赫峰 あくる

赫峰 あくる

赫峰あくる(あかみねあくる)と申します。 ファンタジーを中心に、異世界転移や異世界転生、魔法バトルに恋愛モノ等書いていく予定です。 反応いただけると、とても嬉しいです。 宜しくお願い致します。
3
 リィナの住む町には、『夜』がありません。 夜を知っているお母さんに、また夜を見せたい。 わたしも、夜のことを知りたい。 そう思ったリィナは、小さなリュックをせおって、夜に会いに行くことにしました。 まだおさないリィナと、ぼうけんのと中で出会うなかまたちとの、ほのぼのファンタジーなセカイへ。 『どうして、リィナの町には、夜がないんだろう?』
24hポイント 0pt
小説 86,647 位 / 86,647件 児童書・童話 1,686 位 / 1,686件
文字数 13,447 最終更新日 2019.12.02 登録日 2019.11.26
 七原千景30歳。夫の尚宏、娘の夏乃と3人家族。フルタイムの仕事をしている。  今月から、新しく配属となったプロジェクト。そのプロジェクトで待っていたのは、以前バイトをしていたカフェで一緒に仕事をしていた、見覚えのある彼だった。 「もしかして、千景ちゃん?」  懐かしいその声に、昔の記憶が蘇る。  ──大学生活も残り2年になった頃、私は恋をしていた。  バイト先の1つ下の男の子『桐谷航河』は、私、『藤田千景』の思い人である。  あの時私は、彼の存在が一番で、何より大切な存在だったのだ。  付き合っているのかと勘違いする人が出るほど、私達は仲の良い2人であった。  大好きだった。愛していた。  例え、その恋が、実らなかった恋だとしても。  私は、確かに。『桐谷航河』に恋をしていたんだ。  ──昔好きだった彼と、数年越しに再会した千景。その彼とは、千景の結婚を機に連絡を取らなくなっていた。  昔好きだった彼が、昔と変わらぬ優しさのまま今目の前に現れる。  今と昔を重ね合わせては、その時の気持ちを思い出す千景。昔と扱いの変わらない航河は、一体、何を思い千景と接するのか。 ※現在と過去の回想が織りなす、甘くてほろ苦いラブストーリー。 ※クスリと笑える要素あり。 ※もどかしさ、焦ったさ多目。 ※彼女にいる男性に恋をします。NTR等の表現はありませんが、人によって考え方、行動、表現において不快となる部分が含まれる可能性がございます。ご注意ください。 ※泥沼化はしません故、悪しからず。 ※ この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません ※※※ Key Word※※※ 甘酸っぱい 片思い 両思い 夫婦 恋人 カップル 友達 友達以上恋人未満 じれったい 想像 男女 女主人公 昔話 デート いちゃいちゃ 甘々 ラブラブ 仲良し 男友達 女友達 NL 恋愛話 あまあま 涙 過去 思い出
24hポイント 0pt
小説 86,647 位 / 86,647件 恋愛 22,865 位 / 22,865件
文字数 173,194 最終更新日 2019.11.26 登録日 2019.06.01
 『私をもう独りにしないで』  99代目の魔王が、勇者の命と引き換えに討たれて幾許か経った頃、復興を成し遂げた世界に100代目の魔王が生まれた。  彼の名はオルカ。  同じ魔の存在の魔物はおらず、同族もいない彼は、唯一の【悪の存在】として、懸命に生きようとする人間達を、滅しようと目を覚ました時、1人の少女【トート】に出会う。  99代目の魔王は、誰にでもなく生まれてすぐに呪いをかけた。  その呪いは受けた人間が死ななくなるものだった。  死ぬことは許されず、ただ生きるのみ。  掛けた者だけが解くことの出来る呪い。しかし、もうその魔王はいない。  100代目の魔王と、99代目の魔王の呪いがかかった少女。  ひとりぼっちの魔王は、自分の仲間を探す為に、呪いを解く術を探す死なない少女と旅に出る。 key word*** ファンタジー 少女 友情 愛 ダーク 悲しい 暗い 闇 魔王 魔族 魔物 魔女 伝記 異種族 人 魔法 儚い 争い 日常 仄暗い 魔法 孤独 生死 死 不死身 呪縛 アクション 旅 ※この作品は、同作者名及び同作品名にて、小説家になろう、ノベルアッププラス、自身のブログに掲載しています。 ※作品及び作品情報について、予告なく加筆修正を行います。
24hポイント 0pt
小説 86,647 位 / 86,647件 ファンタジー 24,797 位 / 24,797件
文字数 51,927 最終更新日 2019.01.19 登録日 2018.12.24
3