アリシア

アリシア

色々な小説を読んで書きたくなったので書いてみました!!まだまだ拙い文章ですが、好きな令嬢物を書きます!!
6
恋愛 連載中 長編
「お前との婚約は破棄することにした!」  ガングニル・ブラックムーン公爵の息子であるアルデス・ブラックムーン。  アルデスの十五歳の誕生パーティーの席で、アルデスの声が会場に響き渡った。  婚約破棄を言い渡されたのは、カタリナ・ガードナー。ガードナー男爵の娘である。  力関係から言いなりになるしかないカタリナの前に一人の人物が会場内に現れた。 「俺は真実の愛に目覚めたのだ! この人と結婚する!」 しかし、アルデスは知らない。全てはカタリナの思惑通りに進んでいることを。
24hポイント 724pt
小説 1,312 位 / 57,217件 恋愛 562 位 / 13,665件
文字数 3,656 最終更新日 2019.09.21 登録日 2019.09.18
恋愛 連載中 長編
「レイチェル様との婚約を破棄する。との事です」  ザッカハーク公爵の娘、レイチェルの元へ尋ねてきたアルベルト皇太子殿下の遣いはそう告げて去っていった。  一人部屋に取り残されたレイチェルは、誰も見ていないことを良いことに大きくガッツポーズをした。 「よし! これで未来は安泰よ!」  実はレイチェルはこの世界に転生してきた女性であり、その為に未来を知っている。  元々気性が激しかったアルベルトは将来暴君と呼ばれ、人々怨みを買うのだ。そして、クーデターで捕らえられ、首を跳ねられる。諌めていた側のレイチェルであったが、民の怒りは関係ない。一族は全て処刑されてしまう。  そんな未来を避けようと奔走していた努力が叶ったのだ。  ただ、そんなある日、問題が発生してしまった。
24hポイント 1,327pt
小説 833 位 / 57,217件 恋愛 358 位 / 13,665件
文字数 3,439 最終更新日 2019.09.17 登録日 2019.09.12
恋愛 連載中 長編
「皇太子殿下はエクセル様との婚約を破棄するとのことです」  伯爵令嬢のエクセル・ザンブルグはとある日、用済みとなったと皇太子から婚約破棄を告げられる。  家族に迷惑をかける訳にはいかないと屋敷を出るも、国外追放となってしまう。  そして、付いてきてくれた母を眼前で殺され孤児院に流れ着く。その孤児院で出会った少年と復讐の旅に出るお話。
24hポイント 1,107pt
小説 953 位 / 57,217件 恋愛 405 位 / 13,665件
文字数 2,210 最終更新日 2019.09.12 登録日 2019.09.12
恋愛 連載中 長編
 「絶対に処刑なんかされたくないわ!」  とある伯爵の令嬢。名前はエリザベス。極々普通の令嬢。でも、普通じゃないことがたった一つある。  それは自分には前世があるという事、そしてその前世で読んだ小説の登場人物の中の一人であると知っていること。その小説だと自分は悪役令嬢として登場し、最終的には処刑されてしまう。  将来の処刑を回避する為に皇太子殿下との婚約を避けようと努力するが、あえなく失敗。婚約は結ばれる。  ならば穏便に婚約破棄をすればいいと扮装するが、何故か思惑通りに婚約破棄にならない。
24hポイント 85pt
小説 5,878 位 / 57,217件 恋愛 2,270 位 / 13,665件
文字数 1,209 最終更新日 2019.09.06 登録日 2019.09.06
恋愛 連載中 長編
「婚約は破棄だ! お前の顔など見たくもない! さっさとこの城から出て行け!」 主人公アリスは突然、婚約者のブライト王子から結婚の日取りを発表する場で婚約破棄を言い渡される。 理由はアリスが不貞をしていたとのこと。しかしアリスは知っていた。ブライトは隣国の第二王女、フレアとの密会を重ねていたことを。 何故知っていたかというと、ここはアリス前世で遊んだことのあるゲームの世界だったからだ。 本来なら、このあとアリスはブライトとフレアの恋を邪魔する悪役令嬢となり、最期には処刑される。 だが、全てを知っているアリスには回避することなど容易い。それどころか、今まで婚約していた相手を嘘で処刑まで至らしめる人物との結婚なんて、こちらから願い下げだった。 アリスはホールを儚げに去った後、呟いた。 「ありがとうございます」 と……
24hポイント 681pt
小説 1,377 位 / 57,217件 恋愛 592 位 / 13,665件
文字数 3,868 最終更新日 2019.09.05 登録日 2019.09.02
恋愛 連載中 長編
「ねえ……ひどい! 私……何度も殺されたくない!」  私、レイアは義理の姉であるアイギスに婚約者を含む全てを奪われ嫉妬し、劇場に駆られアイギスを殺そうとした。  しかし、その行為はアイギスに奪われたばかりの婚約者であるバルフトに阻まれ、その場で処刑をされてしまった。  死んだと思ったのに何故か意識を取り戻した私はとある事実に気付く。  ここは前世の時に好きだった恋愛小説の世界だと。そして私はその小説の悪役令嬢だった。  また殺されてたまるもんですか!
24hポイント 35pt
小説 9,785 位 / 57,217件 恋愛 3,483 位 / 13,665件
文字数 1,308 最終更新日 2019.09.04 登録日 2019.09.04
6