白田 まろん

白田 まろん

作品の更新は不定期です。Twitterからのメッセージは拒否してます。
7
ファンタジー 連載中 長編 R18
初めてのR18作品です。 タイトルはアレですが、ちゃんとしたストーリーも展開します。  生中忠(イケナカ タダシ)、16歳。彼のあだ名はナマナカダシだ。  彼はプールの授業で水中に潜って、女子の水着姿を眺めるのが何よりの楽しみだった。要するにオカズを求めていたのである。  ところがある時、それをクラスメイトの女子に見つかってしまう。慌てた彼はうっかり水を吸い込んでしまい、浮き上がろうとしたが足がつって溺れ死んだ。  そして自称女神に出会った。 「イケナカタダシさん、貴方は死にました」 「貴方をここに呼んだのは私です」 「実は、貴方にお願いがあるのです」 <彼の心の声>  ほらきた、やっぱり異世界転生コースじゃないか。記憶を持ったままチートも付けて転生させるから、その代わりに魔王を倒してくれとかだろ。だがゴメンだね。誰が好き好んでそんな危険な取引に応じるもんか。  思春期の、ヤルことしか頭にない童貞の本当の願いとは何だ。それはヤルことだよ。チートくれるってんなら好きなだけヤレるとかの能力よこせってんだ。 <彼の心の声ここまで>  だが、彼は女神の願いを聞くことになる。何故なら、美しい女神が童貞を入れさせてくれたからだ。しかもナマで、中出しオッケーだと言う。口抜きも合わせて15回くらいヤった。  ところで女神の願いとは、男性の数が極端に少なく、少子高齢化が進む異世界に転生して、子供を作りまくってほしいというものだった。もちろんそのために必要な諸々のチートも与えられた。マツタケは生前の1.5倍、しかも女神でさえ何度かイってしまうほどのカリの大きさだ。  他にも子作りに欠かせないような能力があった。  そして何より願いを叶えて寿命を迎えた後は、女神との蜜月まで約束されたのだ。その希望を胸に、彼は異世界に転生するのだった。 ※数字は基本的に算用数字にて表記しています(例外あり)。 ※女の子がかわる時にチンコ洗わないのとか、終わった後にどうしてるのとかは、無駄に文字数増えるので基本的に描写から省いてます。
24hポイント 9,854pt
小説 217 位 / 84,862件 ファンタジー 64 位 / 24,580件
文字数 87,143 最終更新日 2020.10.25 登録日 2020.09.27
 清原拓己(きよはら たくみ)は無職童貞の28歳。ハローワークで職探しの毎日だった。  ある寒い日、住んでいるボロアパートの玄関前に、やたら薄着のJKっぽい女の子が行き倒れているのを見つける。  仕方なく家に迎え入れたが、お腹が減ったと訴えて彼女が指さす先には、彼の勃起して膨らんだ股間があった。  そして、金縛りにあったかのように体の自由がなくなり、ズボンとパンツを下ろされてしまう。 「あむっ♡」  生まれて初めて女の子にフェラチオされ、そのまま彼女の口に射精してしまう。 「おいちっ♡」  ところがそれを全部飲みこんだ彼女は、次にこんなことを言い出した。 「今度はこっちにちょうらい♡」  彼女は自分でミニワンピのスカートをめくり、よだれを垂らしているかのように濡れているワレメを見せたのである。 ☆前後編合わせて約1.1万字弱です。 書いてたら1万字越えたので、前後編に分けました。
24hポイント 312pt
小説 3,246 位 / 84,862件 ファンタジー 804 位 / 24,580件
文字数 11,187 最終更新日 2020.10.05 登録日 2020.10.05
