1
夜な夜な獲物を求めて僕は街を彷徨っていた。 目的はただ一つ。 女。 暗闇の中背後から襲い掛かり、証拠は残さない。 ある時、その秘密を誰かに知られていることがわかった。 細心の注意を払っていたにもかかわらず、どうしてそんなことになったのか。 その人物はどこからか僕の行為の一部始終を見ていた。 その人物は僕のストーカーなのか。 ストーカーの目的は一体何なのだろう。 ストーカーは僕の身近にいる人物に違いなかった。
24hポイント 85pt
小説 6,867 位 / 74,344件 ミステリー 82 位 / 1,870件
文字数 245,084 最終更新日 2019.05.14 登録日 2019.05.06
1