ジェロニモ

ジェロニモ

8
 気づくとぼくは見知らぬ裁判所に立っていた。そこで裁判官席に座っている角の生えた少女に、ぼくは30歳の正月、お餅を喉につまらせて死んでしまったと告げられる。続けて少女は、ここは死後の行き先を決める裁判所であり、自分は裁判官の閻魔大王だと名乗った。  聴くと、このままだとぼくは地獄行き待ったなしらしい。しかし、過去に戻ってすべての罪を精算することができれば、地獄行きを回避することができると少女は言う。  その提案を受け入れたぼくは、最初の罪である「恋愛相談してきた親友の恋を諦めさせた罪」というふざけた罪を帳消しにするため、高校時代へと時をさかのぼった。  罪を帳消しするために少女が提示した条件は、次の文化祭までに親友と想い人の恋を成就させること。しかし、親友の想い人というのは告白されたらしいと噂があとを絶たないクラスの人気者で……。  はたしてぼくはすべての罪を精算し、地獄行きを回避することができるのだろうか。 ※小説家になろう様、カクヨム様でも同一の作品を掲載しています。
24hポイント 7pt
小説 29,454 位 / 119,835件 恋愛 12,292 位 / 35,107件
文字数 122,596 最終更新日 2021.08.27 登録日 2021.08.02
 将来の自殺に備えて、手近な自殺スポットを探して下見するのを日課とする社会人、深海(しんかい)。彼はある日、自殺の下見先で自殺をしようとする女子高生、彼方(かなた)と出会う。しかし彼女は見知らぬ男と同じ場所で死ぬのは気持ち悪いからという理由で、自殺をやめて帰ってしまった。  その日、結果的に人一人の命を救ったということに、深海はいままで感じたことのない幸福感を感じる。そして深海はその幸福感を再び得るため、彼女に自殺を諦めさせることを決めた。 ※小説家になろう様、カクヨム様でも同様の作品を投稿しています。
24hポイント 0pt
小説 119,835 位 / 119,835件 恋愛 35,107 位 / 35,107件
文字数 35,680 最終更新日 2021.08.14 登録日 2021.07.31
タイトル通りのお話です。 ※同様の作品を小説家になろう様、カクヨム様、ノベリズム様でも投稿しています。
24hポイント 0pt
小説 119,835 位 / 119,835件 ファンタジー 31,324 位 / 31,324件
文字数 14,990 最終更新日 2021.08.13 登録日 2021.08.13
 近所の少女に賽銭泥棒と勘違いされたぼくは、とっさに自分は神様だから賽銭の中身を取ってもおかしくないと嘘をついた。しかし、依然として疑っている様子の少女に、本物の神様だと証明するため自分のお願いを叶えてほしいと持ちかけられる。  断れば即通報、お願いを叶えられなくても即通報されるらしいので、ぼくに拒否権はなかった。しかも、少女は神様というのはみんなどこぞのランブの魔神のごとく、願いを3つ叶えてくれるものと思っているらしい。  はたしてぼくは、少女の願いを叶えて無事通報されずに済むのだろうか。 ※小説家になろう様でも同様の作品を投稿しています
24hポイント 0pt
小説 119,835 位 / 119,835件 ライト文芸 5,037 位 / 5,037件
文字数 30,807 最終更新日 2020.10.03 登録日 2020.10.03
一般的な高校生たる友達いない系帰宅部の藤崎仁(ふじさき じん)は、ふと同じ時間が何度も繰り返されていることに気がついた。「タイムループだ!」と歓喜したのものの、繰り返しされるのは授業の合間の10分の休み時間だけだった。 短すぎる。そう落胆するが、それでも彼はこの短い時間を有効活用し、エンジョイすることを心に誓うのだった。  ※小説家になろう様で同様の作品を投稿しています。
24hポイント 28pt
小説 18,735 位 / 119,835件 青春 233 位 / 4,687件
文字数 99,467 最終更新日 2020.02.24 登録日 2019.01.25
 三度の飯より幼女が好きな男子高校生、田中太郎。彼はとある理由から地球の女神によってその魂を異世界に追放された。 眼が覚めるとそこは森の真っ只中。 おまけに素っ裸。  裸で訳も分からぬまま森の中を彷徨い、初遭遇したケモミミ幼女には変態認定される有様。 はたして田中太郎は異世界で幼女と仲良く触れ合いながら、ほのぼの幸せに暮らすことが出来るのか?
24hポイント 7pt
小説 29,454 位 / 119,835件 ファンタジー 6,205 位 / 31,324件
文字数 56,338 最終更新日 2019.05.13 登録日 2018.05.15
恋愛 連載中 長編
読書部は僕と部長しか部員がいない自称部活の同好会だ。 功績もない。部室もない。顧問もいない。 僕たちは今日も読書についてを駄弁り続ける。 これは明日も明後日も代わり映えのしないだろう僕たちの部活動(自称)の記録だ。
24hポイント 0pt
小説 119,835 位 / 119,835件 恋愛 35,107 位 / 35,107件
文字数 142,872 最終更新日 2018.10.17 登録日 2018.06.01
 大学1年目の春、散歩中の僕は自販機の横で座り込む女を見つけた。しかしどうもこの女、ドブ臭いしガリガリだしで怪しさ満点だ。    そんな怪しい女のかくかくしかじかな事情を聞いた僕は、彼女を保護という大義名分を掲げて家にお持ち帰りすることにした。こうして僕たちの同居生活が始まった。
24hポイント 0pt
小説 20,116 位 / 20,116件 恋愛 4,803 位 / 4,803件
登録日 2020.09.05
8