鮎川 拓馬

鮎川 拓馬

初めまして、鮎川です。趣味はガーデニングで、お花が大好きです。基本、庭にお花さえ咲いていれば、ご機嫌な毎日です。植物の事に無駄に詳しいです。後、虫の事もちょいちょい詳しいです。
2
SF 完結 長編 R15
――これは、『異世界転生』という名の、化けの皮を被った、SF――。魔法VS『異世界』の科学、開幕!? ―『西暦2115年8月31日没 ××・○○○ ここに眠る』 人々が魔法や魔法道具を使う事が当たり前の世界。 だが、機関銃のけたたましい音と、硝煙の匂いが混ざった土煙の香り―リトミナ王国の王家(といっても傍系)のセシルが度々うなされる夢には、その世界にはあり得ない光景が出てきた。 そんなセシルはある日、かつて自分を捕らえて利用し、そして自身が殺したはずの女がなぜか復活している事を知る。だが、真の敵はその女ではなく、世界を揺るがす2つの存在で―そのうちの片方は、何やら女神とそうとう揉めた過去のある怨霊で、しかもなぜか自分に憑りついているって?! もしかして、オレが不幸なのって、そいつのせいですかー? 旧友との新たな出会いと恋。神と怨霊の対峙。 セシル生誕の秘密。そして、 ―吸収魔法は、『魔法』じゃない リトミナ王家の血―吸収魔法の正体と、建国史の真っ赤な嘘とは。 『女神さまの瞳と涙』と『女神さまの嫁入り』―吸収魔法の創始者、リトミナ王国初代王妃の出である、北方の異民族―ジュリエの民の間に伝わる、2つのおとぎ話。それに記された『異世界』出身の女神が、この世界にもたらした地上最悪の呪いの正体。そして― ―セイレキ2085年 その言葉が意味するものとは、一体何なのか。 Copyright © 2018 鮎川拓馬 All Rights Reserved. 表紙の画像は、夜風リンドウ様に描いていただいた絵です。
24hポイント 1pt
小説 4,442 位 / 18,921件 SF 153 位 / 968件
SF 完結 長編 R15
※もし、魔法の世界に、現実世界の原爆がおちたら―。魔法VS『異世界』の科学、開幕!? -------------------------------------------------------- これは、『異世界転生』という名の、化けの皮を被った、SF―― ―12月24日11時2分、ホリアンサに投下。高度600m付近で炸裂。 **************************** ついに明かされる『神の涙』の真の正体。 魔法VS異世界の科学の力、開幕!? **************************** 前編で主人公が消されてしまったので、代わりに俺があらすじを語ることにする。多少へたでも許してほしい。 俺の来世で主人公、セシル・フィランツィル=リートンは、人を喰らう化け物が度々産まれる縁起でもない血筋の王家の、端くれとして産まれた。 一方、自分の来世が存在していることに気づいた俺(怨霊)は、このロクでもない世界を滅ぼすために、彼女の肉体を狙っていた。 そしてある日、相次ぐ不幸不幸に絶望した彼女に念願かなって俺は憑りつき、巨大な化け物と化した。 だが、早速世界を滅ぼしにかかったところで、女神の邪魔が入り、俺はセシルごと女神に魂を消されてしまった。 …が、 なぜか、俺はセシルの肉体で、人間として甦ってしまった。 まあ、それは今更どうでもいいとして、今度こそのんびり平和なライフを享受できるはずだったのに… 住んでいた街が謎の爆発によって壊滅。 は? あの女、まさか俺が元居た世界から、アレを持ってきたのか?! そして、被爆地域で、なぜか人を喰らう化け物と化した人間達の、パンデミックが始まる。 果たして、魔法の力で、科学らしき物の力を止められるのか。 そして、物語の舞台は、そもそもの元凶―北の地へ。 俺《テス》とオレ《セシル》の未来に、果たして希望はあるのか――? Copyright © 2018 鮎川拓馬 All Rights Reserved. 表紙の画像は、シンカワメグム様に描いていただいた絵です。
24hポイント 1pt
小説 4,442 位 / 18,921件 SF 153 位 / 968件
2