観月

観月

何でも食べます。雑食です。でも、スプラッター風味の血なまぐさいのは、ちょっと苦手です。
7
小鳥は五歳年上のお姉ちゃんがうらやましくってしょうがない。 だって、小鳥はおさがりばっかりなんだもん。 そんな小鳥ちゃん。ある日、お姉ちゃんのカレシまでも羨ましくなってしまい!? 原稿用紙二十枚程度の短編です。 文・観月/表紙・モトノ(http://mecuru.jp/user/profile/motono) 「小説家になろう」に投稿していたものの転載になります。
24hポイント 0pt
小説 58,703 位 / 58,703件 児童書・童話 1,093 位 / 1,093件
文字数 9,474 最終更新日 2017.12.01 登録日 2017.12.01
暁の大地と今は呼ばれるこの地。人間と獣の二つの姿と強い魔力を持つ山の民、人間、そして、人間と山の民の間に生まれ、やはり二つの姿を持つ魔道士と呼ばれるものが暮らしていた。  遥か昔、血で血を争う人間の戦乱に終止符を打ったのは魔道士の四兄弟。長兄はすべてを統べる暁の鷲の王。次兄は蒼い狼の王。三男は白い虎の王。末は黒き蛇の王。同じ姿を持つ者を王としながら長きにわたり魔道士の四王家がこの地を治めてきた。  だが、黒の王ザーナヴェルト・リヴァイスの反乱によって、この地にまた変化が訪れる。ザーナヴェルトは他の三王家を滅ぼし、唯一絶対の王となった。  これは、それから十七年後の物語。
24hポイント 2pt
小説 3,263 位 / 19,519件 ファンタジー 1,198 位 / 7,568件
登録日 2016.02.28
ホラー 連載中 長編 R15
 時代の流れと共に、数を減らした妖しの者達は、現代において人間との共存を模索しはじめた。  もともと高い能力を持つゆえ、横のつながりの希薄であった彼らは、互いに力を合わせ私立九十九学園を立ち上げる。人里離れた山中にある全寮制の、人外の者の通う学園だった。  里見梓。妖しのものを狩る一族里見家の直系男子。彼は調伏刀・斬鬼丸を手に妖しのものを調伏することが己の使命だと信じ、14年間生きてきた。だが、家長である祖父より、これからは一部の妖しの者と手を組んで行くこと、そのために九十九学園に特待生として入学することを命じられる。  反発する梓だが、知り合った、妖しの者の中でも高位の種族である天羽翔と共に生活するうちに、次第に人非ざる者へのかたくなな気持ちが変化していく。  そんななか、学園からほど近い山中の部落で、一人の老人が魔物に食われるという事件が起きる。里見家の者達と、学園の生徒たちによる共同での討伐作戦が始まるのだが……。 表紙イラスト・晶之助 http://www.pixiv.net/member.php?id=8300828
24hポイント 0pt
小説 19,519 位 / 19,519件 ホラー 712 位 / 712件
登録日 2016.03.29
2017年5月、改稿。 「精霊の森で殺生を行わない、その代わり精霊は神子を通してサキヨミを人々に与える」  それが、精霊とヒトとが交わした約束である。  精霊と心を通わせることのできる少女アサユキは、神子となり、神子の里で幸せな時を過ごしていた。  しかし、集落を二度の飢饉が襲う。  体力のない子どもや老人が餓死していく中、人々はついに精霊との約束を破ってしまうのだった。    挿絵/チューチラ(http://ameblo.jp/fukumanga/)
24hポイント 0pt
小説 19,519 位 / 19,519件 ファンタジー 7,568 位 / 7,568件
登録日 2016.05.16
常識をくつがえすほどの、尖った雅感覚を身に着けた我らがぼっちゃん。しかもその切れ長の目にみつめられれば落ちない女はいない! というほどのイケメンなのです。 私ども舎人の拙い文章ではありますが、平安の時代の日々の出来事を、現代の読者である皆様にお伝えすることができればいいなと思っております。 ◆現代の作者より。 「伊勢物語」がお話の下敷きになっています。 そこから作者が妄想創作した部分も多いので、このお話=伊勢物語ではありません。 基本コメディ時々シリアスです。 保険のためにR15に設定しておりますが、それほど激しい描写はないと思います。
24hポイント 0pt
小説 19,519 位 / 19,519件 歴史・時代 439 位 / 439件
登録日 2018.04.13
ご当地アイドルグループ「ジョイフルフルーツ」のメンバー、フルフルピーチのももちゃん。 感情表現の下手な、無表情男子健。 明るく元気。おせっかい焼きの由美子。 バレンタイン当日。交錯する三人の、ちょっと切なくて、涙の味のする思い。
24hポイント 0pt
小説 19,519 位 / 19,519件 恋愛 5,069 位 / 5,069件
登録日 2018.12.23
浪人山瀬有吾は、化け物退治屋を営んでいた。 ある日「とよ」という名の少女が依頼者として有吾の元を訪れる。 旅人を装い化け物が住むという一軒家に一夜の宿を求める有吾。 粗末なあばら家に住んでいたのはみやぎと名のる美しい女であり、有吾を客人としてもてなすのだったが。 表紙イラスト/9℃
24hポイント 0pt
小説 19,519 位 / 19,519件 歴史・時代 439 位 / 439件
登録日 2019.04.01
7