白田 まろん

白田 まろん

誤字脱字は随時修正してますが、それでも見つけたら教えて下さい。
3
 ちょっとだけ(?)エッチな妖猫の女の子がいる基本ほのぼの日常系です。時々戦ったりもしますが。 「私とまぐわいたいと言うのならそれも構いません」 「私だけを愛してくれると約束してくれなければ嫌です!」  日本のどこかの田舎では、妖怪や幽霊の存在が自然に語られている。主人公久埜猪(くのい)カマラの父親も、時々十年ほど前に死んだ母親と話をしたなんて言っているくらいである。そんなカマラはある日、山で傷ついた大きな猫を拾い手当てをするため自宅に担いで連れ帰る。翌日、その大猫は吾輩は猫であると宣う、漱石先生と知り合いだと言う自称十五歳の可愛らしい少女の姿になっていた。  しかしこの少女が実はエロ猫で……
24hポイント 440pt
小説 914 位 / 23,201件 キャラ文芸 26 位 / 594件
文字数 108,443 最終更新日 2017.12.12 登録日 2017.11.01
オレは主人公の神武居アキラ。日本の高校二年生だ。 まともに学校にも行かず、主に異世界のギルドで依頼をこなして生活している。 オレはこの異世界では魔力に似た法力というものを使える。 ただしその法力を使うととにかく腹が減るんだ。 だからオレへの依頼は最低限で百人分の食事が必要経費となる。 もちろん使う法力によっては五百人分とか千人分とかになるから、報酬が高くなってしまうのは仕方がないことなんだ。 そんなわけで、ここには依頼という形でオムニバス形式でエピソードを載せている。 よかったらちょっとでもいいんで、読んで行ってくれると嬉しい。 ※一部に過激ではないと思いますが性的表現を含みます。
24hポイント 340pt
小説 1,110 位 / 23,201件 ファンタジー 525 位 / 8,686件
文字数 409,389 最終更新日 2017.11.23 登録日 2017.08.07
 八十歳近くで天寿を全うした主人公コムロ・ヒコザが日本での記憶を持ったまま異世界に転生します。ただし神様にも会わないし能力的チート要素は全くありません。妖術と言われる魔法の類いも使えず、生まれたのも貴族ではなく平民です。  転生した先の世界は現代日本より二、三百年前の江戸時代のようなところで、日本人のような名前ながらも少々古くさい感じがします。また国を治めているのはお殿様ではなく王様で、身分も士農工商ではなく王族、貴族、平民となっています。ただ日本と大きく異なるのがその世界の美的感覚で、日本人感覚で美人とか可愛いと感じる女性は平凡な容姿、逆に普通やそれ以下が美人と認識されます。それは男性も同じで、日本では平凡な容姿だったヒコザは生まれ変わって超絶イケメンに見られるようになっていました。当然モテモテです。  そんなヒコザが超美少女と言われる姫殿下の付き人、タノクラ・ユキに出会います。ユキの容姿は普通かそれ以下、ということはヒコザにとっては超美少女ということになります。もちろんユキから見たヒコザはイケメンです。そんな二人は互いに惹かれ合うのですが……。 主人公:コムロ・ヒコザ、十六歳。 平民。日本での容姿は平凡だったが、なぜかこっちの世界では超絶イケメンとされている。 短めにカッとした黒髪。実はこの世界では黒髪は珍しい。父はトウベエ、母はサヨ。 ヒロイン:タノクラ・ユキ、十五歳。 姫殿下の付き人。父親が男爵。ヒコザ基準で可愛い顔。こっちの世界では普通顔。身長百五十センチ。 腰まである水色の長い髪にキュッと締まった細い腰と足首。胸はDカップくらいある。
24hポイント 0pt
小説 18,417 位 / 18,417件 ファンタジー 6,689 位 / 6,689件
3