寝床路 稜琉

寝床路 稜琉

1
 この小説は絵に描いたような平々凡々、冴えない独身貴族の食生活を綴った飯テロ小説である。  世間が結婚ラッシュの真っ只中、のんびり独身生活を満喫する1人の男が居た。  飯盛望晴、27歳。生きがいは食べること。  肥満体型を維持したまま社会人になった彼は、不幸にも痩せることなく現在に至る。けれど幸運なことに、女性には可愛いこぶた程度の認識しかされていない。  独身貴族の財力とこぶたなみの嗅覚を使い、今日も彼は旨いものをまんぷくになるまで食らう。
24hポイント 0pt
小説 60,687 位 / 60,687件 大衆娯楽 1,797 位 / 1,797件
文字数 6,835 最終更新日 2019.06.05 登録日 2019.06.04
1