沖世みのり

沖世みのり

猫と萌えと自分の車(四代目ジムニー)が大好きな腐女子……もといすでに貴腐人
3
BL 連載中 長編 R18
 これは、守るべきものの為に己を偽るラウールと、愛するラウールの側にいる為にその最愛の人を欺くオリヴィエの物語  光神ユーウィスの拓きし国ルクウンジュ。  ルクウンジュ王都に住むメールソー・ラウールとリオンヌ・オリヴィエは、サン・ポワティエ学院幼年部時代からの同級生だった。  メールソー子爵家当主のラウールはメールソー商会の若き社長として世に知られ、オリヴィエはその彼を支える良き補佐役だ。  けれど彼らの間には世間には知られていない絆があった。  ある出来事をきっかけに、彼らは自分たちの『嘘』のために膠着してしまったその絆を見つめ直す。  19世紀末〜20世紀初頭のヨーロッパをモデルにした架空の国が舞台の物語です。  第一話 秋の夜会を君と(オリヴィエ(攻)視点。ラウール34歳、オリヴィエ35歳)  第二話 春の日に君と秘密を(オリヴィエ(攻)視点。ラウール、オリヴィエ中学二年生)  第三話 冬の季節の、君の贈り物(オリヴィエ(攻)視点。ラウール、オリヴィエ高校三年生)  第四話 夏の嵐が、貴方達の嘘を(ギュスターヴ(ラウールの弟)視点。一話の約一ヶ月前)  第五話 リラの下で君と踊る(ラウール(受)視点。一話の約八ヶ月後)  本編全5話(4つの短編と1つの中編)+番外編の予定。(カッコ内は各話の視点と、時系列の目安)。
24hポイント 7pt
小説 17,971 位 / 60,807件 BL 2,958 位 / 5,221件
文字数 63,208 最終更新日 2019.12.10 登録日 2019.11.11
BL 完結 短編 R18
冬の始まりの朝 隣にいる恋人の温かさが嬉しく でも切ない  光神ユーウィスの拓きし国ルクウンジュ。  王立学院大学一年生のチグサ・ハツキとメールソー・テレーズは、恋人同士になって一ヶ月になっていた。  お互いが触れ合う時間は愛おしく、なにものにも耐え難いものだったが、ハツキにはテレーズに決して打ち明けるわけにはいかない思いを抱いていた。  拙作「僕は君と踊る夢を見る」の主人公ラウールの一番下の弟カップルの物語です。  物語中の年代は正歴1819年12月になります。  全3話を予定しています。  全話公開後、Twitterで公開した、この二人のもう一つのSSをこちらで公開します。
24hポイント 28pt
小説 10,956 位 / 60,807件 BL 1,753 位 / 5,221件
文字数 10,256 最終更新日 2019.11.13 登録日 2019.11.10
BL 完結 短編
光神ユーウィスの拓きし国ルクウンジュ。 この国の東の山間部に位置するベーヌ地方に住むチグサ・ハツキは大学進学のため、今晩ベーヌを出発する汽車に乗って、遠く王都へ旅立つ予定だった。 可愛がっている猫を連れて、故郷の最後の風景を見に出かける。 故郷の景色を見て彼に去来する思いは――
24hポイント 0pt
小説 60,807 位 / 60,807件 BL 5,221 位 / 5,221件
文字数 2,439 最終更新日 2019.11.11 登録日 2019.11.11
3