夜光虫

夜光虫

よろしくお願いします 感想コメントお気軽に
3
 青年、黄昏夜魅人(たそがれよみと)は暴走トラックに撥ねられて異世界へと転生する。  吸血鬼のダンジョンマスターとなったヨミトは、前世で叶えられなかったホスピタリティ業界に就職するという夢を叶えるべく、ダンジョンを宿屋に改造する。  眷属でありサポートキャラである美少女吸血鬼エリザベートと一緒に、モンスターや人間たちを精一杯おもてなししようと考えるのだが、やって来るのはクズ客ばかり。 「お前らはお客様じゃない! ただの害虫だ! 殺す!」  ヨミトは、顔で笑って心で泣きながらお客様を処断し続ける。  やがてクズ客しか来ないのは立地のせいだと気づいたヨミトは、別の場所に二号店をオープンする計画を立てる。  人間に擬態して人間の村へと潜入することになるのだが……。
24hポイント 21pt
小説 21,960 位 / 120,208件 ファンタジー 4,236 位 / 31,376件
文字数 459,010 最終更新日 2021.08.26 登録日 2021.04.23
「秋野、俺、お前のことが好きなんだ」 秋野カエデはクラス一番のイケメンであるケイスケから告白される。 カエデはケイスケのことを密かに思っていたので狂喜乱舞するのだが……。 「あ、ごめん。今のやっぱなし」 「え?」 「罰ゲームなんだわ」 だがそれは嘘告白だった。 絶望したカエデは死を決意する。 「死ぬなよ娘。お主の死に場所はここではない。もっと未来にあるはずだ」 死のうとしたカエデであったが、ひょんなことから出会った幕末男子(幽霊)の生き様に感服して考えを改める。 これはそんな現代を生きる一人の少女とイケメン幕末男子のお話しである。
24hポイント 14pt
小説 25,627 位 / 120,208件 恋愛 10,497 位 / 35,277件
文字数 23,113 最終更新日 2021.08.09 登録日 2021.07.31
恋愛 完結 短編 R15
「シルヴィア、お前との婚約は破棄させてもらう」 「――――え?」  聖女として国に尽くしてきたシルヴィアは、結婚式当日、王子様から残酷な言葉を告げられる。  婚約破棄されたばかりか、さらに残酷な現実を突きつけられる。 「この女は淫魔が化けた偽物だったのだ! 本日の結婚式は中止! これより偽者の聖女の処刑を執り行う!」  濡れ衣を着せられ、人生の晴れ舞台を迎えるどころか、人生の終わりを迎えさせられそうになるシルヴィア。両親を人質にとられたシルヴィアは全てに絶望して、自らの悲しい運命を受け入れようとしていた。  そこで救いの手が差し伸べられる。 「そうかシルヴィアは無様にも婚約破棄されたのか。ならば俺様が嫁に貰っても構わないな?」  シルヴィアは怨敵だった魔王に救われ、第二の人生を歩むことになるのであった。
24hポイント 85pt
小説 10,871 位 / 120,208件 恋愛 4,818 位 / 35,277件
文字数 41,169 最終更新日 2021.07.28 登録日 2021.07.16
3