行き倒れ人形

行き倒れ人形

1
路地をあるけば、その辺つつけば、妖怪でてくる。そんな雰囲気の雑多な街。2030年代の日本。得たいの知れない空気渦巻く。街の間を、家々の間を。歩くわたしを何かがみつめる。そんな感じがしてくる。街行く人々も、道端にうずくまる人々も。活気はなく、目は虚ろ。これは、半分フィクション、半分ノンフィクションの物語。ダダダダダッ。街を走り抜ける一人の男。これに皆の旅案内をさせよう。世にも奇妙な現実のお話。はじまりはじまり。 人間のこと、 この世界のこと、 死んだらどうなる? 宇宙って? 時間って? 最後の審判って? みんな一度は考えるあれやこれ。 一度読んで損はない! 是非どうぞ!
24hポイント 0pt
小説 111,849 位 / 111,849件 ライト文芸 4,869 位 / 4,869件
文字数 61,590 最終更新日 2021.04.16 登録日 2021.04.15
1