夢乃カナタ

夢乃カナタ

人生のリハビリからやっと上がれそうな物書き好きな人。東京の下町に出没中?
1
 202X年、改正公職選挙法が施行された。最大の焦点は選択式選挙権の導入。18歳以上の有権者すべてに今後一切の選挙を棄権するか否かその意思表示を求め、伸び悩む投票率の低下に歯止めをかけようという苦肉の策であった。だが、一生涯投票に参加しないと回答した者たちには予想だにしない数多くの不条理が待っていた──。  安直に有権者としての権利を放棄したがためにその後の人生を狂わされていく人々と、それをも想定の範疇に入れていた者たちの独善がもたらす暗黒の時代。無関心が招く悲劇の連鎖をサスペンス調で描くオムニバス。「ぼくらはどこで、『自由』をまちがえてしまったのだろう……?」
24hポイント 0pt
小説 47,263 位 / 47,263件 ミステリー 1,263 位 / 1,263件
文字数 8,212 最終更新日 2018.01.04 登録日 2018.01.01
1