ゆうのすい

ゆうのすい

長期休載中
4
今日は息子の優貴(ユウキ 10歳)と一緒に通っている空手道場のハロウィンパーティ。 ハロウィンパーティ参加のための準備を終えた父親の卓(スグル 42歳)は、自分が楽しみにしているチートで俺TUEEE!なオンライン小説を読むべく籠った自宅のトイレにて、創造神に異世界転移を強要される。 しかし、創造神の目的は卓の家で飼っているロングコートチワワ(オス)のヒナタを異世界転移させる事だった。 創造神の力により、今いる世界から無理矢理に引き剥がされた卓に優貴、そしてヒナタ。 目覚めた先でポンコツ創造神から与えられたのは、妙に強すぎる加護やチートレベルのスキル、加えてヘンテコなオリジナルスキルとご都合改変された装備達だった。 創造神の本来の目的であるチワワのヒナタ、そのオマケの優貴、さらにそのオマケの卓達の二人と一匹が、ちょっと微妙なスキルや装備を引っ提げて、一風変わった異世界を無双?いや、それなりに暮らしていくちょっと愉快な物語である。 … 「――ねえ、お父さん…ハロウィンパーティはこっちにもあるかな…」 「優貴、異世界にハロウィンは無いんじゃないか?コスプレは出来なかったけど、あんまり気を落とすなよ…」 『にーちゃん。ハロウィンはぼくとやろうよ~』 「なになに?ハロウィン?この世界にもあるわよ?でもコスプレは無いのよね~、皆コスプレみたいなもんだし」 「じゃあ異世界のハロウィンは何するイベントなの?」 「托鉢(たくはつ)よ。トリック?なんとか…って呪文を唱えながら、僧侶見習いの小僧が家々を回って食べ物貰うイベントよね?」 「…」 「…」 『…ごはん貰うの?』 ――そんなんハロウィンと違うわ!―― 卓、優貴、ヒナタの異世界の旅は続いていくのであった。 ※本会話はイメージです。  実際の登場自分物やストーリーには一切関係がなくもありません。 ◇◇◇ 「小説家になろう」でも同時掲載しております。
24hポイント 0pt
小説 63,835 位 / 63,835件 ファンタジー 19,976 位 / 19,976件
文字数 350,843 最終更新日 2018.09.11 登録日 2017.12.31
西暦三千年の未来、宇宙開発関連の仕事に就きたい15歳の少年 犬童 白虎(インドウ ビャッコ)は、宇宙開発高等学校の入学試験を受けるべく未来の乗り物モーターチェアで移動していた。 自動運転での移動中、目的地に着くまで軽く一眠りすることにした白虎。 だが目覚めた時、白虎は目を開ける事すら出来ない暗闇の中にいた。 脳に直接話しかけてきた脳外科医長の話で、白虎は想定外の事故により脳だけが生き残った状態だと知らされる。突然の出来事で体を失った彼は、色々あって最新の義体に脳移植する事になったのであった。 無事、脳移植を終え、目覚めてすぐに新たな身体を確認する白虎。 その身体に大変な異常があることに気が付いた白虎の運命は!? 小説家になろうでも同時掲載中です。 ※良いタイトルが考えつきましたら変更の予定です。
24hポイント 0pt
小説 63,835 位 / 63,835件 ファンタジー 19,976 位 / 19,976件
文字数 62,652 最終更新日 2018.02.23 登録日 2018.01.15
ライト文芸 完結 ショートショート
屑な両親から生まれた男の物語。 一匹の犬から始まった数奇な運命から、男は多くの老犬達を飼い続ける事を選んだ。
24hポイント 0pt
小説 63,835 位 / 63,835件 ライト文芸 2,445 位 / 2,445件
文字数 5,044 最終更新日 2018.01.12 登録日 2018.01.12
今日は息子の優貴(ユウキ 10歳)と一緒に通っている空手道場のハロウィンパーティ。 ハロウィンパーティ参加のための準備を終えた父親の卓(スグル 42歳)は、自分が楽しみにしているチートで俺TUEEE!なオンライン小説を読むべく籠った自宅のトイレにて、創造神に異世界転移を強要される。 しかし、創造神の目的は卓の家で飼っているロングコートチワワ(オス)のヒナタを異世界転移させる事だった。 創造神の力により、今いる世界から無理矢理に引き剥がされた卓に優貴、そしてヒナタ。 目覚めた先でポンコツ創造神から与えられたのは、妙に強すぎる加護やチートレベルのスキル、加えてヘンテコなオリジナルスキルとご都合改変された装備達だった。 創造神の本来の目的であるチワワのヒナタ、そのオマケの優貴、さらにそのオマケの卓達の二人と一匹が、ちょっと微妙なスキルや装備を引っ提げて、一風変わった異世界を無双?いや、それなりに暮らしていくちょっと愉快な物語である。 … 「――ねえ、お父さん…ハロウィンパーティはこっちにもあるかな…」 「優貴、異世界にハロウィンは無いんじゃないか?コスプレは出来なかったけど、あんまり気を落とすなよ…」 『にーちゃん。ハロウィンはぼくとやろうよ~』 「なになに?ハロウィン?この世界にもあるわよ?でもコスプレは無いのよね~、皆コスプレみたいなもんだし」 「じゃあ異世界のハロウィンは何するイベントなの?」 「托鉢(たくはつ)よ。トリック?なんとか…って呪文を唱えながら、僧侶見習いの小僧が家々を回って食べ物貰うイベントよね?」 「…」 「…」 『…ごはん貰うの?』 ――そんなんハロウィンと違うわ!―― 卓、優貴、ヒナタの異世界の旅は続いていくのであった。 ※本会話はイメージです。  実際の登場自分物やストーリーには一切関係がなくもありません。 ◇◇◇◇◇ 本サイト、アルファポリス側でも投稿中です。 https://www.alphapolis.co.jp/novel/408370660/450156580 宜しくお願い致します。
24hポイント 0pt
小説 19,103 位 / 19,103件 ファンタジー 7,458 位 / 7,458件
登録日 2017.12.22
4