1
※タイトルを変更しました。  "勇者"を支援する三従士の一人、Sランク冒険者パーティー【黄金の不死鳥】支援魔術師スクル・ヒルディアは、勇者で平然と犯罪行為を起こすほど暴力的な性格のトーレンから「いきなりだが、お前にはパーティーから抜けてもらう」と言われ、さらには持ち金まで奪われてしまいパーティーを脱退させられる。  同じ勇者パーティーの一人である婚約者からも裏切られ、スクルは帰国するも「これから」が考えられない状態になっていた。  そんな時、彼は一人の少女と出会う。それは運命の悪戯か、それとも必然か。  少女との出会いにより、彼は"覇王"になり得る窮極の異能『神性錬金術』を獲得する。  それはこれまでに存在した魔術とは違い、最上級レアアイテムやゴーレム、疑似的な最上位魔法、さらには命ある兵器すらも容易に創造できる窮極の能力だった。  スクルは勇者たちを見返すため、自身が元々持っていた「臨機応変にその場で最適解の支援魔術をかけられ、世界トップクラスの魔力才能により"どんな人物でも一級の戦士として戦わせられる"という才能」と組み合わせ『神性錬金術』を使い様々な確信的な戦術を発見し、成り上がりの道を歩み始める。  一方、トーレンたちは思い知ることになる。スクルの支援が如何に強力で、自分たちがどれだけ彼を頼りにしていたかを。 ※本作は以前公開していた作品をリメイクした物語です。 以前の作品を知っている方もいらっしゃるかもしれませんが、全く別物として読んでいただけるとありがたいです。 小説家になろうにても公開しています。 https://ncode.syosetu.com/n4688fc/
24hポイント 4,168pt
小説 271 位 / 37,398件 ファンタジー 132 位 / 13,385件
文字数 154,363 最終更新日 2018.12.10 登録日 2018.11.19
1