宮ノ上りよ

宮ノ上りよ

現代恋愛物と歴史物を書いています。 決して強いわけではない、けれど 敢えて気強く生きて行こうと頑張っている女性が好きです。 そういうヒロインが元気に活躍するお話が書けたら、と思っています。
12
恋愛 連載中 長編 R18
中学校の吹奏楽部で共にトランペットを吹きながら 有智と春久と菜々美は固い友情の絆を育んだ。 楽しかった三年間は瞬く間に過ぎて ジーサンバーサンになっても三人で変わらぬ仲でいよう、と 誓って学び舎を巣立った日から、二十数年――。 夫婦として円満な家庭を営む有智と菜々美の許に 何の予告もなく突然届いた春久からの結婚報告葉書が ふたりの間に嵐をもたらした。 三人史上かつてない程の険悪な状況の中 ふたりがかつて閉じたはずの、心の奥底の重い扉が開き始める。 生涯の友との決裂寸前の危機と 互いに敢えて目を逸らしていた、生涯の伴侶の過去の屈託。 全てを乗り越えた先に、見えたものは――。 ※拙著『縁側で渋茶』(ムーンライトノベルズ掲載)の続編的作品ですが  単独でも読める内容です。 ※R18描写は薄目です。 ※ムーンライトノベルズにて同時連載中です(内容は同じです)。
24hポイント 7pt
小説 17,324 位 / 60,682件 恋愛 5,760 位 / 14,747件
文字数 73,904 最終更新日 2019.11.14 登録日 2019.05.31
『粗忽者のそなたから、いつも目が離せなんだ』 初めて出会った川のほとりから、ずっと。 粗忽を重ねながらも日々誠実に務めを果たしている小柄な侍女を 太三郎は微笑ましく見つめ続けてきた。 戦乱の世、内海に浮かぶちいさな島の筆頭家老の子息が見た主家の興亡と 彼の生涯ただいちどの淡い想いを、ゆるゆると綴ります。 ※不定期更新です。他の作品との絡みで更新がしばらく止まる事があります。 ※この話はフィクションです。史実上の人物及び出来事が絡みますが  舞台となる地、及び主要登場人物は全て架空のものです。  史実関連の事柄については出来る限り調べた上で織り込んでいますが  不備な点もあるかと思います。予めご了承下さい。
24hポイント 0pt
小説 60,682 位 / 60,682件 歴史・時代 756 位 / 756件
文字数 9,268 最終更新日 2019.06.04 登録日 2019.05.26
夫を亡くし息子とふたり肩を寄せ合って生きていた祐子を日々支え力づけてくれたのは、息子と同い年の隣家の一人娘とその父・宏の存在だった。子ども達の成長と共に親ふたりの関係も少しずつ変化して、そして…。 ※時代設定は1980年代後半~90年代後半(最終のエピソードのみ2010年代)です。現代と異なる点が多々あります。(学校週六日制等)
24hポイント 0pt
小説 60,682 位 / 60,682件 ライト文芸 2,416 位 / 2,416件
文字数 64,997 最終更新日 2018.09.19 登録日 2018.07.26
「弓佳がよっちゃん護ってあげるんだから」 数えて十五の正月、同い年の従兄・美矢の『元服式』で巫女舞を神前に献じた弓佳。 世が世なら宮江一族の一の姫『斎姫』として、宮江の『総領』の護り神となる身ゆえに。 幼い頃から、大人になった今も、どこか頼りない次期『総領』を護ろうとずっと思い続けてきた。 そんな弓佳に、美矢は…。 伴侶にはなれない、恋人じゃない、兄妹じゃない、だけど、特別な存在。 小さな島の一族の伝統と伝説に絡んだ、幼馴染で仲良しの従兄妹の物語。
24hポイント 2pt
小説 3,258 位 / 19,530件 恋愛 1,339 位 / 5,052件
登録日 2014.07.04
幼い頃からいつも一緒で仲良しの、総領の嫡男と同い年の従妹の姫。 互いの胸の内で密やかに育ててきた想いを認め合った時、ふたりの恋は終わりを告げた。 彼の元服と同時に、彼女は生涯独身の斎姫の任に就く。 一族と総領の護り姫として、一族を率いて戦に臨み必ず勝つという彼の夢を、護るために。 宮江一族に伝えられてきた悲劇の伝説の、ふたりの真実の物語。 登場人物、場所、出来事等は全てフィクション。悲恋物です。
