1
高校生の夏目柚木は、生まれつき「殺人欲求」を抱えた人殺し。 頭の中で行う殺人と時折行う殺人を使い分けることで、その異常な欲求が暴走しないよう努めながら生きてきた。 しかし高校二年の春の夜、自分と似た「殺人衝動」を抱えた人殺しと邂逅してしまう。 少年の名は、雪町宗介。 夏目と同じ高校に通い、委員会を同じくする一つ上の先輩だった。 春の夜に邂逅した、二人の人殺し。 これは、歪んだ二人が綴る春夏秋冬の物語。
24hポイント 0pt
小説 91,636 位 / 91,636件 ライト文芸 3,789 位 / 3,789件
文字数 66,617 最終更新日 2020.04.11 登録日 2020.04.03
1