岡崎けい子

岡崎溪子 (ユーザ名:岡崎けい子)

著者プロフィール

1946年広島県呉市生まれ。
1968年立命館大学東洋史科卒業。
1986年日本プロ麻雀連盟プロテスト合格。以来10年、プロ麻雀棋士として活躍。
1995年学究生活に入るため静岡県に移り住む。
2001年静岡県知事選に出馬。6万3千票を獲得するも落選。
著書「三仙洞探検記」のほかにメールマガジンで「アフガニスタン決死行」「シベリア決死行」「カシミール決死行」「岡崎けいこの麻雀教室」を発行。多くの読者に親しまれている。
2
アルファポリス

シベリア決死行

シベリア抑留者の英霊を訪ねて…第2次大戦後、シベリアに拉致され、死に果て、遺骨さえ日本に帰ることのできなかった者たち!いまだ明きらかにされない真実を求めて、七万人にものぼる彼らの生と死を追うノンフィクション旅行記。

■単行本 ■定価1400円 + 税 ■2004年04月20日発行
アルファポリス

おんな独りアフガニスタン決死行

初期仏教の研究家、岡崎溪子。バーミヤン大仏破壊の報を聞き、おんな独りタリバン政権下のアフガンへ!仏教遺跡を追い求め決死のスクープの数々。そしてタリバンの裁判まで受ける。アフガンの人々との交流の末、彼女が見たアフガンの真実とは?

■単行本 ■定価1400円 + 税 ■2003年05月14日発行
2