24hポイント 0pt
小説 19,530 位 / 19,530件 歴史・時代 441 位 / 441件
登録日 2014.07.04
恋愛 完結 長編 R18
付き合い始めて半年。美矢と弓佳の関係は付き合う前とほぼ同じ。 なのに馴れ合い感だけは日毎に増してまるで倦怠期の夫婦状態。 …付き合っているんだよね、私達。 弓佳の二十五歳の誕生日、曖昧なふたりの関係に転機が訪れる。 伝説の悲劇の総領と斎姫によって。 ※『平成イツキヒメ』『隠れ鬼』の続編です。
24hポイント 2pt
小説 3,258 位 / 19,530件 恋愛 1,339 位 / 5,052件
登録日 2014.07.08
数えて十五の正月、『元服式』に臨む美矢の前に、突然降りてきた女神。それは一族の『一の姫』である同い年の従妹・弓佳が扮した『斎姫』だった。 ※「平成イツキヒメ」番外編。本編より10年前の話。元服式を美矢視点で描いたものです。
24hポイント 1pt
小説 4,113 位 / 19,530件 恋愛 1,618 位 / 5,052件
登録日 2014.07.17
一緒に下校するのが楽しみだった親友を、突然従兄の美矢に取られた弓佳。話し足りない事を分厚い手紙で交換し合うようになったが、ある日彼女の転校が決まり…。 ※「平成イツキヒメ」番外編。本編より10年前の話。元服式を弓佳視点で描いたものです。
24hポイント 0pt
小説 19,530 位 / 19,530件 恋愛 5,052 位 / 5,052件
登録日 2014.07.17
運命を変えられなかったふたりの想いに触れて、一緒に運命を超えようと決めたふたり。ここまで色々な事があって、これからまだまだ色々あるだろうけれど、それでも一緒に生きて行こうと決めたから…。 ※「総領と斎姫シリーズ」完結編。「愛で逢い月に」(注:R18)の後日談です。
24hポイント 1pt
小説 4,113 位 / 19,530件 恋愛 1,618 位 / 5,052件
登録日 2014.07.17
恋愛 完結 長編 R18
春久と有智と菜々美は中学校吹奏楽部の同期名物トリオ。 渋茶が大好きな男子ふたりに菜々美はいつも言っていた。 「ジーサンバーサンになっても縁側で渋茶すすって語れる友達でいようね」 ずっと友達でいるために、春久への片恋を心の奥にしまい込んだ菜々美。 そして有智も、菜々美の願いを共に叶えるために自らの想いを封印した。 中学卒業後、それぞれの場でそれぞれに成長していく三人の仲の行く末は…。
24hポイント 9pt
小説 1,575 位 / 19,530件 恋愛 629 位 / 5,052件
登録日 2015.08.19
恋愛 完結 長編 R18
それは二十代も後半を過ぎた、春のこと。職場の飲み会の帰途、以前付き合っていた同僚に未だ恋人がいない事を揶揄され執拗に絡まれていた所へ、突然現れて助けてくれたのは、地元を離れて久しい中学時代の吹奏楽部の同期男子だった。『だったら俺を遠恋の彼氏って事にしておけ』国内外を忙しく飛び回る彼と、ほぼ毎日メールを交わし続けて十年余り。この春、久々に再会した彼が口にした新たな提案は…。
24hポイント 9pt
小説 1,575 位 / 19,530件 恋愛 629 位 / 5,052件
登録日 2015.11.09
恋愛 完結 長編 R18
三十代半ばを過ぎて彼氏いない歴=年齢、片恋に悩んだ事すらない。男を知らない貴女に他人の恋の悩みが理解出来るはずがない、と。友人から痛烈な言葉を浴びせられ、どうしたものかと彼女は考えた。『男を知るって意味わかんない』『じゃ俺が教えてやろうか?』初恋の女性と一夜を共にした後に知らされた、最低過ぎる成り行きととんでもない真実に、深酒のせいで前後不覚だった自分を彼は呪った。 いつもほわんと笑っている彼女と、目立ちたがりでも生真面目な彼の、どうしようもなく軽はずみなきっかけから始まった、遅咲きの恋の物語。
24hポイント 8pt
小説 1,685 位 / 19,530件 恋愛 681 位 / 5,052件
登録日 2016.09.10
12