青空

青空

初めまして、青空と申します。 私は小説を書くのは初めてで…知識不足な所が多々あると思いますが、読んで頂けたら幸いです。 今後の為に、どんな感想でもいいので頂けたらいいなと思っています。
3
 櫻井夢結(さくらい めい)は歳の割には大人ぽく、そして容姿も羨ましく思われる程整っていた。 そのせいで周りから勝手に色んなイメージを造られ、イメージ通りにいないと『夢結らしくない』『夢結はそんな子じゃない』『何か騙された』と言われ、いじめられた過去がある。 だから、家族や同級生達には本性隠し上辺だけの付き合いしかできず、孤独を感じていた。  そんなある日、夢結はバイト帰りにストーカー被害に合う。それを助けてくれたのは宝来仁人(ほうらい よしと) 夢結はお礼を言うが、「言葉のお礼だと対価にそぐわない。だから明日俺に付き合え」と俺様発言の仁人。夢結は無理ですと断りその場から逃げた。  次の日のバイト中、またストーカー被害に…恐怖で震えている夢結を助けたのはまた仁人だった。 夢結は仁人の強引さと俺様発言に流される日々。  段々と俺様な態度の裏にある、優しさや孤独さを知るようになり、仁人に対しての気持ちも変わり恋心を持つようになる。  しかし…仁人には秘密があり、偶然出会ったはずの二人だったはずが… 真実を打ち明けた仁人、真実を知った夢結の二人の恋の行方は…
24hポイント 0pt
小説 100,023 位 / 100,023件 恋愛 27,923 位 / 27,923件
文字数 77,474 最終更新日 2021.02.05 登録日 2021.01.07
吉田優14歳は、父修(おさむ)IT会社の社長と母弥生(やよい)専業主婦の三人家族。父は家の事には無関心でほとんど家に居ない。母は教育に厳しい人。その為優は幼いころから英才教育や習い事ばかりしていた。 優は周囲から天才と呼ばれる位の頭がよかった。しかし、プレッシャーに弱く小学校、中学校受験に失敗し第一志望校に行けなかった。 受験に落ちる度に、父と母との関係が悪くなり、優は自分の存在価値がないんだと思い始める。そして、中学卒業とともに自殺をしようと決めた。 卒業を終え、少しのお金持ち家を出た。電車で二時間位揺られ、終点で降りた先は自然に囲まれた小さな町だった。 優は最後の晩餐をしようと思い、カフェに入った。そのカフェは息子の岩田直と母の零が営んでいた。 息子は直はイケメンだったが強面で無口の為、何も言わずキッチンへと姿を消した。母の零は優しい笑顔で優を席へと案内してくれた。 優はこれと言って食べたい物が無かった為、お店のオススメのオムライスとプリンを頼んだ。 出てきたオムライスを一口食べたら、美味しくて暖かい味で優は何故か涙が止まらなくなり泣き続けた。 泣き続けている優を直の母は何も言わず抱きしめてくれた。 優が泣き止むころには夜になっていた。優は店を出でて歩いてると、後を追ってきた直の母に終電もないから一晩泊まって明日帰りなさいと進められた。優は今から自殺するとは言えず、泊まる事にした。 翌朝、岩田家を出て、歩いていると後を追ってきた直が買い物のついでに送っていくと言われ…又しても優は自殺の事を言えず、直の申し出に従うことになった。 もう戻る事がないと思っていた優の家に着き、インターホンを鳴らす。出てきた母に「うちには娘は居ません」と言われ、優は行き場なくし存在価値にすら留目を刺された感じになった。 そんな時に、帰ったはずの直が優の目の前に現れ、「俺がお前の家族になってやる。だから、家に帰るぞ」と言って優を連れて帰る。直の母は温かく優を迎え、本当の娘のように接してくれた。 優は岩田親子の温かさで家族愛を知る。そして、いつしか優と直は恋心を持つようになる。 優が幸せを感じるようになって、日々を楽しく過ごしていたある日…優にある病気が発覚する。 優は病気を隠しなが生活をしていたある日、直は優に「好きだ」と自分の気持ちを伝えるが、優はいつ死ぬかわからない自分の立場に苦しみ悩み直ぐには直に気持ちを伝えることが出来なかった。 日に日に優の体調は悪化し、隠しきれなくなり直と零に病気の事を知られる。 病気の事を知った直と零は変わらず優の事を大事にしてくれる。 優は二人の気持ちに答えるように治療するが、病気が治らないと知り…最後に優がとった行動とは……
24hポイント 7pt
小説 23,217 位 / 100,023件 恋愛 9,911 位 / 27,923件
文字数 73,702 最終更新日 2021.01.08 登録日 2020.07.02
 橘愛香(たちばな あいか)と双子の桐島春真(きりしま はるま)と桐島冬真(きりしま とうま)は幼なじみ。  家も隣同士で親同士も仲が良かった為、三人は幼少期から一緒に過ごしていた。  春真は幼少期の頃から愛香が好きだったが告白は出来ないまま月日が流れていく中で、弟の冬真が愛香と付き合い、婚約する。春真は素直になれない自分や、自分と正反対の冬真に嫉妬や妬みを抱えながら冬真に対し嫌な自分になっていく…  一方、愛香も本当は幼少期の頃から春真が好きだったが、ある事がきっかけで、春真に対しての気持ちを隠したまま冬真が高校卒業期に付き合い、愛香が大学卒業後に婚約をした。  しかし、婚約後に冬真が事故に巻き込まれ亡くなってしまう。そのショックで愛香は一種の記憶障害になり、目を覚ましたとき春真を冬真と認識するようになった。  愛香は記憶障害の事を知らないまま春真を冬真と認識し、春真は冬真を演じながら愛香との生活をしていく事を選んだ。  そんな二人の複雑な関係の生活をしていたある日、春真は何気ない愛香との会話の中にある真実を知る。そして、愛香が記憶障害で無くなっていた記憶が戻った事で愛香も春真も知らなかった冬真の秘密が明らかになる。 そして、二人の関係も変わる…     
24hポイント 0pt
小説 100,023 位 / 100,023件 恋愛 27,923 位 / 27,923件
文字数 47,458 最終更新日 2020.12.07 登録日 2020.11.22
3