リヤ・ナツヨシ

リヤ・ナツヨシ

1
 本気で恋したただひとりの女は、幽霊だった  命が削れるほどに、結ばれたいと思った─ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー (本分より)  テレビのほうを向いているから顔は見えない。サックスブルーのホットパンツ姿でなめらかな象牙色の脚を畳んでいる。とても綺麗だった。  緑色のほろほろと崩れた土壁に何か刺さっていた。 「藁人形に五寸釘」  なんだあれは、と声を震わせ、そこから逃げた。  なめされた瑪瑙色のアパートに戻った。ふとんに大の字になって頭を掻き毟った。夜が更けても、朝が来ても、その女のことが、頭から離れなかった─
24hポイント 0pt
小説 66,210 位 / 66,210件 ライト文芸 2,482 位 / 2,482件
文字数 25,572 最終更新日 2019.04.27 登録日 2019.03.31
1