1
ある日、自社で新たに発売する商品を試しに登山をしていると、血や土、埃にまみれた男性が倒れていた。その人を助けるべく奮闘するが、見た事もない化け物が襲ってきて絶対絶命!?「大丈夫ですか!?これ飲めますか!?」「ッ…に…げ…」「にげ?苦くないですよ、スポドリなんでむしろどっちかっていうと甘いですね」 天空に住まう龍の国の美形騎士と、いつの間にか登山スタイルで異世界トリップしていた女性の話。 「これは何だ?」 「魔法瓶ですよ。中身の温度を保たせる事ができるんです」 「凄いな、良かったら魔法陣を教えてくれないか?」 「魔法!?」 第一章は女性が嫌いで恋をした事がないダンスィーな龍騎士が無自覚に恋愛し、色々戸惑ったり頑張ったりするお話です。もふもふした神獣や可愛らしい精霊?などの力を借りつつ、二人で旅をしながら、龍の国へ行きます。 R15は保険です。 魔物を倒したりとかちょいちょい残酷な描写があります。 なろうの方で主に更新しています
24hポイント 42pt
小説 9,969 位 / 79,524件 ファンタジー 2,215 位 / 22,871件
文字数 23,827 最終更新日 2020.07.27 登録日 2020.07.10
1