EITO8×8

EITO8×8

更新えらい自由/連載中ガツガツ改稿します/お知らせ全てTwitter
8
ライト文芸 完結 ショートショート
『高三の夏、親が敷いたレールから外れ、自分で歩みたい道を志した。』 そういう物語がはじまりそうな 短いお話。
24hポイント 0pt
小説 44,655 位 / 44,655件 ライト文芸 2,038 位 / 2,038件
文字数 6,099 最終更新日 2019.04.14 登録日 2019.04.14
『酪農』×『子育て』×『家族愛』  北海道恵庭市を舞台に酪農男子が子育てを。  27歳。結婚したためしも子育て経験もない。  それでも『新しい家族』を築き上げるため、誠心誠意子供と向き合った。  自分の時間を犠牲にしてでも、最愛の牛と同等に愛し、子供に尽くしたい理由はある。 『血縁』が『家族』なのか 『愛情』は『生まれるのを待つ』のか『育む』のか 『里親』か『養子』か 『子育て』に『常識』や『正解』はあるか 『産みの親』が育てなければ子供は育たないのか 『みんな』で見守ってはダメなのか 『普通』なのか『非常識』なのか  毎日同じ時を過ごす親と子も、その一言、その涙が一期一会。  限られた時間を、一日一日を大切に。  あたりまえの日々に感謝して。 「僕が君たちに、パパと呼ばれる日が来ない事を願う」  一期一会に幸あれ。
24hポイント 28pt
小説 8,396 位 / 44,655件 ライト文芸 416 位 / 2,038件
文字数 26,681 最終更新日 2019.04.01 登録日 2019.03.12
早乙女 綾人は高校時代、美人すぎる同級生、神崎 レイを情熱的意地の告白で落とした。 卒業後、ひっそりと実家の喫茶店を継ぎ、笑顔を絶やさずにのんびり経営。 そして心の底から死ぬほど愛しているレイと結婚に至ったのだ。 時が経ち、二人が35歳になる頃。 結婚して、10年。 綾人の心の中は現在、こうなっている。 「あぁ離婚したい。でも絶対自分で言いたくない。頼む、離婚しようって言ってくれ」 離婚を望む優しすぎる夫 と 決して離婚を口にしない妻 35歳になるからだろうか 僕はただひたすらに、今は君との破局を願ってやまない 愛しているからこそ 美しい君を手放そう
24hポイント 56pt
小説 5,993 位 / 44,655件 ライト文芸 324 位 / 2,038件
文字数 10,833 最終更新日 2019.03.27 登録日 2019.03.22
羆に育てられマタギとして羆を撃つジン VS 警察 その散弾銃は誰のものだ
24hポイント 0pt
小説 44,655 位 / 44,655件 キャラ文芸 1,256 位 / 1,256件
文字数 28,517 最終更新日 2019.01.25 登録日 2018.11.03
 天ノ白川神社には八百万保育園があり、宮司の清が、人の子と人に祀られることがなくなった神様のご神体を預かってくれます(有料)  祟り神となった神様を癒して祀り、守り神にするのが清の仕事です 可愛らしい子供達と、神様 ちょっとイタイ成人済みの大人を揃えて 割とコミカルでほんわかほのぼの できればじんわりできるようなお話にはしたいです
24hポイント 0pt
小説 44,655 位 / 44,655件 キャラ文芸 1,256 位 / 1,256件
文字数 60,216 最終更新日 2019.01.09 登録日 2018.11.14
昭和の香り漂う歓楽街で一人ひっそりと反物屋を営む華の元に、「形見の着物を直して欲しい」と訪れたのは一風変わった容姿の男。 今の世では珍しく黒髪おかっぱ頭で、咲き乱れる四季折々の花に華麗優美な鳳凰を描く艶やかな女の着物を肩に羽織る、姿綺麗な怪しい妖しい人だった。 黒い目で人の生き様を見定める人。 白い髪を揺らし白狐の面をつける人。 あやかしから形見の着物を託された現世の華。 小さな河童に座敷童、一反もめんに酒呑童子。豚の神様龍の神様。 悪鬼羅刹百鬼夜行。 想い一つ。 今年の盆は、あやかしにとっても人にとっても特別な盆になる。
24hポイント 0pt
小説 44,655 位 / 44,655件 キャラ文芸 1,256 位 / 1,256件
文字数 109,363 最終更新日 2019.01.03 登録日 2018.04.29
天地創造、神が万物を人間に託してその後 現代、人間がこの世の秩序を保つ責務を放棄したとみなし、 神はこの世を崩壊させ水で流した 後に再び神は天地を創造なされたが 人間に万物を託さず 毛だらけの生き物に託す 何百年何千年の時を超え 毛だらけの生き物の歴史の中ではこの春 新しい毛だらけの子が誕生した 可愛らしい赤んぼうのはずが奇妙な姿をしており 人間として生きていた前世の記憶をもつ子であった その姿を見た毛だらけの生き物らの思考行動に憤怒した神は 毛だらけの世に試練を与える 新しい世を託された毛だらけたちは この世の秩序を保つ責務を果たせるかどうか、神に試されるのだ その最中 前世の記憶を保つ毛だらけは 人間の女と出会う この世の支配者は誰で 責務を果たし秩序を保つため 何をすべきなのか 思考行動ひとつで この世は終わりもするし 救えもする
24hポイント 0pt
小説 44,655 位 / 44,655件 ライト文芸 2,038 位 / 2,038件
文字数 34,037 最終更新日 2018.06.04 登録日 2018.06.04
二二歳で発達障がいと診断を受けた 「足りない脳」を補いながら 初めて愛してしまった人をなんとか喜ばせるため、 障がいと向き合い、様々なことに気がつきます 自分はどんな人間か 生きるために何をするべきか 仕事とどう向き合うのか 人とどう向き合うのか 自分に何ができるのか 誰の脳が、なぜ足りないのか 恋愛×遅く訪れた青春×ヒューマンドラマでしょうか 暗くはないです 十万字程度で完結済 ―――――――― ・この作品の主人公は発達障がいがあると設定していますが、行動や言動が全て発達障がいであるからとは限りません。 成人以降自閉症スペクトラムと診断を受けた方のお話を参考にはしておりますが、作品に出てくる内容は多くの中のほんの一例にすぎません。 ・主人公は自分も自分の個性と、わからないながらに向き合ってゆきます。物語の序盤には「障がい」と「個性」が混同するという内容が含まれます。 ・作中、主人公と向き合い主人公を理解しようと奮闘する支援者も出てきますが、向き合い方などについてもこれが必ずしも正しいとは限りません。 (『冊子「虎の巻」シリーズ~発達障がいのある人たちへの八つの支援ポイント~』 出典:札幌市保健福祉局障がい保健福祉部障がい福祉課 ※作中出てくるものです)
24hポイント 0pt
小説 44,655 位 / 44,655件 ライト文芸 2,038 位 / 2,038件
文字数 103,122 最終更新日 2017.08.12 登録日 2017.07.12
8