業 燐廻

業 燐廻

公認破壊神兼暴投手
16
恋愛 完結 ショートショート
曇り空の夏。 肌寒いぐらいの気温に熱を持った身体を曝した。 所々流れる赤や既に茶色く変色した色。 青い痕もある。 痛むそれらをフローリングで冷やしては厚い雲を眺めていた。 そうしていると次第に意識が遠のいて行く。 微睡みに身を投げた頃、ドアの開く音が聞こえた。 これを安心と呼ぶのか、恐怖と呼ぶのか。 はたやその両方か。 私には分からない。
24hポイント 0pt
小説 120,976 位 / 120,976件 恋愛 35,666 位 / 35,666件
文字数 1,539 最終更新日 2021.08.20 登録日 2021.08.17
恋愛 完結 ショートショート
結局僕は最期まで愛されなかった。 残念だよ。 僕と君の二人で愛し合いたかったのに。 これじゃあまるで悲劇。 そんなのは嫌だよ。 だから最後の一瞬くらい、ね。
24hポイント 28pt
小説 18,601 位 / 120,976件 恋愛 8,003 位 / 35,666件
文字数 3,091 最終更新日 2021.07.13 登録日 2021.07.13
キャラ文芸 完結 ショートショート
そうやって練習室に押し込まれたレイはいつも苦しんでいた。 友達も居ない、教師は敵。 家族すらも敵。 そんなレイとずっと一緒に居たから、俺は最後まで見届ける。 レイの選択を。
24hポイント 0pt
小説 120,976 位 / 120,976件 キャラ文芸 2,783 位 / 2,783件
文字数 2,469 最終更新日 2021.05.22 登録日 2021.05.22
ライト文芸 完結 ショートショート
深い洞窟の最深。 広大な屋敷の奥間。 誰も到達出来ないその暗闇に、泪が一筋。 数百、数千年の時を経て尚、色褪せぬ色彩と目を疑う程の美しさを持つ人型があった。 心あらばその者を魅了させる色を静かに放つ人型から一筋、色の無い物が流れた。 泪。 しかし、それすらも美しい色彩に溶け込んでしまう程の完成度。 何故、誰も到達出来ぬ場所にそんなものがあるのか。 何故、その人型は泪するのか。 真実は誰も知らない。 そんな場所に一人。 少女が迷い込んだ。
24hポイント 0pt
小説 120,976 位 / 120,976件 ライト文芸 5,047 位 / 5,047件
文字数 3,976 最終更新日 2021.05.19 登録日 2021.05.19
「何で?」 聞けない事。 何故人間はこうも生に執着するのだろう。 よく言われる。 「お前は変わっている。」 「可笑しいぞ。」 でも、そう考えてしまう。 歪んでいるのだろうか。 目の前に『死』が迫った時、私はどうするのだろう。 他の人はどうするのだろう。 例えば、抗う。 一般論はきっとこうだ。 如何に美しく死ぬか。 そう考える私は、異常なのか?
