白崎絵筆

白崎絵筆

白崎絵筆(しらさき えふで)です。ハッピーエンド好きです。真面目な話でもどこかにくすぐりを入れます。力強い文、優雅な文、自分が持っていない知識が含まれているもの、そういったものを好みます。
4
 あの人は変わった女。あの人は家庭教師。先生は私をこう呼びます。 「バカデブ」  でも、もう逃げない。負けない。 【あらすじ】  高校生の笹本桜は、アルバイト先で客に言われた「デブが揚げるコロッケはカロリーが高そうだなぁ!」という言葉に傷ついてアルバイトをやめてしまった。  そして、学校から帰ったあとは、お菓子を食べながら漫画を読むような過ごし方になっていた。  成績が低迷している桜を見て、母が一人の家庭教師を探してきた。その名は九条久美子。久美子は無料の家庭教師だ。  しかし、久美子は桜と出会ってすぐに「あなたはバカだから勉強なんか教えないわよ」と告げる。  それ以降も、久美子は桜の全てを否定するように徹底的に罵倒する。  結局は家庭教師を引き受けた久美子だが、桜に対する厳しい態度と予測困難な言動は続く。  そんな久美子にしごかれるうちに、桜は少しずつ考え方を変えてゆく。  そしてある時、桜の同級生の言葉がきっかけで久美子の秘密が明かされる。 ■PR動画 → https://youtu.be/4acO0mVJi18 キャラクターイラストは『めぐ。』さんの作品です。 表紙画像は白崎がそのキャラクターを使用して構成したものです。 【登場人物】  笹本桜 逃げ出しがちのぽっちゃり高校生。  九条久美子 非常に言葉がきつい家庭教師。考えが偏っている(?)。  桜の母 娘のために久美子を呼んだ。少し弱気な女性。  小川美優紀 桜の友達。小柄でやせている。
24hポイント 0pt
小説 86,859 位 / 86,859件 ライト文芸 3,762 位 / 3,762件
文字数 18,058 最終更新日 2020.10.16 登録日 2020.10.16
 ここではない異世界。過ちによって開かれた地獄の門。世界に満ちた無数の妖怪。  地獄の門の鍵となる〝封印の玉〟を母から託された陽光天小夜は次々と妖怪に狙われる。  その小夜を守るのが、妖怪を滅する力を持つ月光陣花鈴である。  花鈴は八体の〝玉の妖怪〟から残りの封印の玉を奪還しなければならない。  しかし、花鈴は玉の妖怪を倒すたびに、知らないことだらけの異世界(現代日本)に送られてしまう。  異世界では、小夜姫と瓜ふたつの清水小夜を妖怪から守らなければならないのだ。  自分の世界と異世界を往復しながら花鈴の戦いは続く!  玉を奪還するたびに花鈴は新しい能力を手に入れて強くなる!  戦え、花鈴! 全ての姫様(ひいさま)のために! ※表紙イラストは あざらしゆいこさん の作品です。
24hポイント 0pt
小説 86,859 位 / 86,859件 ファンタジー 24,849 位 / 24,849件
文字数 158,943 最終更新日 2019.07.09 登録日 2019.03.15
 漫画家の愛川たまゆらは、子供の頃からぽっちゃり体型。  机の前に座りきりの仕事と食生活の乱れのせいで、身長百五十四センチ体重八十三キロと、ぽっちゃりさんの枠を超えてしまっていた。  そんなたまゆらの前に、突然、自分の漫画のキャラクターが現れた。それは、悪の魔法少女・紅薔薇紅子だった。  驚くたまゆらに紅子は言った。 「ママに、やせる魔法をかける」  紅子の魔法によって、たまゆらはやせた姿に変身した。  たまゆらは最初は浮かれていたが、急に嬉しさがなくなってしまう。すると、泣くたまゆらを見ていた紅子は大人の女に変身して強制的にたまゆらを外に連れ出す。  学生時代の友人との再会のあと、たまゆらは道に倒れていた女性を助ける。  女性はモデルの霧原紗雪と名乗り、自分の住む部屋に来て欲しいと言う。  紗雪に招かれた理由がわからず困惑するたまゆらの前に、第二の魔法少女・愛下愛子が現れた。 「お母さん、この人は悪い人じゃないよ。安心して」  紗雪の招きの真意と、魔法少女が現れた理由とは……? 【予告編動画】→ http://youtu.be/jroxLnnO35M ※この作品は登場人物が全員女性です。百合の雰囲気はありますが、ほんのり風味ですので安心してお楽しみください。 ※キャラクターイラストは、TSUBOさんの作品です。 ※作中のイメージ写真は、CC0ライセンス写真・自分で撮影した写真をトリミング・レタッチして使用しています。
24hポイント 0pt
小説 86,859 位 / 86,859件 恋愛 22,918 位 / 22,918件
文字数 25,046 最終更新日 2019.03.15 登録日 2019.03.12
 ごく普通の高校生・伊藤和真は学校の屋上で昼寝をしていた。  和真が目覚めると、そこは異世界だった。  何が起きたのかわからない和真の前に、世界の案内人・サキが現れた。  サキは和真……勇者カズマの持つチート能力について説明を始めた。  和真は何となくサキの言う通りにした。  和真はモテモテになった。  しかし、和真は恐ろしい過ちを犯してしまう。  闇に閉ざされた世界を元に戻すためには、七色の球を集めて魔王と対決しなければならない。  和真の贖罪の旅が始まった。
24hポイント 0pt
小説 86,859 位 / 86,859件 ファンタジー 24,849 位 / 24,849件
文字数 2,500 最終更新日 2019.03.12 登録日 2019.03.12
4