも美しい顔を手に入れたと思った、のに。
24hポイント 0pt
小説 19,402 位 / 19,402件 現代文学 577 位 / 577件
登録日 2017.09.11
現代文学 完結 ショートショート
ノストラダムスの予言に世間が沸く中、ひとりの少年が小さな特攻を決意した。傍観者であることを約束させられた私は、少年の特攻の一部始終を見ることになり――。
24hポイント 0pt
小説 19,402 位 / 19,402件 現代文学 577 位 / 577件
登録日 2018.03.24
あの夏、どうしてぼくらはあの青い魚を欲しがったのか。 そう今聞いたら、あなたは何と答える? ふたりで始めたまるで隠居みたいなに静かで出口のない四年半の暮らしの中で、この青い命を、そしてやがてくる死をずっと共有していくはずだった。でもあなたは理由も告げずにある日ここを出て行った。 そして一年半経ち、あなたはぼくの元に裏切りの手紙を送ってよこしたのだ。
24hポイント 0pt
小説 19,402 位 / 19,402件 現代文学 577 位 / 577件
登録日 2018.04.05
現代文学 完結 ショートショート
夜毎、おんなたちは穴を掘る。 誰にも見つからないように、人々が寝静まった後に。 まるでさまざまな憎悪を殺すように一心不乱に掘り続ける。 そうして深くなった穴に落ち、ひとり、そこで見るものとは――。
24hポイント 0pt
小説 19,402 位 / 19,402件 現代文学 577 位 / 577件
登録日 2018.06.10
現代文学 完結 ショートショート
大事な人をうしなって、うまく哀しむことができずにいる10歳の女の子のおはなし。
24hポイント 0pt
小説 19,402 位 / 19,402件 現代文学 577 位 / 577件
登録日 2018.07.09
ミステリー 完結 ショートショート
手榴弾のピンを、おまえは今抜こうとしている。大切なはずの息子を前に、ピンを抜いて、それをぶつけて、何もかもが吹き飛んで散り散りになってしまえばいいと思っている。息子の叫ぶような泣き声の反響する部屋の中で、おまえはたったひとり、血の鎖に締めあげられながら、許されない失敗を犯そうとしている。
24hポイント 0pt
小説 19,402 位 / 19,402件 ミステリー 519 位 / 519件
登録日 2018.09.04
現代文学 完結 ショートショート
カーテンを開けると、その仕切りのむこうには全く知らない夜があった。
24hポイント 0pt
小説 19,402 位 / 19,402件 現代文学 577 位 / 577件
登録日 2018.10.17
現代文学 完結 ショートショート
孤独のなかに墜ちていく。ときおり生まれるこころのくすみも煌めきもすべて愛のせいにして、気持ちのいいほうへただ墜ちていくのだ。
24hポイント 0pt
小説 19,402 位 / 19,402件 現代文学 577 位 / 577件
登録日 2018.10.17
現代文学 完結 ショートショート
あなたの手帳は金曜日だけ青いマルで囲まれている。わたしはその頑丈で隙のない檻のような青の中にこっそり忍び込んで、あなたの秘密を知ってしまった。
24hポイント 0pt
小説 19,402 位 / 19,402件 現代文学 577 位 / 577件
登録日 2019.05.17
17