不可説

不可説

物書きをしているおじさんです。 あまり虐めないでやって下さい。 アイコンは無能勇者の異世界浪漫遊譚のユーリさんです!
1
「この話にまともなハーレムを期待するな。それにオレツエーも、従順な奴隷も、テンプレチョロインも、ここは任せて先に行けも、倒してしまっても構わんのだろうも無いぞ。あるのはフラグ関係なく降りかかる不幸とアクシデントと事故だけだ」 中学時代に、大塚悠里は異世界に召喚された。 しかし、悠里は勇者なら持っているはずの力を殆ど持っておらず、魔王討伐に加わることはなかった。 その後、他国によって召喚された勇者が魔王を討伐し、悠里は現実世界の、転移した時と同じ時間に帰還することに成功した。 しかし、異世界で擦れてしまった彼の心が、周囲の人間との間に軋轢を生みだし、彼は煙たがられる存在になってしまっていた。高校に進学した彼は、まるで物語の主人公のような男、神崎刀矢率いる“主人公パーティー”と距離を置きながら生活していたが、突然、クラスごと異世界に召喚されてしまった。 彼らが召喚されたのは、500年後の、かつて彼が召喚された異世界であり、変わり果てた国だった。 たった一人、異世界で生き抜いた主人公が、今度はクラスごと異世界に召喚され、帰ることもままならない現状の中、必死に生き残る。 チートがある訳でもなく、隠された力が解放されるわけでもない。 勇者の力も、神の加護も、世界の寵愛もない。 これは、ただ、不幸体質で巻き込まれ体質の主人公が、必死に生き残る、そう言った話だ。
24hポイント 2,486pt
小説 487 位 / 50,762件 ファンタジー 184 位 / 16,639件
文字数 293,140 最終更新日 2019.07.17 登録日 2019.05.27
1