5
少し特殊な最強テイマーの青年は、仲間の魔物たちと共に人間の街を去る。 そして旅を続けた結果たどり着いた山で洞穴を掘って暮らすことに。 そんな時..... 「おいおいこんなところにダンジョンがあるぜ。」 冒険者たちがやってきて.....。 その後から.....。 「このダンジョンを我々の参加に加えてやろう。」 魔族がやってきたり...。 「おおこんなところに良さげな洞窟があるじゃねーか。」 盗賊の住処にされそうになったり 「この危険なダンジョンを破壊しろ。」 最強テイマーの青年とその仲間たちのスローライフは実現するのか?! 「どうか僕たちにスローライフをさせてください。」
24hポイント 0pt
小説 41,092 位 / 41,092件 ファンタジー 14,274 位 / 14,274件
文字数 4,239 最終更新日 2018.12.25 登録日 2018.12.25
昔は昔の大昔、一柱の神がいた。 その神は創造神と呼ばれ、この世に生きる全てのものを作り出した。 だが作った後、創造神は仕事を何もせず、自堕落に過ごした。 ある時ついに創造神は自分の作り出した他の神々によって、信者を減らされる。 そうして創造神は神格を失う。 一時的に世界の理によって封印された、創造神は、創造神では無く、 最下位の地神として蘇る。 そんな創造神が、祠くらいがちょうどいいと思い、祠でまた自堕落に過ごそうとするが.....。
24hポイント 0pt
小説 41,092 位 / 41,092件 ファンタジー 14,274 位 / 14,274件
文字数 3,049 最終更新日 2018.12.17 登録日 2018.12.16
ファンタジー 連載中 長編 R15
とある少年、ラキアスは幼馴染サーシャと15歳の時婚約をした。 ある時神からのスキルを授かるために近くの町の教会へ、行く。 そこでラキアスはスキルを授かるが、 スキルは外れスキル【裁縫】だった。 そしてサーシャはというと、勇者とともに魔王を倒すために選ばれた、【賢者】だった。 そのままサーシャは、教会の者たちにより王都へ連れて行かれる。 ある時ばったり会ったサーシャとラキアスだが突然に婚約破棄を申し立てられる。 それがサーシャの考えだというのならと、ラキアスは了承するが.....。 そんなラキアスが少しざまぁ?する物語 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 小説家になろう等でも投稿中です。 こちらもブクマ、評価よろしくお願いします ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 午前10時 午後3時 午後6時05分 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 通貨単位 白金貨 1000万G 大金貨 100万G 金貨 10万G 大銀貨 1万G 銀貨 5000G 大銅貨 1000G 銅貨 100G 大鉄貨 10G 鉄貨 1G ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 1000お気に入り件数ごとに、5話投稿します。
24hポイント 142pt
小説 3,457 位 / 41,092件 ファンタジー 1,120 位 / 14,274件
文字数 53,306 最終更新日 2018.12.16 登録日 2018.12.05
主人公カインは信頼できる人たちに、 裏切られた家を追放される。 そんな中Sランクパーティ、真青の海龍は、森の奥のダンジョンの踏破をすることに。 だがそのダンジョンにはある秘密が。 ダンジョン?はボロボロで今にも崩れそうになっている。 荷物持ちとして同行させられたカインは、ダンジョンが落盤した時に仲間に 裏切られたて埋め立てられたが、 転生魔法陣によりドラゴンに転生した。 少女と出会い考えが変わる。 自分の親しい人や物に手を出す輩は、 未遂の間に復讐をする。 その復讐は毎回、相手に大恥をかかせて終わる。 可愛い見た目と裏腹に、とてつもない復讐心を持っているがどこか優しい、 猫被りドラゴンの物語。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 普段は一日1回たまに一日2回投稿します。 普段は午後8時で、たまに二話投稿する時は、午後10時に投稿します。
24hポイント 14pt
小説 9,791 位 / 41,092件 ファンタジー 2,744 位 / 14,274件
文字数 4,953 最終更新日 2018.12.13 登録日 2018.12.12
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ある時一つのスキルが目覚めた。 そのスキルは【再起動】昔の昔の大昔に一度だけ生まれそして停止したそれはすでにユニークスキルといっても過言ではなかった。。 そのスキルは無力だった。 力が足りず...もともとは力がなかったスキル。 スキルは、力の無さにどれだけ嘆いたことか。 嘆いたことでは足らず、どれだけ自分を卑下したか。 そしてそのスキルはすべ者が死に、永遠に目が覚めないと思われた。 スキルは目を覚ました。 そこで1人の少年と出会う。 否、再開する。 知らず識らずうちに再開した2人は、今度は幸せに手にするために歩み出す。 ただそれだけの鈍感ファンタジー。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 起動の心の声は〝〟に挟まれている言葉です。 〝〟には挟まれている言葉は声には出していません。 会話文には「」の間の言葉だけです。 少年の思ったことは、〈〉の間の言葉です。 ()の中には、前の言葉を他の言い方に変えた文です。要は言い換え。 要約すると。 〝...........〟・・・ベラン(再起動)の心の声。 〈...........〉・・・ラディス(元英雄ランディ)の心の声。 「...........」・・・会話文全般。 (............)・・・言い換え。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ この小説は、同じ場面が2話ずつあります。 一つはスキル(再起動)視点 もう一つは、相棒視点です。 スキル(再起動)も自我を持ってます。 主人公はどちらかというと、スキル(再起動)よりになります。 2日に一度のペースで投稿します。
24hポイント 0pt
小説 41,092 位 / 41,092件 ファンタジー 14,274 位 / 14,274件
文字数 2,410 最終更新日 2018.12.01 登録日 2018.11.30
5