 俺はリュオナール・アキオス。辺境の小規模ギルド、アメインではAランクの冒険者だ。とは言ってもそれはこのギルドが大陸では最底辺に甘んじているからに他ならない。  アメインのAランクは王都にある大規模ギルドならCランクがいいところだろう。要するに余所の中堅以上のギルドを含めれば、俺なんか下っ端の下っ端というわけだ。  そんなある日、火噴き豚(ファイヤーボア)の討伐に出ていた俺は、身なりは粗末だがドキッとするほど美しい幼女を助けた。  ところがこの幼女、自分は異世界のニホンとかいう国から転生してきたと言う。可哀想に、魔物に襲われた恐怖で頭がイカれちまったらしい。しかし火噴き豚が現れる森に置き去りにするわけにもいかず、行く宛てもないと言うので、ひとまず彼女を連れ帰ることにした。 「私の名はゆりあ、花の百合に愛と書いてゆりあね」 「何だそれ? 意味が分からねえ」 「そっか、こっちの世界では漢字とかないのか。ならユリアでいいわ」  何が違うのか分からないが、とにかくこの幼女はユリアという名前らしい。  ところがユリアは幼女のクセに、神話級の攻撃魔法まで使えるという。 「でもやり方が分からないのよ。女神様も教えてくれなかったし」  俺には何を言っているのか分からなかったが、ギルドで能力を測定したら真実の氷を沸騰させちまいやがった。  文句なしのSランク、というかその上があるならそっちということだ。これは由々しき事態である。王国で唯一のSランク冒険者と言われるオーギュドでさえ、小さなコップ1杯分しか溶かせなかったのだ。俺なんかわずかに表面の一部が溶ける程度だったのに。  そんなわけで、俺は彼女とパーティーを組むことにしたのである。 ※基本的に数字は算用数字で表記してます。
24hポイント 191pt
小説 4,674 位 / 84,862件 ファンタジー 1,196 位 / 24,580件
文字数 85,818 最終更新日 2020.10.03 登録日 2020.08.09
あべこべ要素は薄いです。 数字は基本的に算用数字にて表記します(例外あり)。  主人公コムロ・ソウタは日本で80歳近い天寿を全うして異世界に転生。その転生した先は日本とは美醜の感覚が逆転した世界だった。  ソウタが転生したのはオオクボ王国。隣国にはタケダ王国。  そして日本での若い頃は全くモテなかった彼が、転生先では超絶イケメン扱い。クラスメイトはもちろん、学校一の美人からもモテモテとなる。  そんなある日、王国の姫殿下の付き人タノクラ・ユキと出会う。彼女はタノクラ男爵の娘、つまり貴族だったが絶世のブサイク、ということはソウタにとっては超美少女に見えるということである。  ちょっとした一悶着の末にユキに好かれるようになったヒコザは、自分もユキに惹かれるようになる。  ところがタノクラ男爵の城を訪れた時に出会ったメイドさんたちが、これまたソウタの好みにドストライクで、特にアカネとはギリギリな関係になっていく。  そんな折、カシワバラ・スズネという少女がヒコザのクラスに転入してくる。彼女もまたこの世界では類を見ないほどのブサイク、ソウタにとってはユキに勝るとも劣らない美少女であった。  だが、スズネには何やら秘密めいた雰囲気が漂っており……  なお、この世界の教育制度は10歳までの初等が4年、12歳までの中等が2年、18歳までの高等が6年となってます。ソウタは16歳なので高等4年生です。そして12歳になれば成人として認められ、飲酒も結婚も出来るようになり、人口の男女比1:3により一夫多妻制です。 ◆◇◆◇ 産出される鉱石オーガライトにまつわる陰謀、ちょっかいを出してくる隣国など、基本はニヤニヤ狙いのラブコメですがシリアスなストーリーも展開します。 国を治めるのは大名ではなく王族、身分制度も士農工商ではなく貴族、平民、奴隷など。 ★時々武将っぽい名前やらが登場しますが、名前だけで史実はほとんど関係ありません。 ★本作はなろうにて完結済の『平凡だった俺が異世界基準では超絶イケメンでお姫様の付き人に好かれているようです』のリメイク版です。 ※主人公と一部キャラの名前が変わってます。 楽しんでいただけたら幸いです。
24hポイント 198pt
小説 4,583 位 / 84,862件 ファンタジー 1,188 位 / 24,580件
文字数 2,696 最終更新日 2020.09.22 登録日 2020.09.21
