ランスルー

ランスルー

小説を書く人、紺野たくみ。小説・マンガ・イラストを描く人、石田走(いしだらん)。二人のユニットです。
23 12
舞台は、白く輝く「真月(まなづき)」と、赤く暗い月「魔眼」の二つの月を持つ世界、精霊火(スーリーファ)と呼ばれる光球が河のように流れる、エナンデリア大陸。 主人公は森に住む部族クーナ族の狩人、十五歳のキール。 ある日、奴隷狩り部隊ベレーザの襲撃を受け、村は焼かれ女と子どもが連れ去られる。キールはたった一人の肉親、妹スーリヤを助けるため、村の狩人たちと追撃の旅にたつ。奴隷狩り部隊の本拠地で、炎の精霊の守護を受け、精霊巫術をあやつる少年ジークリートに出会い、彼の助けを得て村人たちを助け出す。奴隷狩り部隊を各地に派遣しているグーリア王国の王バルケスを倒しに行くというジークリート。キールはジークリートと行動を共にする。 妹スーリヤ、スーリヤに似た精霊の少女スゥエ、水晶の谷の女王チャスカ、ジークリートの師であるエルレーン公国の巡礼ケイオン。それぞれの目的のため、グーリア王国の首都ソルフェードラに集結する。
24hポイント 0pt
小説 19,048 位 / 19,048件 ファンタジー 7,281 位 / 7,281件
都市国家レイオニアで療法師を営むフィオンは天涯孤独。  ある日、連盟の依頼により南の辺境に派遣されることになり、養家カウ シマでの義理の妹ヴェルドと護衛のキースと共に旅立つことになる。  しかしこの申し出には裏があった。フィオンは十一歳にして力の『証』なき者ゆえに死んだことにされたレイオニアの皇女。実の父に捨てられたと思い込んでいた。しかし父王はフィオンを、世界的規模で起こる災害を防ぐためにだけ生まれる約束の救世主という、恐ろしい運命から守ろうとしたのだった。北の街に落ちた大火球による災害が起こる。調査隊長クリシスはレイオニア王座を乗っ取ろうとしているように見えるが、外宇宙からきた生命体に身体を奪われた『ゲームの駒』であった。  クリシスは王に取り入るうち、消された皇女フィオンの存在を知る。彼らにとって唯一の天敵である『エネルゲイア』の証を持つ者。クリシスはフィオンの生命を狙い、同時にレイオニアの実権を握る計画を進めていく。  クリシスに依頼された刺客ティグリスたちはいつしかフィオンたちを助けることになり、クリシス(異世界の生命体)に対する共闘を行う。
24hポイント 0pt
小説 19,048 位 / 19,048件 ファンタジー 7,281 位 / 7,281件
大好きなマンガ、オススメのアニメ、小説などのこと、また活動報告など。
24hポイント 0pt
ブログ 4,926 位 / 4,926件 コミック・漫画 183 位 / 183件
23 12