24hポイント 0pt
小説 120,976 位 / 120,976件 エッセイ・ノンフィクション 4,095 位 / 4,095件
文字数 1,324 最終更新日 2021.05.09 登録日 2021.05.09
キャラ文芸 完結 ショートショート
具現化はされない。 これは、すべて私の見た夢であり、想像であり、創造である。 私にしか見えない映像が今日も流れる。 例えば、貴方の事。
24hポイント 0pt
小説 120,976 位 / 120,976件 キャラ文芸 2,783 位 / 2,783件
文字数 1,175 最終更新日 2021.04.25 登録日 2021.04.25
青春 完結 ショートショート
分かっている。 それが許されない事を。 だから、だからこそ、だろうか。 貴方を見てしまうのは。
24hポイント 0pt
小説 120,976 位 / 120,976件 青春 4,719 位 / 4,719件
文字数 479 最終更新日 2021.04.23 登録日 2021.04.23
綺麗、の一言に尽いた。 何故そうも美しく、壮麗で、可憐でいられるのだ。 私は何処かで否定される願いに蓋をした。
24hポイント 0pt
小説 120,976 位 / 120,976件 エッセイ・ノンフィクション 4,095 位 / 4,095件
文字数 1,146 最終更新日 2021.04.11 登録日 2021.04.11
ライト文芸 完結 ショートショート
人生初の関門、高校受験を終え、見事入学を果たした。 祝いの言葉を腐る程貰ったが、実際は嬉しくもない。 不安と絶望しか無い高校生活にどう希望を持てと言うのだ。 俯くと、甘さが体に染みた。
24hポイント 0pt
小説 120,976 位 / 120,976件 ライト文芸 5,047 位 / 5,047件
文字数 1,980 最終更新日 2021.04.05 登録日 2021.04.05
恋愛 完結 ショートショート
「もう、心が動かなくなった。いくら彼の事を考えても。」 「だから、何も辛くなくなった。」 「今はもう、何の心残しも無い。」 君なら、こう言うだろうな。 「それは、君が錯覚してるからじゃないのか?」 確かにそうかもしれない。 私は私自身を洗脳したかもしれない。 「まだ、お前には後悔があるんじゃないのか?」 「…そうかもな。」 でも良いんだ。 その実態が後悔だろうが、未練だろうが。 感情が完全に消えたのは事実だ。 今の私にはその事実だけで十分だ。 貴方が私の中から消えた。 手首の傷が残ろうが。 心の傷が疼こうが。
24hポイント 0pt
小説 120,976 位 / 120,976件 恋愛 35,666 位 / 35,666件
文字数 1,455 最終更新日 2021.03.23 登録日 2021.03.23
彼女は元々不運に生まれ付いていた。 彼女を取り巻く環境は幼き時分から特異的であり、その結果、彼女は幾分不思議な性格、考え方をするようになった。 そんな彼女に出会って5年。 同棲4年になる年。 少し特異な『日常』が静かに崩れた。
24hポイント 0pt
小説 120,976 位 / 120,976件 ライト文芸 5,047 位 / 5,047件
文字数 12,511 最終更新日 2021.03.22 登録日 2021.03.11
恋愛 完結 ショートショート
貴方をずっと、愛していた。 貴方はかつて、好きだと言ってくれた。 昔話はもう終わりにしよう。 忌まわしき過去との絶縁だ。
24hポイント 0pt
小説 120,976 位 / 120,976件 恋愛 35,666 位 / 35,666件
文字数 848 最終更新日 2021.03.20 登録日 2021.03.20
恋愛 完結 ショートショート
それでも、目が覚めて思い出すのは貴方だった。 例えば、私が貴方の存在を忘れられたら。 例えば、貴方が私の存在を忘れられたら。 仮に、その両方なら。 どれ程楽な事か。
24hポイント 0pt
小説 120,976 位 / 120,976件 恋愛 35,666 位 / 35,666件
文字数 1,010 最終更新日 2021.03.19 登録日 2021.03.19
恋愛 完結 ショートショート
投げ打った全てを反芻する。 昔から私は馬鹿だった。  例えば、あの時私が何も言わなかったら。
24hポイント 0pt
小説 120,976 位 / 120,976件 恋愛 35,666 位 / 35,666件
文字数 903 最終更新日 2021.03.18 登録日 2021.03.18
恋愛 完結 ショートショート
今日で、全て終わる。 もう、貴方には会えない。 良いのだ。 最後は、せめて潔く。
24hポイント 0pt
小説 120,976 位 / 120,976件 恋愛 35,666 位 / 35,666件
文字数 991 最終更新日 2021.03.17 登録日 2021.03.17
恋愛 完結 ショートショート
あの日、私から理不尽に去って行った彼の後を追えない。彼は私を迎えに来ない。 分かっている。私は、もうここに居ても意味が無い。
24hポイント 0pt
小説 120,976 位 / 120,976件 恋愛 35,666 位 / 35,666件
文字数 1,192 最終更新日 2021.03.10 登録日 2021.03.10
16