 世界樹の精霊、イグドーラのうっかりミスのせいで住んでいた世界からこぼれ落ちてしまった唐沢大樹(からさわだいき)。元の世界には戻れないと分かって、精霊の勧めに応じ、別の世界で暮らすこととなる。  一部制約はあるものの、基本的に何でも叶う魔法の力と、無限の体力を得て向かった先は、人以外にも様々な種族が暮らす世界だった。  そこでまず彼は、ゴブリンに襲われそうになっていた美少女エルフを助けることになる。怯えきっていた彼女を何とか説得し、町に辿り着いた彼は、ギルドで賢者と認定された。  スフリア王国建国依頼、王国では初の賢者の誕生である。 ※あらすじは現在編集中です。 ※数字は算用数字を使用してます。 ※BL要素はありません。
24hポイント 7pt
小説 20,186 位 / 84,862件 ファンタジー 4,630 位 / 24,580件
文字数 18,096 最終更新日 2020.08.15 登録日 2020.08.08
メタネタ多めです。嫌いな方はご注意下さい。 生まれつき体が弱かった主人公、坂下遥人はある日、憧れだったボクシングジムの前で気を失い、大型のワゴン車に轢かれて死ぬ。そして異世界に転生した。 「強くなりたいです! あと、赤ん坊から始めるのは面倒なんで」 「それと、俺は女の子に縁がなかったので、出来れば可愛いお姫様と仲良くなれるとか」 そんなことを願った彼だったが、最初に出会ったのはラノベによくあるポンコツ女神。 そして彼は、オークに殺された元々の体の持ち主、勇者デコピンの体に転生した。 ―――― ◆ガチャとは  スマホなどのソーシャルゲーム内で使えるカードやアイテムを購入する仕組みのこと。ガチャを引くために利用者は、通称『石』と呼ばれるアイテム(ゲーム何でのアイテム名は様々)を購入する。一般的にはガチャ1回分が100円から数百円程度で、この金を支払うことを『課金』と言う。  ただし最初のうちは、ゲームを始めたばかりの人のために、無料でサービスしていることがほとんど。初回10連無料、などというのがそれ。  なお、運営(運営については下記参照)の不手際やプログラムのバグなどで利用者に不利益が発生した場合、お詫びとして支払われるのも『石』である。これは一般的に『詫び石』と呼ばれている。  ちなみにこのガチャ、ハマると数十万円から数百万円、中には数千万円を使う人もいる。こういう人たちのことを重課金者、廃課金者などと呼ぶ。この人たちのお陰でゲームが続けられるとも言われている。 ◆運営とは  ゲームを配信し、この仕組みを使って利益を得ている組織のことを『運営』という。運営はゲームに様々な機能を提供し、利用者を飽きさせないようにして、継続的に利益を得る努力をする。  運営の方針に納得出来なければ、利用者はゲームをやめるか、泣く泣く続けるかの選択肢しかない。もちろん、横暴が続けば利用者が減り、運営そのものの存続が危うくなるのは当然である。 ◆ガチャ  『ガチャ』はタカラトミーアーツさんの登録商標です。 ――――
24hポイント 49pt
小説 9,555 位 / 84,862件 ファンタジー 2,105 位 / 24,580件
文字数 94,918 最終更新日 2020.01.09 登録日 2019.12.06
恋愛 完結 長編 R15
異世界要素はありません。 完全に現代のお話です。 妻を事故で亡くして半年弱、池之内亮太は今週いっぱいで退職が決まっていた。その週の初日は新入生の通学が始まる日で、通勤電車もすし詰め状態である。 そんな中、彼の前に立った少女が痴漢に遭っているところに出くわす。 「あれ? 久しぶり!」 少女の様子からあまり事を荒立てない方がいいと考えた彼は、機転を利かせて初対面なのに彼女にそう声をかけた。お陰で痴漢の手は引っ込み一安心。人違いだったと告げたのだが、返ってきた応えは違っていた。 「お久しぶりです!」 それほど長くない、ちょっとハートフルな物語をお届けします。 ★手違いで非公開にしてました。すみません。
24hポイント 21pt
小説 14,676 位 / 84,862件 恋愛 6,171 位 / 22,613件
文字数 30,192 最終更新日 2019.04.29 登録日 2019.04.10
7