蔵前

蔵前

現在「小説家になろう」でいろいろ書いています。もし気に入って下さったら覗きに来てください。
5
恋愛 連載中 長編
海軍士官の兄様は、私、桐生りまに馬車の窓からとある殿方の姿を見せた。 その方が半裸であることに非常に驚いたが、他の男達とは頭一つ分違う背の高さと凛々しさをお持ちの方だった。 「あれをどう思う?」 兄様は、嫁を今だに娶らないことで、男色の方だと市井では有名な方だ。 私は余計な事を言うまいと思いながら、兄様に答えていた。 「見事な男でございますなあ。」 ――私の輿入れが決まったのはその一週間後でございます。 うそ! 私ったら間違っちゃった?
24hポイント 0pt
小説 101,556 位 / 101,556件 恋愛 27,787 位 / 27,787件
文字数 76,215 最終更新日 2021.01.22 登録日 2021.01.01
恋愛 完結 長編 R18
ティナは兄の親友のダンを一途に思っている。 けれど、彼女は思い込んでもいる。 ダンはお兄様、ジュリアンを愛しているのだ、と。 一方、兄のジュリアンはダンを愛していた。 けれど、自分のせいで妹と親友が一生告白し合わないまま年老いていくと気が付き、彼はこの三人の共同生活に終止符を打つことを考えた。 ジュリアンを一途に狙う青年の監視があった事も知らないで。 ※なろうでは18禁は別サイトに投稿しなきゃなので、二本のリンクしている物語を纏めたいと思っていましたのでこちらでUPさせていただきました。 結末はなろうとは少しだけ変えてあります。
24hポイント 28pt
小説 15,114 位 / 101,556件 恋愛 6,476 位 / 27,787件
文字数 111,925 最終更新日 2021.01.17 登録日 2021.01.17
恋愛 連載中 長編
 表向きは子爵令嬢のイルヴァの父、イクセル・オーグレーン子爵は大泥棒だと自称している。イルヴァはそんな父によって数々の泥棒の知恵と技を仕込まれ、「大物を狩って来い。」とクリストファー王子の十一歳の誕生会という社交界の海に放り出された。クリストファーは金髪碧眼の見目麗しい王子様だ。  しかし彼女がそこで狩って来たのは、クリストファーと同い年のもう一人の王子、灰色の影と仇名のある地味なノアの方だった。  子爵はでかしたと大喜びを見せ、子爵令嬢という低い身分ながらノア王子との婚約は彼女が十三歳の時に成立した。  時は流れて十七歳になった二人。  ある日の昼下がりの午後、二人はいつものようにお茶をしていたが、二人はいつものようにはいかなかった。  婚約破棄、そんな事情が空から降ってわいたのである。
24hポイント 0pt
小説 101,556 位 / 101,556件 恋愛 27,787 位 / 27,787件
文字数 24,961 最終更新日 2021.01.17 登録日 2021.01.11
私の名前は人造怪獣336号。 交通事故で死んだと思って目が覚めたら、私は怪獣だった。 何を言っているのか分からないだろうが、私だってこんな転生話は嫌である。 特撮ドラマの世界が転生先で、転生したのがヒーローヒロインではなく、テレビ放映一回きりの出演しかない程度の怪獣である。 せめて悪の組織の幹部だったらまだよいものを! よって、私はヒーロー、雷光(らいこう)の手先になることに決めた。 けれど、仮の姿設定で、雷光は私を十六歳の美少女という自分の趣味をぶち込んだのである。 取りあえず一緒に戦うが、もう一度仮の姿構成機械を見つけたら、一人で生きていける成人女性の姿に構成し直し、雷光とおさらばしてやるのだ!
24hポイント 0pt
小説 101,556 位 / 101,556件 キャラ文芸 2,627 位 / 2,627件
文字数 17,082 最終更新日 2021.01.09 登録日 2020.12.31
BL 完結 長編 R18
 俺は恋人未満に振られたばかりの、大学一年生の日向空(ひなたそら)。  一学年上の天野蝶子(あまのちょうこ)に飲みに誘われて、気が付けば彼女のベッドに半裸で転がっていた。  しかし、自分の目を覚まさせる事になった自分を抱く腕は蝶子のものでは決してない。 「君は好みだよ。俺と付き合おうか?」  俺の耳に囁いて来たそいつは、蝶子の兄の天野九曜(あまのくよう)だった。  三日以内に蝶子か自分を選べと言うが、俺はあなた方二人とも好みではありません。 ※2020/12/25 カテゴリ選択においてBL項目を見逃して恋愛カテゴリにしていました。元々BLですので修正しました。
24hポイント 7pt
小説 24,037 位 / 101,556件 BL 4,693 位 / 10,233件
文字数 66,666 最終更新日 2021.01.02 登録日 2020.12.23
5