皆月見人

皆月見人

アホなことばかり書いてますので、気軽に笑ってもらえれば・・・・・・。チキンラーメンはカップより袋です。
3
 蒼州八区自治都市連合。表向き、人口一千万人を超える大規模な商業圏として設立された経済特区だった――が、その実情は民間人に周知されている真実とは異なっていた。蒼州八区は古来よりこの国の闇に生息する〈巨鬼〉という人間と似て非なる怪物を隔離するための巨大な檻だった。  素手でコンクリート壁をぶち抜き、足のひと踏みでアスファルトを砕く、人知を越えた力を持つ怪物〈巨鬼〉。彼らは角を生やす形態変化【萌角】をしなければ人間と全く見分けが付かないため、人の間に交じり強盗や傷害事件を起こしたり、コミュニティなどを形成して人間社会を脅かす策謀を企てたりしていた。  だが、人間は決して〈巨鬼〉に屈している訳ではなかった。  五百年来、〈巨鬼〉と戦い続けている大家があった。砲城家、槍月家、太刀花家、杖興寺家、弓鳴家、剣咲家、楯宮家、斧破家、これら八つの大家を総称して星統守護八家と、そしてその各家々が束ねる施設兵団を守護隊と呼んだ。  守護隊の隊員は【幻炎】という特殊能力を行使して、〈巨鬼〉の犯罪を取り締まっていた。  この物語は。星統守護八家の一画を担う槍月家の嫡男に生まれた槍月光が、そのどっからどう見ても美少女にしか見えない外見と、八家の後継者として軟弱な実力に劣等感を抱きつつも、蒼州八区の平和のため日々戦い続ける、奮闘記である。
24hポイント 14pt
小説 14,953 位 / 68,611件 ファンタジー 3,366 位 / 20,730件
文字数 1,261,522 最終更新日 2020.03.09 登録日 2019.11.21
 ファンタジー大賞向けのエントリー作品です。  文庫本一冊程度の読み切りになっております。  (御覧になられる読者様へ。ビュー画面では文字サイズを「小」に設定にして、読まれる方がいいと思います。ちょっと文字が小さくなりますが、改行や段落や行のバランスを考えると、「小」設定が一番見やすい気がしますし、筆者もそれに合わせて編集しております) 【あらすじ】  殺人の罪で逮捕された西園春海は、未成年であることと精神疾患の兆候が見られることから隔離病棟に収監される。しかし、彼の対面した人間を凶暴にさせるという異常体質が、担当した施設職員の精神的な負担となり、次々に職員が離職休職に陥る事態を招いた。  彼の処遇を持て余した関係各所は、春海をワームホール運用実験の実験体として採用することを決定する。そして、原子力機構に身を委ねられた春海は、ワームホールを経由して異星へと送られるのだった。  春海は異星にて、日本に比べ文化水準の遥かに低い中世レベルに国に辿り着いた。  その後、春海はエイナという医術師志望の少女と出会い、ひょんなことから一緒に行動を共にすることになる。  人の死に何の感傷も抱かない殺人鬼の少年と、人を救いたいと切に願う医術師の少女、対照的な二人のドタバタコメディ、ちょっとシリアスありの旅行記がここから始まる。
24hポイント 0pt
小説 68,611 位 / 68,611件 ファンタジー 20,730 位 / 20,730件
文字数 121,013 最終更新日 2019.08.04 登録日 2019.08.01
 西暦二千年代初頭、大規模な地殻変動の予兆が発見され、地球は残り五十年の余命宣告を突き付けられる。地球の滅びゆく足音を聞き、戦き荒んだ人心は社会の秩序を崩壊させ、世界は戦火の海に飲まれていた。  過去の事故がトラウマとなり自暴自棄になっていた少年緋野善生は、有志連合治安維持軍独立大隊ミセリコルデの門を叩く。生に執着できず、生きる意味を見いだせなかった彼は、配属先の小隊メンバーのジョナサンや菖蒲と触れ合ううちに、ミセリコルデを家族のように感じ、自分の存在価値を自覚し始めていた。  そんな矢先、作戦中に発生した変事により、仲間の無残な死体と対面してしまう。 ※某新人賞にて一次選考通過作品(二次で敗退)。そこそこよく書けた作品なので、このまま廃棄するのは勿体ない気がして、ダメ元でアルファポリスさんの第11回小説大賞にエントリーしました。10万字程度の読み切り作品となります。作品自体は完成しておりますが、もう少し加筆修正に励みたいと考えており、9月中旬から月末にかけて一気に更新する予定です。申し訳ありませんが、完成までもうしばらくお持ち下さい。  2018/08/31 皆月見人
24hポイント 0pt
小説 68,611 位 / 68,611件 ファンタジー 20,730 位 / 20,730件
文字数 113,661 最終更新日 2018.09.21 登録日 2018.08.31
3