柊咲

柊咲

ご覧いただきありがとうございます。
3
神は7人の王候補と、それぞれの王候補に仕える7つの駒を選定した。 王候補は互いに争い最後の一人の王候補をこの世界の真の王とする、というのがこの世界の神話だ。 そして戦争の被害にあって小さな村に逃げてきたエドはある日、王候補に宿ると言われる《キング》の駒を右手に宿した。 だが彼は、王候補になる事を拒んだ。王候補となれば世界中の危険な地へと足を運ばなければいけない。病弱な妹を一人置いてはいけない。エドは王候補の証を宿したまま、村に留まり続けた。 ──細々と平穏に義妹と暮らしたい。 そんな囁かな願いを世界は聞き入れなかった。 ある出来事によって王候補となる契約をした彼は、その時に《大切な者を守りたい》と願った。 エドに与えられた力は7つの駒、それとエドに忠誠を誓った者達に愛情を注げば強化し、その力を使用できるという力。 その力を使って、エドは共に歩んでくれる彼女達と共に、この王を決める争い──盤上の王戦へと足を踏み入れるのだった。 エロありです。その描写もあります。 エロシーンには※印を付けてます。 小説家になろうのノクターンで連載中です。 向こうが先行配信(現在20万字ほど)です。
24hポイント 49pt
小説 6,807 位 / 43,083件 ファンタジー 1,946 位 / 14,764件
文字数 200,444 最終更新日 2019.03.12 登録日 2019.01.04
英雄の父と、大賢者の母の間に産まれたルクス=フィレンツェ。 誰もが羨む血筋を継ぎしルクスは、父と母の良い部分を受け継いで生まれたのだと期待された──のだが、誰もが羨む才能には恵まれなかった。 与えられたのは、モンスターを調合して武器や消耗品といったアイテムを生成する支援加護であった。 周りからは『無能』だとか『外れ七光り』だとか言われてたルクスだが、エレナ=ティンベルだけは蔑まなかった。 それはエレナが、何らかの理由で実力を隠しているが、ルクスが本当は最強なのだと勘違いしていたからだ。 「アイツ、俺にずっと付いてきてるけど──まさか、俺の事が好きなのか!?」 「絶対に実力を隠してる。アイツは──とんでもない男になるはず!」 お互いの事を勘違いしている二人。 ──だが時を経て、お互いの勘違いは少しずつ、現実となるのだった……。 人称割合は、ルクス七割のエレナ三割です。
24hポイント 35pt
小説 7,958 位 / 43,083件 ファンタジー 2,216 位 / 14,764件
文字数 273,391 最終更新日 2019.03.12 登録日 2019.01.04
世界には魔女と呼ばれる存在がいた。 彼女らは同じ人間なのに、魔術を使えるというだけで生まれて間もない頃に危険な存在として処刑されるか、世界から捨てられていた。 そんな魔女らは自分たちの命を軽く思う世界を憎み、人間と魔女との争いは絶えることなく続いていた。 そして魔女と人間の間に生まれたグレンは、騎士になりたてのころに魔女が暮らす村──魔女村で、幼い六人の魔女を助けた。 「グレン、あいがとっ!」 言葉すら教えられず捨てられた彼女らは、グレンに助けられたことを感謝し、名前のみを覚えて走り去った。 ──そして十年後。 人間と魔女が憎しみ合わない世界を夢見るグレンは、その思想を邪魔に思った世界によって、人間の領土と魔女の領土に挟まれお互いが住むことを放棄した村へ左遷された。 「この村から、人間と魔女の共存の道を叶える。母さんと父さんが夢見てた未来の為にも」 グレンは両者からいつ襲われるかわからない危険な村を住める村にし、この場から世界を変えることを決意する。 そして運命に導かれるように──あの日、グレンが助けた幼い魔女の一人が彼を尋ねるのだった……。 これは魔女と呼ばれ同じ人間から滅ぼされようとしていた彼女らを救い、今まで教わってこなかった言葉や感情を教え、少しずつ人間と魔女が共存できる世界に変える物語である。
24hポイント 0pt
小説 43,083 位 / 43,083件 ファンタジー 14,764 位 / 14,764件
文字数 7,268 最終更新日 2019.02.19 登録日 2019.02.19
3