宇栄原 紅音

宇栄原 紅音

2
BL 完結 長編 R18
 学生時代からいじめられっ子だった主人公は会社から帰宅する途中事故に巻き込まれてしまった。  目が覚めたら見知らぬ豪華な部屋で自分の姿はまるで天使なような少年、アシェル王子として転生していた。  今まで人から好かれてこなかった自分とは違い、こんなに愛くるしい姿の少年王子に生まれ変わったならきっと周りの人達から愛されているに違いない……そう思ったのに周りからは冷たくされるか怯えられるアシェル王子。それもそのはずアシェル王子は天使な見た目とは裏腹に残虐非道な我儘王子で城の者からはもちろん、二人の異母兄と幼い異母弟からも嫌われていた。  国の英雄黒騎士のセオドアからも冷たくあしらわれ、結局どこにいても自分は嫌われる運命だと諦めかけたが……。  残虐非道だった嫌われ王子に転生主人公の記憶が蘇り、周りに対して反省し、心を入れ替え少しずつ好かれていくお話。 黒騎士(国の英雄で獣人とのハーフ、無表情、冷静からの溺愛ワンコ)×嫌われ王子転生主人公(いじめられっ子気質からの愛され無自覚) ※R18は保険。 ※溺愛までの嫌われ描写が長いです。 ※暴力的表現が予告なく入ります。拷問など。 獣人差別、男性妊娠可能な世界観となります。 ※作中には王族のマナーなど架空設定あります。ファンタジーなのでそのままふわっと読んで頂けると助かります。 ムーンライトノベル様にも投稿中です。
24hポイント 809pt
小説 1,878 位 / 125,551件 BL 316 位 / 13,615件
文字数 452,655 最終更新日 2021.08.24 登録日 2020.02.25
BL 連載中 長編 R18
 世界は四つに分かれ、四王家がそれぞれの地を納めていた。その為、四王家の中でどの王家が最も強く、世界を統べるべきなのか何千年と争って来たのだが、やっとその愚かな歴史に終止符を打つ事となる。 それぞれの王家の血を混ぜ、四王家全ての血を持つ者を世界の王にすると、四王会議で決定したのだ。 光放つエードラム王家、炎燃やすプラーミア王家、闇堕とすスコティニヤ王家、氷凍てつくレァーダス王家。 まずは二王家同士の血を結び、四王家の正統な王子同士を結ばせる事となった……。  スコティニヤの領地の田舎町の付近その森深く。 大きな古城に住む少年ジャリドはザラムという男に育てられた。血の繋がりがないザラムは父の様に、そして時には兄の様にジャリドを愛してくれる。だからこそザラムと本当の家族になりたいジャリドの夢はザラムと結婚する事だった。そんなある日、ザラムの元に王家からの使者が現れて……。  一方四王家の一つ、レァーダス王家の王子エイスは四王家を一つにする為に望まぬ婚姻を結ばなければならない自分の運命を憂いていた。そしてもう間も無く、王子達の顔合わせの日を迎えようとしていた。  四王家の悩める王子達、そして一人の男に溺愛されながら育っていく少年ジャリド。  四王家の結婚を巡り、それぞれの想いが交差する。 ※主人公視点が切り替わります。 ※男同士でも妊娠可能世界観ファンタジー。 ※少年の性描写があります。 ※強姦、無理矢理描写があります。 ※なんちゃって王家ファンタジー設定なので緩く読んで頂けると助かります。
24hポイント 42pt
小説 13,334 位 / 125,551件 BL 2,653 位 / 13,615件
文字数 81,647 最終更新日 2021.07.31 登録日 2021.06.02
2